calendar

          03« 2008/04 »05          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お留守番 

朝、7時半、お散歩もご飯も終了のぶんた。
鯛超は朝ごはん中。
今日は、病院へ行ってそれから、会社へも行くので大変、大変。
そして、ぶんた、ぶんたはお留守番だからね。

IMGP1434_convert_20080430185617.jpg
おるすばん?それ、食べ物?

……。ぶんたは今の所まだ、「お留守番」と言う言葉に反応しない。
それより、鯛超の朝ごはんが気になって仕方ない模様で。

IMGP1469_convert_20080430185711.jpg
今日もヨーグルトの臭いがするじょ。

「ヨーグルト」とか「ジャーキー」とか「おやつ」とか「ご飯」とか
「豚耳」とか食べ物の名前にはめちゃめちゃ反応するのだけれど。

IMGP1472_convert_20080430185800.jpg
おっ、ぶたみみもくれるの?

ぶんたは最近まであまりお留守番する事がなかった。
出会いが出会いだったので、一人になったら、どうなっちゃうんだろうと。
最初の頃は私が少し離れるだけで、きゅんきゅん行って後を追い、
大変だったのは車の乗り降り。最初は車になかなか乗らないし、
車中にちょっとだけでも置いて行かれるのもとても嫌がり。(それは今も)

しかし、一緒に生活して、行動パターンが読めてきたのか
最近のぶんたは、お留守番もできるようになって来た。
ね、ぶんた。

IMGP1475_convert_20080430185852.jpg
えっ?ああ、あ、はいはい。

豚耳あげるから、食べながら待っててね。

IMGP1480_convert_20080430185943.jpg
って言うか、すぐなくなっちゃうも~ん…

ぶんた、豚耳、数分で完食だからねぇ。
後は寝て待て、だね。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。
スポンサーサイト

 重力 

今朝も、夢を見た。
地球上の重力が徐々になくなって行き、まず、ビルとか橋などが
宇宙へと放り出され、大きな木にしがみつきその様を見ている私。
周囲の木々もどんどん地面からはがれ、やがて私が頼りにしてた
その大木の根元も、メリメリ…と音を立て始める。

と、言う何とも気分的にすぐれない、アルマゲドンっちくな夢だった。
必死に幹にしがみつく私。この木と運命を共にしようと決め。
が、しかし、なぜか肩のあたりだけ、強烈な重力を感じ目が覚めると

……ぶんたの手がのっかていた。
ベットの脇でオスワリして、「早く起きろや」と言ういつものパターン。
あの、大きな肉球が、顔面直撃しなかっただけ良かった、良かった。
もし直撃してたら、その夢は、宇宙に放り出され、火星に顔から突っ込む…
みたいな終わり方だったかもしれない。

IMGP1429_convert_20080429111256.jpg
はぁ~落ち着いた。

ぶんたは、朝のお散歩とそしてお楽しみのご飯をすませると
私たちを起こす時のテンションとは一転して、まったりモードになる。
一応、朝のやる事済んだからなのか、一気に食べ過ぎたので消化してるのか。

もう、休み方なんてどうでもいいって感じで……。
ぶんた、そんな恰好でお休みしたら、
また、首が苦しくなっちゃうよ。

IMGP1422_convert_20080429111351.jpg
そんなの、わかってらい。

ごろんと、体の向きは変えたものの、頭だけは落ちそうなわけで。
既に、耳をはじめ、ぶんたの顔全体が下に垂れ下がってる~。

IMGP1371_convert_20080429111437.jpg
ん゛?だんが、
  ばながづまっでぎだ、がんじだじょ。


あたりまえだのクラッカーだよ!逆立ちしてる様なもんなんだよ。

IMGP1369_convert_20080429111519.jpg
じゅ、じゅ、じゅ、重力が
     おいらの事いじべでる…。


すごっ!ぶんたの鼻の下って言うか鼻の横?ほっぺ?
そんなに伸びるんだ……。リスちゃんなみだね。

IMGP1365_convert_20080429111609.jpg
あ~頭に血、のぼったじょ。
……自業自得ですよ。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 習い事? 

たかが転んだだけなのに、本当に周りの人に迷惑をかけてしまった。
ぶんたにも、申し訳なく真っ先に心配だったのはお散歩。
で、夕方のお散歩は、以前トレーニングしてくれたセンセーにお願いした。

センセーは盲導犬の指導をかつてしていて。
教えてもらった中で一番心に残ったのは、しつけは一回叱ったら
あとの九回はほめてあげる事だと…。

おっ!ぶんた。センセー来たかな?

IMGP1328_convert_20080428190541.jpg
へっ?来たの?

ぶんたは、センセーに会うとまず熱烈な大歓迎。

IMGP1345_convert_20080428192840.jpg
こんちは、こんちは。

ぶんた、嬉しいんだね…。

ここ数日、トレーニングを兼ねたお散歩の結果、
「すごくいい子だよ~。何で散歩してて転んだの?」とセンセー。
「……。雨降ってて、傘さしてて……」と、その時の事を話せば話すほど
言い訳してるみたいな気分になって来て…。

「じゃ、お願いします!ぶんた、頑張ってね」と。
あれ?何で「頑張ってね」なんだろう…。
ふと、そう思った瞬間、行こうとするセンセーに立ち止まるぶんた。

IMGP1348_convert_20080428190724.jpg
頑張れないがも…うぐっ!

「ぶんた、ゴーゴー、ほらお散歩だよ。センセーとお散歩!」
センセーも、「ほら、よし、おいで」と。
……。
センセーの眼光を直視して、
わかりました。って感じで。

IMGP1349_convert_20080428190818.jpg
トレーニング&お散歩スタート!

……。
以前ご近所の小学一年になったばかりの男の子がとぼとぼと。
「お帰り~どうしたの?学校、大変だった?」と声かけると
「うん?塾……はぁ~疲れたな~」と思わず。
私も、「そっか、お疲れ様でした。でも今度も頑張ってね!」と思わず。

その子とぶんたがかぶってしまったわけで……。

ベランダから、センセーとぶんたの様子を見てみると。
ぶんたは、センセーの顔色を気にしながら、きちんとお散歩してる。
凄い!やっぱああでないとな~。と、感心し。

1時間で帰って来たぶんたは、リードを離すとぴゅーっと家の中へ。
ちょちょい!センセーのお見送りしなさいってば!

センセーとお散歩の様子や次回の予定を確認し、家に。
ぶんたが、休んでる。

ぶんた、どうだった?
超いい子だったってよ。センセーが。


IMGP1123_convert_20080428190915.jpg
おいら、疲れたじょ。

……やはり習い事は疲れますか……。


今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 ソラマメ 

今日は本当にいいお天気。家の中にいるのはもったいない。
そう言う訳で、鯛超の提案で、ベランダでバーベキューをする事に。

ぶんたが来たのは11月だったので、ぶんたにとっては
バーベキューは初めて、かもしれない。
お肉や野菜の、いやいや、やっぱりお肉の、焼けるかおりは
ぶんたにとっても、たまらないだろうね。

炭がなかなか着火せず、炭おこしの鍋でせっせとコンロであぶる鯛超。
待っている間、既にやや熱くなって来た炭でまずソラマメを焼く。

IMGP1288_convert_20080428171619.jpg
豆好きな私にとって、ソラマメは豆の中でも特別品。

ぽってりした肉厚のさやの内側は柔らかな白いふかふかのベットの様。
その中にサリーちゃんのトン吉チン平ぶんた…いや、カン太の顔に
そっくりな形をしたお豆が並んでいる。四つだったら思わずラッキー!!

大切に育てられた極上の食べ物って感じがするね。
あ~あ~早く食べたいね~。ぶんた。

IMGP1289_convert_20080428171736.jpg
えっ?おいらにもくれるの?
いい子で待ってればね。

IMGP1290_convert_20080428171824.jpg
へへへ、これはかなりでかいぞ。
      食べがいありそーだじょ。


確かに。今のところの見た目はね。

ソラマメって、食べられる量より捨てる量の方が断然多い野菜かと。
そう言うのもぜいたく品って感じがする。100円引きのにしたのだけど…。

IMGP1293_convert_20080428171928.jpg
もう、いいんじゃないのぉ~ん?

ぶんた、結構おりこうさんにしているんだね。
興奮してクレクレタコラみたいにしないしね。
さやの周りがしわしわになってきたし、プシューって湯気吹いて来た。
よし!食べごろだ。

お皿に取って、あっーちっちっあっちっ!と鼻歌しながらぱふっと開けると。
出てきました、湯上りの様なトン吉チン平カン太が!
ふ~ホクホクして美味しい!

じゃぶんたにもあげるね。はいっ!

