calendar

          06« 2011/07 »08          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なでしこ効果? 

その日、母は炎天下のなか、すぎ丸が来るのをまっていた。
すぎ丸とは街中を走る小さな路線バスで料金は100円。
阿佐ヶ谷に向かおうと待つものの時間通りには来ず、
結局、10分遅れて到着した。

狭いバスの中は人でごったがえしていた。
母は買い物のためにリュックをしょっていた。
すぎ丸だけでなく都内のバスの乗客の半分以上は
お年寄りで、すぎ丸の少ない座席も当然お年寄りばかり……

母だってお年寄りの部類だ。
足腰は丈夫なので立っていたのだけれど……
背後から……
「ううんっ!」とか「だあっ!」とかの声。
それとともに母のリュックを押す人がいた。
慌てて母が振り返ると、母と同じくらいの年代の
元気そうなおじいさんが、いきなり
「リュックがさっきからあったってるうんだよっ!」って
いきなりどなるのだ。
IMG_4564_convert_20110729131421.jpg
じーさん……ジーザす…
母はこんな混んでる車内でそんな事言われても…と
思ったけれど「すいません…」って言ってリュックを
肩から下ろそうとした。

くしくもその時、お医者さんから、50は遥かに通り越したのに
なぜか50肩と言われてたもので
リュックを下ろすのにもたもたしてしまった……
するとまたそのおじいさんが
「また、あたるっ!!」とか言ってもんくを言うのだった。
母は汗かき懸命にリュックを下ろそうとした。

……と……
座っていた、友達同士のおばあちゃんが
「あんな風に言わなくてもいいんじゃないのかしらね」
「そうよ~混んでるんだから仕方ないじゃない」
と、おじいちゃんに聞こえるような声で話しはじめた。

母に、「荷物、持ちましょうか?」と声かけたり。
次々と人が乗ってくるもので
「仕方ないわよね…」などと母を応援してくれる。
IMG_4566_convert_20110729131517.jpg
なでしこ効果?
まさに、すぎ丸の狭い車内は、いらいらするおじさんと
戦うべく、あちらこちらから
おばあちゃんたち女性が声をあげたのだった……

そしておじいさんは「ちっ!」とか「うるせー」とか
言ってたのだけれど
そこにとどめの、キャプテン澤……?

綺麗な50代くらいの、そのおじいちゃんの隣にいた女性が
「おじさん、おじさんのカバンもさっきから私にあたってますよ」と。
「そんな事ねい」って言ってるおじいちゃんに
「私も更年期障害でイライラして、家じゃ鬼ばばあて
言われちゃってるんです。
だからイライラする気持ちもわかりますが、こんな狭い中じゃ
お互い様ですよね…」って……

なんとも、すてきな注意の仕方なんだろう…と。
そう言われたおじいちゃんは
「すいませんね…」って小声で母にもその女性にも
あやまったそうな……

母は、
綺麗な人だったから大人しくなったのかも…なんて
言ったけれど、でも、それだけじゃないわよね…。
暑い中バスを待ってたあげく、おじさんにからまれた
だけだったら、何ともその一日嫌な気分だったところが
車内のなでしこたち?のおかげでとても気持ちが楽になったそうな……
IMG_4569_convert_20110729131549.jpg
なでしこ効果、おそるべし…
ぶんたも女の子にゃ、お気をつけあそばせ…

    ★バフッとひと押し?★
 おじいちゃんはこの話、誰かにしたのかな…?
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 くつした 

ぶんたの肉球のあせもが日ごと増殖してるようだ。
お散歩から帰ってきて
肉球をばっと広げてお水のシャワーでじゃばじゃば荒い
綺麗なタオルで肉球の間を丁寧にふく。

それでも、暇をもてあまし始めると…
ぶんたは肉球を広げてあせものあたりを
ぺろぺろなめたり、ひどくなると
前歯でガシガシかじったりする。
痛いのか時々「ヒンヒン」言いながら……

それで、朝の忙しい折…すきをみて
ぶんたの肉球の間にシッカロールをはたく。
それだけだとなめたりするので
何かいいものがないかと、先日ドラッグストアに行って
「これだ!!」って言うものをゲットした。
IMG_4557_convert_20110729123311.jpg
くつした?