IMGP1297_convert_20080428172022.jpg
 ……えっ?こ、これだけ?
中身は譲れないよ。ぶんた。


今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 警備員ぶんた 

以前仁義なき戦いの日記で書いたけど、
ぶんたは相変わらず、吠える。
ぶんたと生活し始めて5か月が経ち、
「犬が吠えるのあたりまえだよな…」なんて本能を認めちゃったり、
「ぶんた無駄吠えはしないしな…」なんてほめてみたり、
「ご近所さんには吠えないんだよね。不思議と」…さらにほめちゃったり。
「あの鳴き声の響きは、泥棒よけにはなるよな…」と開き直ったり。

それは、
ヤーさんみたいな叱り方と、吠えるのをやめたらムツごろうさんの様に
褒める事を繰り返してきたせいか、吠え方も以前より随分と
遠慮がちになって来たと思われ。
だからぶんたが吠える事に寛容になってきた気がする。
……良いのか悪いのか…?

IMGP1198_convert_20080426125646.jpg
警備モード!厳戒態勢に突入!

ぶんたの「オオ~ン!」を私なりに訳してみたりして。
例えば、
宅急便のトラックやゴミの収集車がバックする時の音がすると
「侵入車両確認!オオ~ン、オン、オン、オン」
ピンポーンのチャイムが鳴れば。
「訪問者確認!オオ~ン、オン、オン、オン」
鯛超が帰って来る数秒前には。
「鯛超の気配、察知。間もなく帰宅!オン!オン!オン」と言う具合。

鯛超の場合には「オオ~ン!」がないと言う事は、さらにその
「オオ~ン!」を訳してみると
「誰だ~」もしくは「誰か来たぞ~」って感じなのかな?

IMGP1200_convert_20080426125737.jpg
むむ、気配を感じる……

IMGP1199_convert_20080426125908.jpg
オオ~ン!オンッ!オンッ!オンッ!

え?ぶんた誰か来たの?ぼんやりしててわからなかった。
ベランダから見下ろすと、スーツ姿の男の人が立っていて、声をかける。
「警備会社○○○のものですが、警備に関心はないですか?」

ぶんた、吠え続けている…。
ぶんた、営業の人だよ。お仕事、お仕事、してる人。

その営業の人は、松葉づえの私を見て
「どうされたんですか?大丈夫ですか?」と言いながらも、
ぶんたの事見て、「ははぁ~ん」って顔されてしまった。
ほっぺに、「この犬のせいだな……」って書いてあった。(想像)

オオ~ン!オンッ!オンッ!オンッ!
     オンッ!オンッ!オンッ!オンッ!


長っ!オンッ!が長すぎ。
営業の人が何話してるのか聞こえない。
「コラ、ダメ」とぶんたに言いながらも、営業のお話を聞きに下へ
降りる元気もなく。立っているのもつらいので、
「すいません、家には見ての通り警備員がいるので……」と言ったら。
「そ、そうですね。じゃパンフレットだけポストに入れさせてください」
と、言ってそそくさとお隣さんへ向かった。

ふ~上手くお断りできました。
ありがと、ぶんた。

IMGP1197_convert_20080426125949.jpg
誰?誰?今の誰?

だから、営業の人だよ。お仕事してる人。
ったく、君の鳴き声で、何言ってもかき消されちゃうんだもの。

ねえ、ぶんた、吠えるのはほどほどにしようね。
誰だって吠えられていい気分にはなれないよ。だから
オオ~ン!オンッ!オンッ!オンッ!は、一回だけで十分だから。
それができたら、正式な警備員に任命しますから。
できるよね、ぶんた。

IMGP1203_convert_20080426130040.jpg
……どうだか、わかんね。

……だめだ、こりゃ。



今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 空を見上げて… 

今日は、お昼頃から太陽が顔を出すとの予報なので
朝早くから頑張ってお洗濯をした。

松葉づえ状態だと大変だけれど、左足以外は元気だし。
ここしばらくインドア生活だったので、外の空気を吸いたくてたまらなく…。
そして……
日がやや沈みはじめ、洗濯物が乾いたようなので再びベランダへ。

あ~あ~、ぶんたが手伝ってくれたらな~

IMGP1190_convert_20080426125241.jpg
う~ん、気持ちよかっ!

……仕方ない、ゲゲゲの鬼太郎のから傘おばけになったテンションで
洗濯物を片づける。あら、ぶんた用のバスタオルがややなま乾きだね。
西日がそそぐ縁台に広げておけば日没まではなんとか乾くかな?

おや?静かだなと思ってふと、振り返ると、ぶんたが。

IMGP1239_convert_20080426125335.jpg
縁台の上でおすわりしている。

置物みたいだ。もしかして、忠犬ハチ公のものまね?
な、わけないよね。

そして、空を見上げてる……。
ぶんたは、空を見上げる事がよくある。なぜなんだろう。
小さな虫でも気にして、ぱくっとしようとするくらい動くものに敏感だから
飛ぶ鳥を追っているのかな。

IMGP1243_convert_20080426125420.jpg
 ……なんだかもの憂げだし。


空の先の、そのまた遠くを見ているような…。
宇宙人と交信しているのかな?UFOを呼んでいるのかな?

一緒に、私も見上げると、薄い雲の切れ間の辺が夕日に染まっている。
うすオレンジと言うか、うすピンクと言うか。
カタカナで表現するにはおこがましい幻想的な雲の色。
色の名前をもっと知っていたらな……。
そう言えば……
飛行機に乗った時、窓にはりついて下に見える雲の波を見ていたら
天国とかってもしあったらこんな景色なのかな…と思った。

そんな事をふと思い出した。
あっ!……そっか!

IMGP1241_convert_20080426125506.jpg
 ちゃめ様と交信中なのだ……。

やっぱりね!ぶんたは天国のちゃめとお話していたんだね。
「おいらもうまくやってるじょ」とか「留守番のコツ教えてくれじょ」とか。
「飯は結構バラエティーに富んでるじょ」とか
それからちょこっと、私達のぐちとか言ったりして。
ちゃめが「そうそう!」、なんて共感してたり?
そうだったんだね!ぶんた。

IMGP1244_convert_20080426125554.jpg
な、わけないと思うのだけど……?

……夢をこわしなさんな!

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 ナイスなお仕事 

2008-4-25

その病院は、整形外科が有名で、最初に来院した日は特に混雑していて
午前10時に受付けして結局、入院の手続きが終了したのは午後5時。

しかしながら、看護師さんとヘルパーさんは本当に凄い。
ひっきりなしに廊下や病室を往来し、重い体を動かしたり、トイレの
世話をしたり、ずっと動いている。

ずっと寝ていてその様を見てると、なんだか
彼女たちこそが一番、生きている、と言う事を実感している人
なんじゃないかな、と思ったりした。
IMGP1173_convert_20080425152205.jpg
これ、帽子?ナイスの帽子?
ぶんたが、コロコロお掃除の邪魔するからだよ!

……
そんな看護師さんの中に、アウトローっぽい、ムーミン谷のスナフキンが
看護師になったような、そんな看護師さんがいた。
ギターを弾いてたわけではなく、口数少なく仕事はできる、と言う感じ。

看護師さんは患者さんに、処置以外のお話も結構するものだと思われ。
例えば、「○○さんは、戦時中に5人も子供育てたのよね~」と、
98歳のおばあちゃんの昔話しを聞いたり。
「○○さん、前に入院した時、私いたけど覚えてる?」とか。
「はいはい、○○さんの言う事は良くわかりましたよ。奥が深いよ」等々。
大方の人がそうして笑顔で声かけるけど、その看護師さんは、

IMGP1167_convert_20080425152248.jpg
あまり、笑わない……
  いや、この状況は笑えないじょっ

……ぶんた、私専属の看護師さんになってね。


だから、笑わせようと、面白い事言ったりしてみた。
例えば
ボールペンを借りていて、その看護師さんが
「ボールペン、持ってるでしょ?返して?」と聞いてきた。
忙しいのにちゃんと覚えてる。
「あっ!」と言って探すものの見当たらない。
○○製薬と文字の入った二色ペンだったっけ。どこにしまったっけ。
探しながら、
「高価そうだったから、ついついもらっちゃったかも…」と冗談言ったら。
……白い歯がちょこっと見えただけだった。

それから、その人を「ペンちゃん」、とこっそり呼んでた。
IMGP1171_convert_20080425152413.jpg
 おいら、ナイスに変身?

機嫌が悪いのかな?怒っているのかな?
ペンちゃんはあの、お願いばあちゃんには特に愛想が悪く。
おばあちゃんが、「ごめんなさいね。ありがとね」と
言っても、する事終わるとそれに応えもしないで去って行くわけで。
……たぶん、
ペンちゃんはお願いばあちゃん的なタイプは苦手なんだなと思われ。

しかしながら、仕事は完璧。
針さすのも上手だし、術後の人のケアも細やか。そう言う人には
とても良く声をかけていて…。
きっと仕事人なんだな~。笑顔の代わりに技術をふりまくって感じかな?

でも、退院の日、ペンちゃんのニカッとした満面の笑顔を見た。

IMGP1183_convert_20080425235345.jpg
 ニコニコ、二カッ!!


……
その日の朝の最後の点滴。時計を見ながらペンちゃんがセッティング。
時間が経ち、もう少しで点滴が終わる頃。
ルート確保の管を早く抜きたくて抜きたくて、減りゆく液体をじっと見ていた。
砂時計よりずうっとゆっくり落ちてゆく。
……そして、液体の最後が点滴の袋から出て、細い管へと
やがてぽたぽた落ちてるカプセル型のゾーンにさしかかった時。
ヤッタァ~!終わった!
調節の部分をしめようと、起き上がろうとしたその瞬間…。
カーテンをシャーっと引いて「失礼します」とペンちゃんが来た。
思わず私が、「ドン、ピシャリ!さすが!」と言ったら、すごく笑った。

それから、ポケットのあたりに真っ黒の大きなしみがあって。
かなり目立ったので思わず。
「どうしたの?」と聞いたら、これまたニカッと笑って
「みんなに聞かれちゃうよ。マジックのフタはずしたまま入れてた」と。
で、私が
「これからは○○製薬のボールペン、使いましょうね」と言ったら、
今度は、ちょこっとだけ白い歯を見せて去って行った。

IMGP1184_convert_20080425152533.jpg
おいら、もうイヤ!早く取って!

……先生をはじめ、ペンちゃん、その他の看護師さんやヘルパーさん
   そして、同室の方々、本当にありがとうございました。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 お願いばあちゃん 

2008-4-25

四泊五日の久しぶりの旅行……ではなく入院のお部屋は
六人の相部屋のシングルベット。三食昼寝付きで。
就寝は午後9時で起床は午前6時。携帯はNO。などの条件付き。
同室の方はおばあちゃん、もしくは私より年上の方が多く。
「若いからいいわね~」などと言われて、なんだか嬉しかったりした……。

整形外科で入院された方のお部屋だったからか、おしゃべりの花も
あちらこちらで咲きまくっていた。
祖母と長く住んでいたので、おばあちゃんのお話を聞くのは昔から大好き。
お話に聞き耳を立てると皆さんそれはそれはしっかりしていて。

そして、笑顔でおしゃべりしてる誰もが、ケガや病気、
それから、自分自身と闘っているのだな、と思ったりもして…。
あれ?自分自身と闘っているのは私だけかな?
IMGP1131_convert_20080425150142.jpg
しっかりしなさい。
……ぶんたに言われたくないよ。

その中にやたらと看護師さんにお願いする「お願いばあちゃん」がいた。
寝たきり状態だったからだろう、
体の位置ずらしてとか、薬の袋あけてとか、入れ歯入れてとか。
看護師さんが何度も何度もそのおばあちゃんに呼ばれて。

最初は体が動かない状況なのかな?と思ってたけど、
ご飯前になると自力で起き上がって「もうすぐ昼食ね…」と確認し、
ご飯が来ると「あれ、美味しそう」と言って、一人でぱくぱく元気に完食。
おやおや、甘えんぼさんなのかな?

IMGP1133_convert_20080425150252.jpg
おいらもあめんぼ…
……あ・ま・え・ん・ぼ でしょ?

……話を戻して…
しかしながらそのおばあちゃん何かしてもらうたびに、
「すいませんね~」「何もできなくて…」「感謝します」等々必ず言う。
それは……
IMGP1135_convert_20080425150332.jpg
憎み切れない、ろくでなし?
……って、失礼でしょ。年長の方に向って。

それは、それらの言葉は、心から出て来ているんだなと思われ。
その言葉によってついつい看護師さんも、いくら仕事とは言え
嫌な顔一つせず、「どうしました~」とやって来るわけで。そして、
おばあちゃんは裏表のないオープンで愛嬌のある人だと思った。

「引出しの飴を皆さんに配ってくださいな」と、看護師さんに。
「飴、ごちそうさまでした」と言う私に
「あら、いやだ。そんなんで(お礼なんて)恥ずかしい」と笑い。

「前のベットの方のお名前は何て言うのかしらね」と、看護師さんに。
「優しくして下さったのにお名前聞き忘れてて」と、前の方に。

そして、隣のベットの人との長い長いおしゃべりの後、
「本当に私なんかと話を合わせてくださって
            いつもありがとうございますよ」と、しめくくる。
IMGP1136_convert_20080425150421.jpg
いつもご飯をありがとうございますよ。

あれ?……なんだかそのおばあちゃんとぶんたがかぶった。

ぶんたの要望に毎日応え、時にはウザいよ~と思いながらも
早起きの散歩やシャンプーも苦じゃない。
それはきっとぶんたから私たちもたくさんの幸せになれる瞬間を
もらっているからだと思うわけで。
その愛嬌な行動やしぐさ、あめんぼ、いやあまえんぼでくっついてくる時、
ダメって言えばわかってすっと辞める所。きりがないけど。

「ありがとう」、と言われれば嬉しい。
お願いばあちゃんもお願いの替わりにたくさんの感謝の気持ちを
心から、伝えようとしているから、看護師さんもやって来るのかな、と。
IMGP1138_convert_20080425150506.jpg
 ……シアワセの瞬間あげるから
もっと遊んでくれ。もっと飯くれ!もっともっと!


……ぶんた?……調子にのらないでね。


今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 そしてオペ…… 

2008-4-25

手術の日が来た。午後3時からの開始。
じん帯だけなら、内視鏡で15分、半月板の損傷なら10センチほど
切って……1時間くらいかかるとの事。
自分の左膝の内側がぱっくり開かれたその様を想像しなきゃいいのに
ついつい思い浮かべてしまったり。

IMGP0871_convert_20080425151821.jpg
おいら眠い……。
ちょいちょい、聞いてよ、ぶんた……。

ああ、手術の時、麻酔が効かなかったらどうしよう。
途中で痛くなって目覚めたら、本当に自分の足のぱっくりが見えたり?
……なんだか泣けてきそうだった。
しかしながら、ストレッチャーで運ばれるその時は、
…ドラマみたいだなぁ、なんて思ったり。余裕なのか現実逃避なのか?

手術室の扉が空き、手術台とそれを囲む先生方。
結構アップテンポな音楽がかかっていてノリノリな感じ。
これから手術…?って雰囲気ではなく。かえって緊張したりして。
そして、そのまま手術台によっこいしょっと移された。
PIC_0579_convert_20080425151855.jpg
ふ~ん…
……あのね、ぶんた、聞いててくれてる?

必然的に見上げると天井には、大きなライトが。これもドラマみたい。
まだ、点灯されていないのでそれはそれは良く見えて。
エイリアンの目がたくさん集まった様な、はたまた恐竜の卵の巣の様で。
おや?主治医の先生いないけど、大丈夫なのかな……。
すると、
女性の先生か看護師さんかわからないけど、その方がマスクに
入りそうに目を下げ笑顔で、「どうして、怪我しちゃったのですか?」と。
「犬の散歩中に転んでしまって…」
「わんちゃん飼ってるんですか?私も飼ってますよ。何の種類?」
「それが、わからなくて……」
と、別の先生が。
「では、点滴に麻酔入りますからね」……数秒で、みるみるうちに……

PIC_0583_convert_20080425151941.jpg
なんだか、まったぁ~り……
してきて、全身にかかる重力が倍増されたみたいに体が重くなり。

「この状態は麻酔のせいですか?」と聞くと
「そうですよ~。でも本当に眠くなるまでは目を開けていて下さいね」と
優しい女性の声がこだまし始める。
「わんちゃん、可愛いでしょ?」
「それが、去年の暮にお山で迷っていた所を保護して…それで…」
目を開けてなきゃいけないので、一生懸命ぶんたの話を続ける。
そんな中、次の注射の麻酔は、「針」を刺されたのに痛くもなかった。
「ぶんたって言って黒くて大きくて、30キロ近くあるんです」

PIC_0570_convert_20080425152022.jpg
え~!
  どぅわいへんどぅえすねぇねぇねぇ……

たぶん、「大変ですね」と言った女性の声が頭の中に響き。

ZZZZ…………どのくらい経ったのかわからないけど。

なぜか、主治医のかばさんの様に優しい先生とビールを飲んで
ほろ酔いごこちなシーンで目がぱちりと覚めた。

すると右横に、その先生がいて、「半月板は大丈夫でしたよ~」と。
「軽くて済んで良かったですね~」と笑顔で話しかけてくれて。

思わず嬉しくて、「ありがとうございます!」と言いながら
先生の腕をぽんぽんと叩こうとしたのに、麻酔のせいか、ぱんぱんな
感じの先生のお腹(先生ごめんなさい)をぽんぽんしてしまった。

PIC_0575_convert_20080425152113.jpg
無事で何より……
ぶんた~、ありがとさんっ!

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 点滴との仁義なき戦い 

2008-4-25

手術の前日に、点滴の針をさされた。

「手術を受けられる○○様へ」のしおりには「手術当日の点滴開始の
ために、点滴の管を入れさせて(ルート確保)いただきます」と。
そして、看護師さんがやってきた……。
IMGP1069_convert_20080425150707.jpg
どっくん、ドッキン!!