くつした……としよう。
それは、ネット状の包帯みたいなもので。
パッケージには手のひらなどを怪我したときに
絆創膏などの上にかぶせておくもので。
親指とほかの四本の指を通せるように
二つにわかれてる……
IMG_4554_convert_20110727151430.jpg
親指のところは必要ないようで
ぶんたには親指ってものはないから
親指を通す部分は魚のひれのようにひらひらしてる。

メッシュだから通気性も良いし、もってこい。
ただし、ほうっておくといつのまにかはずれてしまうので
クラフトテープでとめておいた。
IMG_4558_convert_20110729123749.jpg
歩きにくい……っ!!
両前足を大げさにあげながら
イギリスの兵隊さんみたいに歩く様は何度見ても
ついつい顔がほころんでしまう。
それでも、ぶんたは無理矢理ひっぺがすでもなく
かんねんして、
そのあせも対策のくつしたをはいている日々なのだ。

IMG_4559_convert_20110729123834.jpg
ごはんをたいらげる時も……
少しはあせもがあさまるだろうか……
IMG_4561_convert_20110729123933.jpg
夏の風物詩…?
汗かきぶんたの風物詩です♪

    ★バフッとひと押し?★
お留守番時の定番くつしたとなったわけで…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ほ♪ほ♪ほたる♪ 

今回お山に来たのは……

二週間前に鳥小屋にひながいたのだけれど、
その鳥小屋は三年ほど前に設置して、それでも
住人もやって来ないのであきらめてほったらかしにしてた。
そのせいか、ひなの重みで鳥小屋が傾いていたのだ。

ひながいた、って言うのでテンションがあがって嬉しくて嬉しくて…
でも、お山から帰って冷静になって考えたら
もし、鳥小屋ごと落ちちゃったらどうしよう…と不安に。
しかも台風6号も通過したらしく気が気ではなかった。

真っ先にみたら……
1107242_convert_20110727150636.jpg
小屋は無事だった

1107241_convert_20110727150545.jpg
良かった、良かった

どうやらひなはもう巣立ったらしい。
気のせいか、巣立ったひながやって来てはピチュピツと
たくさん鳴いてる声が聞こえたりもした。

そんなわけで、ほっとして、お山から出発する朝のこと。
玄関のドアに何やら見慣れない虫がくっついていた。
ポストのわきにも一匹。
頭が濃い朱色で胴体は真っ黒。
よく、お米に入っていた米つき虫より大きい。
ふと「ほたる?」って思ったけれど「まさかなぁ~」と。

ほたるって綺麗な水のある場所に生息するって聞いたし。
気にもとめずに、荷物を車に運んだりして……
そして、玄関を開けしめしたにもかかわらず
じいっと扉にくっついてるその虫を
よーく見てみたら……

1107243_convert_20110727150731.jpg
お、おしりが光ってた!!
緑色にぼんやりと……
その光は時に強くなったり、弱くなったり。
明るかったので気づかなかったけれど
確かに……
1107244_convert_20110727150812.jpg
ほたるだと思われ……
なんてこったい。
ほたるが見れるなんて……
なんてこったい。
このお山にもほたるがいるなんて……

調べてみたら、山にもいるんだそうな…
てっきり水辺にしかいないと思ってたのだけれど…
それにしても、残念だなぁ…
夜、見たかったなぁ~~

鳥小屋のひなで嬉しかったのと同じくらい
嬉しくなって、そして夜見たかったなぁ~と思うと
後ろ髪ひかれる思いで、お山を後にしたのだった。
1107237_convert_20110723214526.jpg
こっちの水は甘いじょ♪
ぶんたは夜光るほたるに、どんな風に反応するのかな…

    ★バフッとひと押し?★
 もっと早く気づけばよかった…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 あせもとシャンプー 

1107234_convert_20110723214403.jpg
ツナガレの身だっ……

今朝、トイレのタンクが故障した。
タンクと言うか…
レバーをひいても水が流れないので点検したら
レバーについてる鎖が、水を流すために開ける
ゴム製のふたから離れてしまっていた。
だからレバーを引いてもゴム製の
ふたは開かない…つまり水が流れない、と言う状態になって…