昔から、針は大の苦手で。なぜかと言えば、その昔初めて入院した時、
血管が細いらしく、うまく行かず何度も針をさされたあげく、点滴開始。
しばらくしたら、その箇所がみるみる赤紫色になって……。
だから、採血でも栄養注射でも、前向きな作業であるはずだと
思っても、腕に力が入っちゃって、看護師さんも緊張したりして。

だから、針は…
IMGP1080_convert_20080425150756.jpg
恐ろしや~恐ろしや~
ましてや、その針を、ずっと刺したままいるなんて……。

看護師さんに、「ルート確保しにくい血管みたいです」と一応言ったら
案の定、顔つきが一瞬くもりがちになられた……。
結局、確保しやすいと思われる左腕の手首から
3センチ程肘よりの箇所にあたりをつけて…。
私は顔を右側にそむけ目をつむり…。

IMGP1079_convert_20080425150837.jpg
ズブッ!!と……。
と、言う擬音は大げさかもしれないけれど、どう思い出しても
「ズブッ」って感じで。
看護師さんが、ひと息つき「大丈夫ですよ」と、まるで自分にも言い
聞かせる様にして、去って行った。

けれど、この場所じゃ、松葉づえ、握れないよ~。大丈夫かな……。
違う場所に……いや、でも、またスブッ!は嫌だし……。
がまん、がまん。とりあえず、今は痛くないし。
なるべく左手使わなければいいのだし。二、三日だし。

IMGP1100_convert_20080425151016.jpg
大丈夫、大丈夫。ガマン、ガマン。
……それでもしばらくしたら、ルート確保したチューブがみるみる赤くなり
血が、逆流してきた。……なんだか泣けてきそうだった。
そしてベットからよっこいしょっと起き上がり
やっとの思いで廊下をのぞいても看護師さんの姿はなく。

そしたら、リハビリで廊下を歩いてるおばあちゃんが「どうしたの?」と。
「血が逆流してきたみたいなんで……看護師さんを……」
「あら、大丈夫よ。私だってホラ!」
…お婆ちゃんのルート確保の管も赤くなっていた。ネンキも入ってる。
「これもう5日はめたままよ。明日別の所にする予定」…なんて
仕事のスケジュールを確認する様に話す。
そして、おばあちゃんは平気のへっちゃらな笑顔で、
私の左手そっと握った後、リハビリを再開して行ってしまった。

おばあちゃんのおまじないの様なその言葉のおかげか
その後、結局四日間刺したままだったのに不思議と痛みはなく…。

昔、多摩川のたまちゃんに釣り針が刺さってしまった事があった。
映像のたまちゃんは、普通にしてたけどその姿は痛々しく…。
でも、こうして自分も針を刺したまま生活したわけで。
人間も針を刺したままでも、大丈夫なんだな、などと思ったりして。

しかしながら、はれて管を抜く時、どんな針なのか見てみたら、
2センチ程の細いプラスチック製らしき針が血管からニュ~っと出てきた。
それを見た瞬間、再び痛みがよみがえり……。

「痛み」の感覚って何なんだろうね……。
IMGP1096_convert_20080425151122.jpg
おいらは痛いのなんて平気だじょ!
……自分で自分の足ふんでキャイン!なんて言うのに?

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 自分との仁義な闘い、の開戦 

2008-4-25

ちょうど一週間前の19日、近くの病院へ入院する事に。
ぶんたが、ではなく私が…。
前日の金曜夜、雨の中、散歩していたらすっころんで
その日は大丈夫だったのだけど翌日左膝が尋常ではなく。

MRIやレントゲンを、痛みにのたうちまわりながらの検査の結果、
じん帯が切れていて、もしかしたら半月板も損傷か?と。
「ベットが空いたから月曜日手術ね」と、かばさんみたいに
優しそうな先生が笑顔で話す。
けど、私は
ちびまる子ちゃんのぞぞぞっ~状態の様に前髪の毛根から
青い線がいくスジも顔に垂れ下がる、そんな気分で。

四泊五日の入院が決まった。
IMGP1067_convert_20080425145649.jpg
!!行かないでぇ~
鯛超とぶんたのお見送りで病院前。
しばしの別れがわかったのか、車から降りる私に必死に前足を延ばし
(車内で繋がれてる状態)オン!オン!と吠え。
なんだか泣けてきそうだった。

写真を撮る私に鯛超が「そんなことしてる場合じゃないっしょ」とつっこみ。
松葉杖…ではなく手を振り振り、去りゆく車を見送った。
IMGP1115_convert_20080425145747.jpg
ピンチはチャンス!
良く言うけれどその時はどう考えても「この状況の何がチャンスやねん!」と
初めてその言葉を言い放った人につっこみを入れ続け…。

病院のエレベーターが開いた時の「チンッ」と言う音が
妙にうら寂しく聞こえ、「きっと、きっと何年か経ったらこの事を笑って
話せる様になるよね、きっと!」と自分に言い聞かせている
その状態がさらに痛々しく…。
またまたなんだか泣けてきそうだった。
IMGP1117_convert_20080425145843.jpg
おいらも泣けてきたかも?……。
……。
そもそもなぜじん帯を切るほどのズッコケ方だったのだろう?
雨で傘をさしてて暗くて、ぶんたの足にべたべたくっつく
桜の花の花弁でしきつめられたぬかるんだ公園のその場所で。

診察時、先生が「バレーボールとかやってるんですか?」と。
じん帯を切るのっておおかた、スポーツ選手とか常に激しく体を
使っている人に起きる事故らしく。先生と話すうちに、

そう言えば…
ちょうど一年前、お山に行った時、雨洩りする屋根に登って状態を
確認する工務店のおじさんに続き私も……。
はしごから屋根に行こうとしたけど、高いし急に怖くなって
「お任せします」って言って降りようとした瞬間、
はしごが倒れ、体が宙に浮いた…。

IMGP1118_convert_20080425145943.jpg
…………
「ああ、死んじゃうかも…」と瞬間思ったけれど、
幸いにも落ちた所が土のしかも落ち葉などでふかふかしてた所だった。
そう言う時って、なぜか笑ってしまって…。
生きてた事の喜びと、テレ隠しなんだろうか?笑ってる場合じゃないのにね。
でも結局、口の中を切ったのと、太ももや膝、おしりの打ち身だけ。

二、三日は歩けなかったけどめきめき回復し、
病院へも行かず、湿布療法と温泉療法で治ったわけで。

……と、思っていたけど先生に以上の話をかいつまんでお話したら、
今回はその時と同じ所だし、既にじん帯が結構切れかかっていた可能性が大だと。

そう、昔からケガが多く、指三度の骨折と、四度の階段落ちと、
本に夢中で電信柱に激突したこと一度(まんがを地で行ってしまった)。
ホームと電車の間に足がストンと落ちたのが一度(だけでもうたくさん)。
……思い出すときりがない。そう言えば、
子供の頃の写真に鼻の頭をすりむいたのがあって
記憶にはないけれど、とにかく小さい頃から転ぶ事も多かった。

気をつけないと。
こんな事になったのは私の不注意とおっちょこちょいと、そして何かが
原因なわけで、ぶんたが原因だと思われたらぶんたが可哀想だよね。

だから、これは自分との仁義なき闘い、なんだと
これからの毎日、心して歩き、心して生活せねば。
病室の固いベットで午後9時の消灯とともに誓った。
IMGP1120_convert_20080425150025.jpg
人生何が起きるかわからないじょ。
……ぶんた、その言葉にぐっときたよ。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。



 車中にて…。 

ぶんたが初めてこの車に乗った時は大変だった。
前方座席にずかずか来るので、ちょうどあったレーズンロールパンを
後ろの方へちぎっては投げ、ちぎっては投げ。

そして、共に暮らす事になって…例えば、ちょこっと用事があって、車から離れ
ちょこっとしてから戻ると、運転席にデンと座ってて、
クラクション鳴らしていたり。(たぶん偶然)

そう言う訳で、座席の境にネットをつけた。まるで護送車の様で…。
DYIスーパーで車のサイズにあったネットを探して、最初は紐で、
そののち、引っ掛けるフックが付いている黒いゴム状の紐で固定して。
試行錯誤を繰り返し、今は理想的にセッティングできてると思われ。

IMGP1044_convert_20080418164613.jpg
ぶんたは、こう見えてかなりの甘えん坊。
運転中に前に来て、大きいくせして膝に乗って抱っこされたい~
なんて、甘えモードになったら大変、大変。

IMGP1055_convert_20080418164654.jpg
赤信号…。停車してひと息つくと、後ろで「ヒィーンヒィーン」と。
振り向くとぶんたが、家政婦は見た!の様に私を凝視していて…。

IMGP1063_convert_20080418164528.jpg
こっちに来たいのでしょ。でもダメよ、ぶんた。
声をかける。
言葉は通じなくても話しかける事は大切だって。
ぶんたを連れていた時、行きすがりの人が言ってたっけ…。

「ここの赤信号長いよね~。それにしても雨足強いね。お仕事も
長引いてしまったね。この雨だしこれじゃ今週末、行きたかったお山にも
行けそうにもないね。ざんね~ん。ちくしょ~!…テンテケテンテンテン♪
梅太夫か?……あっ!古い?ぶんた?」

なんて言ってみて。
…あれ?…落ち着いたかな?

と、右耳に荒い呼吸音が……。

IMGP1049_convert_20080418164734.jpg
ぐぐっ…そっちへ行きたい…

……ってか、どう言う態勢で、そこから顔が出せるの?
運転席の背もたれの隙間から顔を出している。

IMGP1051_convert_20080418164811.jpg
そっちへ、ぞっちべ行ぎたい……。

さっと確認すると、右脚をドアの手すりのできるだけ前方へ乗せ
左脚と両後ろ脚は座席に、そして、首の筋肉を頼りに、運転席の背もたれに
顔を乗せている様な状態……。かなり無理のある態勢……。

……苦しいでしょ。ぶんた。

IMGP1052_convert_20080418164908.jpg
ぞっぢべ行ぎだいんだじょ。ぐぼっ!
……右肩に温かい鼻息がかかる……。

ちょっと、ぶんた、ダメ!首、しまっちゃうよ!

IMGP1050_convert_20080418164942.jpg
ぐぐぐぐっぐる゛じい……が、も゛……。

……さらにネットが必要かも……。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 ぶんた脱走。 

ぶんたが脱走をした。

朝、いつもの様に会社があるビルの地下駐車場に到着し、
後部座席のドアを開け、ぶんたと私が降り。
お仕事の資料などの荷物を持つ時など、いつもちょっとリードを離す事があって。
それでも、ぶんたはのびなどしてぼんやりしている。

なのに、その時突然、私からみるみる離れて行く。

「あっこの距離感は危険かも…。早くリードを…」
…その気持ちを察したのか、ぶんたは急に表情をかえた。
で。
こう言う時は飼い主の所へ行く事が嬉しい様に笑顔で言わねば。
「ぶんた~おいで~」
満面の笑顔で呼んだつもりなのに……。

「おんっ!!」と吠え
地上へと続く坂を駆け登って行ってしまった!!

IMGP1025_convert_20080418164102.jpg
あ゛~どうしよう。
近くには有名なラーメン屋さんもある結構人通り、車通りの激しい所。
しかし、追われると逃げる、と言う法則があると思って。
子供だって、鬼ごっこなどしていて追いかけられると笑顔で逃げているし…。

……いやっそんな状況じゃない!!
何かあったら一大事。早く行かないと…。

IMGP0987_convert_20080418164151.jpg
地上からはたぶん、おばさんらしき人が
「○×▽~*~ほにゃらら~」と言う声が聞こえ。
咄嗟にジャーキーを取り出し、口笛吹きながら
「ぶんた~!」と叫び地上へ続く坂道を登りつつのその時。

IMGP0983_convert_20080418164257.jpg
へへ、ちょっと冒険して来たじょ。
……みたいな感じで……。戻って来た!!

その間のできごとを振り返るとたぶん、30秒位だったと思う。
でもその時は5分位に感じた。
そう言う時叱るといけないと聞いたのでぐっと我慢した。

リードを持ち、ぶんたと地上へ行くと、信号待ちしてた
おばさんが「良かったわね~」と笑顔で声をかけてくれた。
たぶん「○×▽~*~ほにゃらら~」と言っていた人だと思われ。
「……すいません」と小声で会釈しただけ。
申し訳なくてその後の言葉が出なかった。

一体、どうゆう状態だったのだろう。地下にいたのでわからない。
道路に飛び出そうとしたのかな?想像すればする程ぞっとする訳で…。
おばさんから状況をきちんと聞けば良かった。

聞けなかったのは、
車の事故を招くとか、たまたま通ったお友達のわんちゃんに
からみつくとか、そう言う事がなかったのだと言う安堵感と
もう一つは寂しい気持ちでいっぱいで、どどどどどっと落ち込み状態で。

寂しいと思ったのは、ぶんたがやっぱりまだ私の事信用
していないのではないのか?お互いの、お互いの
信頼関係が私の考えている程、ぶんたからすればないんじゃないのか?

IMGP0985_convert_20080418164338.jpg
いや、おいらは冒険好きだし、まだ若いしさ…

……その後、会社で、ぶんたを囲んでそんな話をしてたら、
信頼関係とかじゃなくて、
「こやつは、そう言う冒険したくなる性分なんっすよ。なっぶんた」って。
ぶんたが大好きな会社のお兄さんが…。

それから、また
「ぶんた、まだおこちゃまだし…」って。
さらにもっとぶんたが大好きかもしれないお姉さんが…。

そんな言葉をかけられて、少し寂しさはなくなったけど…。

でも、ぶんた、もう、今後は絶対……
君の事は離さないからねっ!!!

IMGP0984_convert_20080418164429.jpg
 ……あいよ。
    でも、それって告白?!

……恋愛かっ!

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 会社に行った時は… 

ぶんたは私に付き合って会社に行くことが多々あり…。
しかしながら屋内限界時間は
今の所、3時間くらいでその頃になると外に出るわけで。
近辺をお散歩する。
ぶんたとよく立ち寄るのは…。

IMGP0990_convert_20080416165117.jpg
たこ公園!
おっきなたこの遊具がセンターに構えるその公園は
よく、ドラマなどの撮影をしてる。
現に目撃して、私はしばしその様子に引き寄せられ立ち止まり…。

公園をぬけ、先を行くと…流行りの店も多く。
現物ディスプレイのしてあるお店もある。

IMGP0993_convert_20080416165208.jpg
おいらもピザにひきよせられた!たまらん!

ぶんた、私もぶんたに引き寄せられてばかりで
たまらんですよ。さっ行こうね。

IMGP0998_convert_20080416165335.jpg
ぶんたが誘惑に引き寄せられず、通常のお散歩ができる所。
~~スクエアの裏手に行くと、大きな楠木が待ち構えている。
きっと昔からあって、この街を見ているんだろうね。

IMGP0999_convert_20080416165422.jpg
楠木のそばにはこま犬も。
ぶんたがはじめて、このこま犬を見つけた時、
……吠えていた。何故だろう……。
先を行くと。
IMGP1001_convert_20080416165509.jpg
閑静な住宅街の塀から可愛い花が。
何て名前なのかな?まるで提灯の様な。

そして、スタイリッシュな街、外人も観光に来る街。
と、言うイメージの恵比寿でも、とある所では
たんぽぽが群生していて…。

IMGP1002_convert_20080416165607.jpg
たんぽぽ、可愛いね!ぶんた。

と、ぶんた。おおっ、ぶんた引っ張るなよ~。
IMGP1003_convert_20080416165747.jpg
たんぽぽも可愛いけど、お姉さんも可愛い!
今回はお姉さんに引き寄せられたぶんたでした……。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッと…。

 ハーレムなお昼休み 

今日はぶんた、会社に行く。
それでもって、私に付き合って銀行へ、と言うか
恵比寿の駅付近のキャッシュディスペンサーへ同行する事に。

恵比寿と言う街は不思議な町。
ここ、数年でいっきにおしゃれになった。不動産屋のおじさんが言っていた。
昔ながらの古いお店もある中、入れ替わり立ち替わり
看板を変えてゆく今風の店もあり。

ぼやぼや歩いていると人にぶつかりそうだし、車も多い。

IMGP0976_convert_20080415235119.jpg
昼休みの時間帯だしね。
そう言えばそうだね。美味しいにおいが充満している街をすりぬけ。
銀行の前で待っててね。ここは定番の場所だから大丈夫。
おっ、12時になったばかりだし、まだ空いてるからすぐ戻って来れるから。
複合ビルの一階にある銀行のディスペンサー。
ぶんたが待つその場所は中にいてもガラス越しに
様子がよく見えるから安心。

ピピピピツッツ!「カードを入れてください…」などと
ディスペンサーと交信してる間、後ろに並ぶ人が増えてきた。
あせって、ボタンを押せば押すほど間違えたりして…。
ひと仕事終えて、ぶんたの元へ行くと……
あれ?お姉さんと一緒だ。

IMGP0967_convert_20080415235212.jpg
ん~いいにおいだなぁ~
ぶんたは女の人に対しては全く警戒心がない。って言うか大好き。
しかしながら、そのお姉さんも静かに待つぶんたを見て
かまわずにはいれなくて、なぜなぜしてくれていた。

「年は?」「何の種類ですか?」などと話がはずむ中、
「実は去年の暮に保護して…」と私が言うと、そのお姉さんは表情を変え、
「私、以前、長野の道で迷い犬に会って…」と言う話が始まった。
何でも、先を急ぐ用事があって車から心配して見たその犬を
一緒に連れて行く事ができず、アクセル踏んだら
バックミラーに追いかけてくる犬の姿が…。今でも犬を見ると思いだすらしく。

……そんな、話をしばししていた。
IMGP0970_convert_20080415235308.jpg
ぶんたの事、すごくいとおしいと言う笑顔で
何度も何度もなぜてくれて…。
そんな長話しをしてたら、そのお姉さんの同僚の人も
お昼休みだからたくさん通りかかって、
ぶんたを囲んで、「かわいい~」「おとなしい~」

IMGP0973_convert_20080415235406.jpg
いや、おとなしいのは今だけで…。すが……。
なんて私の話は素通りで、
「うちの猫より毛がやらかい~」「男の子なんだね~」と声かける、
総勢6人程の女性に囲まれ、ぶんたはハーレム状態で。

いつになくいい子ちゃんしてるぶんたが、
女の人の前では、何だか格好つけてる様な気がしたりして…。

ぶんた、良かったね。
アイドルみたいだよ。羞恥心にも負けないかも?
なんて話をして、お姉さんたちと別れた後、恵比寿の街を行く。

……。おっ!ひっぱるな。何?さっきのお姉さん?