前にもあって、とりあえずクリップで鎖とゴムのふたを
つないだのだけれど水の中でさびてしまったらしい。
それで、ホームセンターへいって
S字のステンレスの小さなフックを買ってきて
鎖とゴムのふたをつなぐ作業を……
なんだかんだとかれこれ一時間近くかかった。

……それから……
ぶんたのシャンプーをしようと決めてたので
お風呂場で大奮闘。
その前に、「あ、シャンプーか」って感じで
逃げ回るぶんたをお風呂場に捕獲、するまでも大奮闘。

シャワーをかけ始めるとぶんたはかんねんして
かなり、おとなしく、いい子になるのだ。

今日はシャンプー日和。
暑くもなくカラッとしてて絶好の日だ。
ある程度タオルで水気をふきとり、
お風呂場から出ると逃げ回ろうとするぶんたを
ぎゃーぎゃー言いながらデッキに連れてきて
リードを固定した。
1107236_convert_20110723214459.jpg
やんなっちゃうなぁ~もう…
でも、ここできちんと乾かしておかないと……
外だから、ぶんたの毛がまっても
ほうきでかき集めたりすればらくちんなのだ。
これをお風呂場でするとなると
お風呂場がぶんたの毛だらけになって後が大変。
これからは、ぶんたのシャンプーはお山でしよう…と思った。

気候のせいもあってか、みるみる乾いて無事終了…
そして……
ぶんたの肉球の間にシッカロールをはたいて…
1107232_convert_20110723214334.jpg
さらしを巻いた……
昨年もそうだった。
ぶんたの肉球をがばっとひらくと
毛があまりはえてない皮膚の部分が真っ赤になって。
かゆいのか、ひまだと前歯でガシガシかんで
かみながら、痛いのか「ヒーヒー」言ったりするので
びっくりした。

獣医さんに連れて行ったら
犬は汗腺、汗の出る腺が唯一肉球のその部分にあるから
「あせもですね」…って。
ぶんたは汗っかきなのだ。

今年も同じで、
昨日なんかお山をたくさん走り回ったせいもあってか
痛いらしく、朝、歩き方がぎこちなかった。
足を床につくのがままならず、
壊れた人形みたいな歩き方をする。

そこでシッカロール…そして
気にしてなめないように、さらしで一応巻いといた。
しばらく、ほんのしばらくそうしてて……
ぶんたの肉球の汗がひくまで…

それにしても、さらしを巻いた後も
今度は、さらしが気になるのか……
ぶんたの歩き方は大げさなくらいに前足を交互に
高くあげ、ぶんたが歩くたびに
爆笑、爆笑。
申し訳ないけど、笑えるのだよ。
その歩き方…
1107231_convert_20110723214304.jpg
面白がってんだろ?
面白いけど、心配してるんだよ、大事な肉球だから♪


    ★バフッとひと押し?★
それにしても手のかかるぶんただなぁ~
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 にょろにょろ~ 

1107221_convert_20110723213624.jpg
早くお散歩行こうぜいっ
そんな目つきをしたあと、ぶんたが大きなあくびをした。
かれこれ、二時間くらい、
私はと言うとデッキから見下ろした森の家の庭の
絵を描いていた。
最近、油絵を描き始めていて、油絵の具と言うのは
油のにおいがきつくて、部屋の中だとすぐに
充満してしまう。

お山に来て外で絵を描くのが楽しみで楽しみで……
はじめはぶんたが、「こりゃなんだ?ケチャップか?」
みたいに、油絵の具に興味シンシンだったけれど
一度、鼻さきに絵の具がついて以来
二度とよって来ない……

そんなことはさておき、絵画終了してぶんたと
外に出た。

しばらく、アスファルトの坂道を登ると……
1107222_convert_20110723213702.jpg
へび……にょろ……

30センチほどの小さな、へびの子供みたいだった。
ぶんたが臭いをかごうとしたので
にょろにょろと逃げるのかと思いきやじいっとしてる。

もしかして……「へびだぞ~」なんて言って人に投げると
「きゃー」なんて驚かせるへびのイタズラおもちゃなのか?
棒でつついてみようとしたけど
急に反撃したら、まじで「ぎゃ===」って大声あげそうだから
やめておいた。