IMGP0982_convert_20080415235516.jpg
ん~いいにおいだなぁ~
……ぶんた、それはたこ焼き屋さんのたこ焼き、です…

今日も笑顔なら…

 夫婦&飼い主と犬 

携帯の着信音。ぶんたも反応した。
私の大切ないとこのご夫婦が近くのお蕎麦屋さんに来ているとのこと。
で、寄ってもらう事に。
予定を決めてなくて会うのって大好き。

そのご夫婦は我が家に来るときはいつも食材を調達して
そして、美味しいものを作ってくれる。
新キャベツとか、揚げ玉とか…。そうそう、お好み焼きの準備が始まった。

IMGP0936_convert_20080414182902.jpg
ご主人が、「包丁切れるね~」と細ーい千切り状態にしてると。
隣から奥様が「お好み焼きだからも少し粗い方がいいのじゃない」と
優しいつっこみを入れ…。
IMGP0939_convert_20080414182942.jpg
おおっキャベツがどんどん粗めの千切りに。

夫婦と言うのは一緒にいると、顔やしぐさが似てくると良く聞くけど。

IMGP0940_convert_20080414183021.jpg
……一緒に準備をしているその様子を見てると
本当にそうだな~と思うっ!

そう言えば、飼い主とペット…犬もそうだとよく、言われ。
昔、飼い主と犬のそっくりさんコンテストを見に行った事があったな。
ちゃめと私は似てると言われた。
ちゃめと鯛超も似てると言われた。
じゃあ、ぶんたと私たち夫婦はどうなのかな~。
あれ?ぶんた?ぶんた?

IMGP0949_convert_20080414183058.jpg
……ぶんた、シンクの下で隠れて豚耳を食べてる
ミニチュアダックスのみーちゃん(いとこご夫妻の愛犬)の、
後ろでふせしてじっと待っている。待ってればわけてもらえると思っているのか?

ぶんた、君はいい子だね。
人のもの、がうがうっ!て無理やり取るような性分じないんだね。
ほんとにいい子だよ。ぶんた。

IMGP0925_convert_20080414183239.jpg
なら、お好み焼き、ちょーだい。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッとよろしくです。

 まーくん 

携帯が鳴った。友人から。で、お家にお呼びした。
久しぶりで、嬉しかった!友人はイラストレーター。
そして、三歳、男の子、体重14キロの愛息子のまーくんも一緒。
男の子だけど、イラストにしたくなる様に可愛い。
よく、女の子と間違われるらしい。そして男の子にしては控えめでおとなしい。

ご飯を食べた後、一緒に公園へお散歩に。

IMGP0884_convert_20080414182458.jpg
しかしながら、まーくんはぶんたが怖く…。
ぶんたがまーくんを見ると小さな声で「怖い…」と。

そうだよね、
比率から言うと大人がライオンと対峙する様なそんな感じ?
……でも待てよ、以前まーくん、ちゃめと会った時は怖がらなかったよね。
あっ、ぶんたが吠えたからかな?

だから、距離感のあるお散歩が始まり。
三歳児の歩調と元気まっさかりのぶんたの歩調はあうはずもなく。
私とぶんたは、先を行って振り返り、待つ。

IMGP0888_convert_20080414182550.jpg
何であいつ、遅いの~?
あいつって何?ぶんたよりお兄さんなんだよ!
だっておいら、29キロ。
体重じゃないでしょ!
ったく、行くよ。そんな気持でまーくんを見るから
まーくんも怖がっちゃうんだよ。

IMGP0897_convert_20080414182641.jpg
距離感のあるお散歩しつつも私と友達、まーくんは
「この花綺麗だね~」とか、まーくんが(怖いのに)「ぶんた~」なんて
呼んでくれたりして。

まーくんに手を振ったら、手前で散歩していたおばさんが
戸惑いながらの笑顔の後、後方を確認して、
「ああ、そう言う事ね…」って感じでぶんたと私を追い越して行った。

IMGP0899_convert_20080414182730.jpg
どうやらまーくんは、ぶんたの目が怖いらしい。
お母さんにしきりに言うわけで…。

子供の感覚と言うのは、とても的を得ていると思う。
例えば、店番のお爺ちゃんみたいなお婆ちゃんに、
「お爺ちゃん!」と声掛けた子がいた。
裸の王様に「裸だよ」って言ったのは子供たちだったし。

お散歩中もぶんたが降り返ると固まるのは
どうやらそれが原因だったんだ…。
IMGP0900_convert_20080414182816.jpg
おいら、そんなに怖い?
……ごめん、ぶんた。微妙。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッとよろしくです。

 意外にやわ? 

今朝のぶんた、どうも元気がない。
散歩に行った鯛超からの報告で、ピーピー気味と。
ボールを投げても、取りに行く走りがいま一つだし…。

ちゃめを看取った後の後悔の一つに、もっと鯛超の事…いや
体調の事を細かに気遣ってあげていたら…と言うのがあって。
鯛超と話して、再び病院へ連れて行く事に。

IMGP0921_convert_20080414183852.jpg
今日は待合室もすいていたせいもあってかいつになく
いい子で待つぶんた。はっ、そうじゃなくてやはり体調が?
などと、犬バカっぷりの思考回路が働いてしまう。

しかしながら、今日の、若い可愛い女の先生に呼ばれると
緑の診察台に飛び乗り、初めてでもあるのか熱烈な挨拶をし。

IMGP0916_convert_20080414182132.jpg
それは丁寧に診察してもらった後、
腸の様子を調べたり、やはり、鼻が詰まって鼻炎気味との診察もあって。
……君は花粉症か?!
そう言う訳で、先生が調べる器具やら鼻炎の注射などを準備しに
二度出入りする間、ぶんたと二人で診察室で待つ。
待つ…。待つ…。待つ…。

IMGP0920_convert_20080414182404.jpg
ねむっ!!
こんな時、いつもならガラス越しに外の様子を伺ったり、
いざと言う時の先生のクッキーなどを探しまくるのに…。

IMGP0915_convert_20080414190252.jpg
伏せ状態で居眠りし始める。
やっぱり、体調が良くないのか、疲れているのか?
ぶんた、君は意外にやわ?
IMGP0918_convert_20080414182225.jpg
うんぼく、やわ…。でも夕飯は頂くぜ。
……頭、船こぎながら荒かった鼻息がさらに荒く。
ぶんたのいびきが静かな診察室にこだました…。

今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッとよろしくです。

 病院にて 

今日は、ぶんたを病院へ連れて行く。
狂犬病予防の注射のために。
……
しかしながら、この日本のペット事情からすると
「狂犬病」とは時代遅れなネーミングだね。
あと、今日は院長先生にぶんたの眼やにの事と…
はぁはぁする事も聞いてみないとね~……
「って、犬ってみなはぁはぁしない?」と
朝ごはん食べてる鯛超のつっこみ…。

…だって今まで、ぶんたはあまりはぁはぁした事がないのに
ここ最近、暑さのせいかと思いつつなんだか気になって…。
しゃべれないだけに、妄想しだすと悪いように考えがちで…。
「ってか、心配しすぎ」(これは一人ツッコミ)

そんな朝のあと、雨の中病院へ。

エルムさんとはちゃめの頃からのお付き合い。
昨年、新しくビルを建ててとっても綺麗で快適で信頼できる病院。
前までは狭くて、古くて大変だったと思う。(院長先生ごめんなさい)
院長先生は針もやっていて、ちゃめが、腰が悪かった時
ちょちょいとうってもらったら帰りはぴょんと
車に飛び乗った事もあった。
IMGP0842_convert_20080410185616.jpg
しかしながら、ぶんた…との来院は。
そんな昔のちゃめとの事を思い出すひまもない。
もう、待合室のワンちゃん達が気になって気になって。
ガラス戸を隔てたエントランスで待つことに。

「ぶんたちゃ~んどうぞ」と呼ばれ先生の元へ。
注射も診断も終わり、先生からは「顔が穏やかになったね」と。
よかったね。ぶんた。あとは会計だけ。

IMGP0850_convert_20080410185702.jpg
あっ、オトモダチ!

IMGP0853_convert_20080410185754.jpg
だめだよ、みな、何らかの具合が悪くて来ている
のだから、ぶんたが急接近したら、血圧あがってしまうよ!

IMGP0846_convert_20080410185840.jpg
おいらも、血圧あがってる…
ってか、興奮してるからでしょ!


今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッとよろしくです。

 ごちそう 

今日も家でお仕事、お仕事…。
ぐぐぐっとお腹がなる。何せぶんたのおかげで早起きになり
朝食もともすれば7時半とか…。
腹が減っては何とやら…なので、そうだ!
先日ノエルちゃん家にお邪魔した際にハービーグちゃん家より
いただいた、ベーコンを使って…。
IMGP0789_convert_20080409163328.jpg
お宅に、燻製の小屋があって作ったその
ハービーグベーコンは、本当に絶品。
絶品なのもさることながら、お宅で燻製してるって言う
状況がなんとも夢の様な話。
燻製好きの私としてはたまらないわけで。
簡易燻製できる缶などでやってみる事はあるけれどやはり、
本格的なものと比べると断然違う。お味が届けられないのが残念…。
IMGP0787_convert_20080409163249.jpg
それから、鷹の爪とバジル。
IMGP0794_convert_20080409163401.jpg
それから、これは鯛超が会社の人からお土産に
頂いたスペインのオリーブオイル。曲線がたまらない。
曲線に何か意味があるのかな。曲線だと
より美味しくオリーブオイルが流れ出す…とか?
な、わけないだろうなと考えながら。
スパをゆで、にんにくや鷹の爪、バジルの茎もきざんで炒め。

IMGP0812_convert_20080409165333.jpg
できあがりました。
「ハービーグベーコンとオリーブオイルのスペシャルスパ」
と言うネーミングにしよっか…。ちょっと大盛りすぎたかな?

お、何だかが、私の足、特にももの辺りををつんつんする。
その、肉球の感触は、ぶんた…だね。
IMGP0799_convert_20080409163523.jpg
それ、一人で食べるの絶対ずるい!
……と思うよ。


今日も笑顔なら…
↑今日も笑顔でバフッとよろしくです。

 雨の日は骨もどき 

今日は春の嵐…。
都内の予想雨量も50mmとか?気温も12℃。
風も雨も強い中、短時間のお散歩でもきちんとしなければならない事を終了し
家に帰りベランダから空を見上げていると。

雨の日は、つまらん。
なんて…一緒に空を見上げているの?ぶんた?
仕方ないよね、こんな日は日頃の運動量の三分の一くらいに
どーしてもなってしまうのであって。
じゃあ、骨もどきでもかじって発散すっか!

PIC_0638_convert_20080408140727.jpg
撮影のため、「マテ!マテ!」状態で
横目でじっと我慢しそしらぬふりしているぶんた。
骨もどきは良く見ると、何層もの牛皮でできているらしく
外側の一枚は、もう簡単にはがれそうな状態で。

よっしっ!の合図で。
すかさず、骨もどきをさらい、こちらに背をむけせっせとかじるぶんた。
私が近づくと場所を変えてまた、背をむけかじる…。
これも習性なのだろうか?
取られちゃたまらん、状態で。
PIC_0644_convert_20080408140807.jpg
これで少しは発散できたかな…。
おっすると、骨もどきが落ちているでは…ないか!
ぶんたは周りのはがれた牛皮しか食べてなく、
肝心のもっと骨っぽい状態の中身が落ちていたので。

ぶんた~まだあるよ。
PIC_0662_convert_20080408143627.jpg
えっ!うそっ!!

PIC_0670_convert_20080408140936.jpg
きづかんかった!
おいおいまってって…。ダメだこりゃ…。

今日も笑顔なら…

 反省会? 

週末はほんとに、楽しかった。
楽しい事にはある意味反省もつきものだと思われ。
帰りの道中、「談合坂SA」でぶんたと反省会。
IMGP0778_convert_20080407141014.jpg
反省会って言うより休憩でしょ?

「談合坂SA」はぶんたと一緒によく立ち寄るので
勝手知ったるものでリラックスムードな感じのぶんた。
高速に乗って1時間ほどするとあきてくるし。
人間だって犬だって車に箱詰めはたまらないよね。
でも、反省会だからね……。

談合坂のそこは、お店のある建物も当然あるけど
広い公園と言うか野原と言うかそう言う憩いの場所もあって。
雪柳も綺麗に咲く。
IMGP0779_convert_20080407141058.jpg
丘のような場所がありそこにのぼって…。

IMGP0781_convert_20080407141139.jpg
ねえ、ぶんた、君の運動能力には改めて驚かされたよ。

精算してる時、Jマートの園芸コーナーのレジに
いきなり登って、バイトのお兄さんにちょっかい出すし。

ノエルちゃん家で、初めて会ったチワワのこはるちゃん…
シーズンだったからめざめちゃったのだろうけど、
追いかけて、2mほどのベランダからダイビングしちゃったし。
ハービーグさん家(三匹の黒ラブちゃんとチワワのこはるちゃんのご家族)の
ご主人と奥様も笑いながらびっくり。
って言うか、みな、君のその計り知れない行動に
驚いていたんだよ。

…そうそう、あの時は、ノエルマザーのそれはそれはおしいしいお料理を
堪能しようとしてた矢先で……
IMGP0755_convert_20080407141232.jpg
これだけしか記録に残せず…。
どれもこれも美味しかった~。

IMGP0783_convert_20080407141312.jpg
おいおい、それは反省会とは趣旨が違う。
思い出してうまさにひたってるんだろ?

……あっそうかも。ごめんごめん。

そう言えば前にもお山の奥の方へ行って離れちゃった時。
君は暴走して、気づいたら見上るお山の上から
私たちを見下ろしてたね。
あっと言う間の瞬間で……。

だから、私も改めて心してかかりますから…。
IMGP0782_convert_20080407141351.jpg
はぁ~春の風気持ちよい!
……ぶんぶん?聞いてた?

今日も笑顔なら…



 お勉強 

「分相応」と言う言葉があるけれど、
私とぶんたは分相応なのかな…。
私はこの30キロ近い雄犬を飼いこなせる度量があるのだろうか…。
昨晩のノエル家でのぶんたの行動を思い返しながら
朝のすがすがしい景色とは裏腹で…。そんな散歩の途中。
…ぶんたの動きが止まる。
IMGP0764_convert_20080407140414.jpg
おっノエルのあねごだ!

あねご、と呼ばせてもらったのは、合流してお話ししながら
数々のノエルちゃんの武勇伝を聞いたからであって…。
その話はまた、今度にして、一緒に近くのハルくん家へ…。
IMGP0766_convert_20080407140506.jpg
ハルくん家には他にもお友達がいるけれど
まず、ハルくんにご挨拶をする事になり。

ハルくんもお山で怪我をしていた所を保護されたわんちゃん。
何だか人間だったら、格好良いアウトローのような。
ちゃめも会ったけど、挨拶をきちんとした後、
そっけなく、我が道を行く姿がたまらなく魅力的で…。
IMGP0767_convert_20080407140547.jpg
しかしながら、ハルくんは
この自分より大きく、しかもぶしつけなぶんたに
いらついたのか、洗礼を…。
わんっがうっ!
ぶんたも一緒にがっうっっと……?したのか?ぶんた。
訳がわからず
あせって、ぶんたのリードを引き寄せる私。
と、
ハルくん家のご主人と奥様がハルくんを叱る。
ご主人と奥様は救助犬の訓練もしているその界隈では
エキスパートナーだ。…いや、エキスパートだ。
……じっと見ているぶんたと私。
IMGP0768_convert_20080407140638.jpg
そのあと、再び挨拶させてもらって。
驚いたことに、ハルくんはがうがうっ!てもうしない。

なのに、ぶんた、君は
「うざすぎっ、こいつ」って表情いっぱいで前歯を控えめにむく
ハルくんの気持ち、わからないのか
遊んでもらえるのだと思ってよっていく。
ハルくんの家族のスージーちゃんは女の子で
普通、思春期の男の子なら、スージーちゃんなのじゃない?
ぶんた。ぶんたっ?
IMGP0772_convert_20080407140837.jpg
うんっだけど…
IMGP0769_convert_20080407140720.jpg
ハル兄の方が好きだ。おいら。
……。その後、「いい加減にしろ」って様子で
ハルくんがぶんたの首回り噛んでひっぱったりした。
きゃいーん!と言いつつ、また寄って行き。
君はMか?の周囲の声にも知らん振りで
相変わらず遊んで、遊ぼ!とハル兄の元へ行くわけで。

ハル兄が、分別をわかってくれているのだから感謝しないといけない。
それからね、ぶんた、言うことを聞いてもらいたいときは
容赦なく、怒るから。私も。

いろいろな勉強になった朝、だった。
IMGP0703_convert_20080407141855.jpg
 ……なにが?

今日も笑顔なら…

 ノエルちゃんと小鳥の訪問 

お山にぶんたと来た。
がっつり散歩の後、私がPCに向かうと…。
ぶんたが。
IMGP0691_convert_20080405213338.jpg
なんだか、つまんね…
と言われても私にはお山に来てもやらなきゃならない事があるの。
「やらなきゃならない事じゃなくてやりたい事だろ?」
なんて、ぶんたが言っているような…。

と、突然ぶんたが、窓に向ってわんわん吠えだす。
ぶんた、誰?
IMGP0719_convert_20080405212337.jpg
ん?ノエルちゃんさ。

ノエルちゃんが来た!
ぶんた、嬉しい楽しいるんるんモード。
そして、控えめなスキンシップをここぞとばかり。
IMGP0722_convert_20080405212519.jpg

真っ黒どうしでどっちがどっちがかわからない感もあるけど。
ノエルちゃんは、結構興奮するぶんたにも
いたって冷静に対処してくれて…。
いろいろ考えてくれてるのだよね。
IMGP0724_convert_20080405212424.jpg
まぁね。(ノエルちゃん)
もしかしたら、ノエルちゃんが一番ぶんたの
扱いをわかっているのかね~なんて思ってた時。

と、「こつっ!」とベランダ側の窓に何かがあたる音…。

IMGP0727_convert_20080405212601.jpg
小鳥が窓ガラスにぶつかって脳震盪状態…。
片方の羽を広げたまま、動かない…。
そう判断したのは以前にもそうゆう事があって。
お腹を空に向けて死んでいると思った小鳥が
どうしようか、埋葬しようか?と言ってる矢先復活して
飛び立って行った事があって。
今日の小鳥は[カワラヒワ」と言うかも。
ノエルマザーとそんな話をしてる中。
ノエルちゃんとぶんたは、ガラス越しに「カワラヒワ」を凝視し。
IMGP0728_convert_20080405212636.jpg
おいおい君たちがそっちへ行ったら小鳥ちゃんは
おもちゃ状態。小鳥ちゃんからしたらとんでもない。
何てったて今、頭がクラクラしてる状態なんだからね。

IMGP0737_convert_20080405212825.jpg
おおっ!復活した。

そうこうあって、カワラヒワちゃんは飛び立っていったのであった。
ぶんた、良かったね。
また、来てくれたらいいね。
IMGP0721_convert_20080405212900.jpg
異文化交流させてくれないの?

今日も笑顔なら…

 ちゃめと会ったら… 

ぶんたとの生活もはや4ヶ月が過ぎ。
ちゃめの時と違うのはお散歩の時の心構え。
それは、お友達、つまり犬仲間に会うとぶんたは
急接近、もしくはそばに行けない場合、吠えたりするので…。
こっちもそれなりの対処をしないといけない。
IMGP0669_convert_20080404202126.jpg


さ、行こ、ぶんた。
IMGP0672_convert_20080404202205.jpg
うん、出発シンコーミュージック、スタート!
……私の心構えを気にもせず上機嫌のぶんた。

IMGP0671_convert_20080404202244.jpg
おっ、誰かがさざんかの花を桜の花と一緒に。
アウトドア生け花?ぶんた、かわいいね。
……と言ってもおかまいなしのぶんた。
ぶんたは周囲にアンテナはりめぐらせて。
わんちゃん見つけるともう行きたくて行きたくて。
一緒にいる私は、いつのまにかぶんたの気をそらす
術をいろいろ試すのであって…。(独り言も多くなり…)

ねえちゃめはね、お散歩のマナーってもんをわかってたんだよ。
急に行ったり吠えたりしたら皆ひいちゃうのも
わかってるいい子だったんだよ。
……なんて、比べて話しちゃいかんいかん。
人間だって兄弟姉妹比べて小言を言うのは禁句なはず。
あっ?ちゃめ?

IMGP0675_convert_20080404202316.jpg
はるちゃん、と言うゴールデンの女の子だった。
ボールをくわえて歩いてた。ちゃめみたい…。
容姿もちゃめに似ていた…・。
写真を撮らせてもらって、はるちゃん…て、この季節に生まれたのかな?
などとしばしお話をして。
なぜかぶんたも、優しくはるちゃんに近寄り…。

IMGP0673_convert_20080404202347.jpg
はるちゃんをなぜると、ちゃめの事がよみがえる。
こんな、感じ。毛の多さとか、柔らかさとか。
確かにぶんたも柔らかい毛してるけど
長さが違う…なんて、また比べてしまったり…。ごめん、ぶんた。
と、思った矢先。おおっ!!

IMGP0674_convert_20080404202420.jpg
ちゅっ!大好き!
……ぶんたがはるちゃんにチューをした…
ように見えた…。
ぶんたがもし、ちゃめに会ったらこんな風に
ちゅってするのかな…。

今日も笑顔なら…

 お仕事の同行 

ぶんた、今日はちょっとある所へ同行してね。
その場所は銀行、だよ。
きちんとした方々がいる所だから粗相のないようにね。
PIC_0613_convert_20080403151600.jpg
へいへい。
って、そんな言葉使っちゃアウトだよ。

PIC_0617_convert_20080403151639.jpg
公園をぬけ、浜田山へ向かい。
道中、初めての場所だからか、できる限り嗅ぎまくり、ひと仕事してるぶんた。

商店街は賑わい、店先に出されたお花屋さんの
花の苗もたくさんあり。
そんな矢先、ぶんたが急旋回した先……。
おおっ!!
PIC_0618_convert_20080403151723.jpg
「酔い処 ぶん」だって。
何故?ここへ?まさか、ぶん、に反応!?
…と思いきやお隣は定休日の魚屋さんだった。
魚の臭いか……。なんだ……。

銀行へ到着。
綱を短くして、良い子で待つのだぞ。3分間待つのだぞ。
キャシュディスペンサーはすいてるからすぐ戻るからね。
PIC_0619_convert_20080403151800.jpg
もしぶんたが店先で吠えたら営業妨害になってしまう。
ワンワンしないね。えらいえらい。

ディスペンサーで
ぴっぴっぴっ。カシャカシャ…と仕事を済ませ。
終了 !!
お待たせぶんた。

PIC_0621_convert_20080403151848.jpg
……ってか、気づいてない。
ぶんたっ!

PIC_0622_convert_20080403151922.jpg
あっ、どこ、行ってたの?

今日も笑顔なら…

 ぶんたの、花道 

今朝は快晴!!少し風は強いけど。
先日撮影した同じ場所、尾崎橋からの
善福寺川の風景も美しい。さあ、花見散歩スタート!
PIC_0552_convert_20080403151030.jpg


しばし行くと風で花びらが舞い、
先行く道が、桜の花道に。
PIC_0608_convert_20080403151159.jpg
歓迎されているみたいだね。ぶんた。

PIC_0606_convert_20080403151115.jpg
……能天気…いやっいい天気
……舞い散る桜吹雪の下、どうしたって出てくる鼻歌は
演歌調になってしまう。
森山直太郎のさくら~さくら~ただ咲き誇る~♪なんてのも
気づくとこぶし入りで。ああ、やっぱり日本人っていいな~
ねっ、ぶんた。
PIC_0631_convert_20080403151246.jpg
行けば行くほど、桜の花びらに敷き詰められた道が。
朝散歩のお婆ちゃんが、舞い散る花びらを掴もうとしてるよ。
私も…、えいっ!だめだ、早くてとれないよ。
ぶんた?

PIC_0634_convert_20080403151354.jpg
おっ?おいらとれた……
ぶんたの、鼻道?……おあとがよろしいようで……。

今日も笑顔なら…

 棒も好き? 

気温が低めに安定しているせいか
桜はがんばって持ちこたえてくれている。
地面を見ると、やはり小枝などが散乱していて。

おっ、枝にまじって棒も落ちてる。
枝と棒の違いって何?
枝が風で折れて落ちるのはわかるけど、なぜ直径3センチほどの
棒も落ちているのかな…。
なんて私の疑問とはうらはらに、ひと所に
落ち着くと、棒をかじり出すぶんた。
枝はかじらないけど、棒は噛みごたえがあるらしく…。

PIC_0132_convert_20080402132049.jpg
がしっガシッツ!!バキッ!ボキッ!!

…う~ん、枝は細くて歯ぐきに挟まるからかな?
な、わけないだろうけど。

でも、ぶんたは枝より棒が好きなんだな。
ともすれば、帰るまでくわえている。
お家の中でかじられちゃたまらないので
PIC_0491_convert_20080402131038.jpg
おもちゃの棒をあげた。おもちゃ棒とぶんたの戦い。

PIC_0482_convert_20080402130926.jpg
噛んでもくだけないので、しめしめ…。
オイコラ!何で壊れないんだ。
     えいっ空中なげっぇ~~っと!


PIC_0481_convert_20080402130834.jpg
ぶんた、顔、怖いよ。どこの何の種の動物?って感じ…。

PIC_0486_convert_20080402130958.jpg
こうなったら、
      何が何でもおいらははなさんぞっ!

…ぶんんた、そろそろごはんの時間。だけど?

PIC_0494_convert_20080402131111.jpg
ほいほい。棒はとりあえずいいや…

今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。