それから、山の中へと入って行く。
木々の中にいると、少しひんやりして気持ちが良い。
1107224_convert_20110723213800.jpg
シラカバが道をふさいでた
台風の爪後だろうか?
よいしょとまたいで先を行く。

ぶんたはと言えば、何かを見つけたらしく甲高く鳴きながら
それを追いかけ始めた。

なんだろう?と思ってたら……
なんと、その生き物が
私の方に逃げて来て、ぎょっとして
急展開して去って行った。

藪の中から逃げ出してきたその小動物……
イタチもテンも実際のものを見たことないけれど…
フェレットをひと周り大きくした感じで
茶色と黄色の毛で、しっぽが体と同じくらい大きくて
ふさふさしていた。
動きが早すぎてびっくり……
あれじゃ、ぶんた、追いつけないんじゃないかな……

しばらくして、ぶんたが根負けして
ススキの藪から帰って来た。
ぜいぜいしてる。
しかも鼻先が、ススキの葉で切れたのか血が出てた。
手ぬぐいでひょいと拭いたらすぐ止まった。

と……
また……

1107225_convert_20110723213832.jpg
へび……にょろにょろ~
今度はかなり長いへびが道の中央にいすわっていた。
1メートル30センチくらい……
ぶんたはぜんぜん気付かず、へびを踏まないで
偶然にもまたいでわたったのでほっとした。

それでも、へびは動かない。
にょろにょろもしない……
さっきの小へびといい、この大へびといい、
なぜにょろにょろしないんだろう?
ただじぃっとしてかたまってるようだった……
1107223_convert_20110723213730.jpg
へへ♪オレ様にびびったんだ、きっと
そ、……そうかもね……

    ★バフッとひと押し?★
へびの世界になんかあったのかしら…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ゴーヤ実る♪ 

台風6号が来るとここ数日テレビをつけると
ニュースで流れてて……
関東にも来るのだから、
それはそれは風がふいてさぞかし大変な事になるだろうと
思って、とりあえず、すだれをはずす事に……

くるくると巻いてとりあえず撤去……
IMG_4534_convert_20110722211214.jpg
しばし休息のすだれ……

風が吹きまくって飛んでいってしまったら大変だ。
軒に、フックをつけて、そこにすだれをかけていた。
すだれの両端の竹にS字のフックをひっかけて
それに軒のフックにさらにひっかけているので
不規則な大風が吹いたらはずれてしまうので……
(過去にもそんな事あったけ……)
IMG_4537_convert_20110722211248.jpg
日よけがなくなったじょ?

確かにすだれをはずすと日よけ効果がなくなるけど
外は曇り空……
いたしかたないんだよ、ぶんた……

と……?
すだれを撤去してみたら、先月ほどに植えたゴーヤが……
IMG_4529_convert_20110722211330.jpg
実をつけていた……

IMG_4530_convert_20110722211404.jpg
ここにも……

ちっこい……パソコンのマウスほどかな?
ゴーヤのネットの裏側にすだれをしておいたので
気付かなかったけれど、すだれをはずしたら
よくわかった。

そして、観察すると……
例えて言うなら鷹の爪?くらいのゴーヤの実予備軍が
三つくらいあった……

ほんとに実がなるんかいね?……って思ったけど
なるんだね。
どうか、鷹の爪くらいから、お店で売ってる
ゴーヤくらいに、頑張って大きくなってね♪

しかしながら……植物のチカラ……凄しっ!!!!!
IMG_4532_convert_20110722211441.jpg
食べていいかい?
ダメダメッ!!!!!!!

    ★バフッとひと押し?★
ゴーヤチャンプル~食べたいなぁ~
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 なでしこ 

7月18日

二、三日前、鯛超と、18日の朝方は女子のワールドカップの
決勝戦だね、と話してた。
でも朝の3時頃かららしいので見れたらみよう…と。
初めて、携帯のアラームを朝の3時に設定したのだけれど
設定のしかたが間違っていたのか
ふと目がさめたら3時40分頃だった。

がーがー寝てる鯛超に
「もう始まっちゃってるから寝る」と言ったら
ねむけまなこで
「3時45分キックオフだよ…」と……

それで、テレビをつけたらまさに始まる所だった。
それから、見始めたら
眠気が徐々に覚め……
後半のモーガン(フリーマンと呼んでた)の1点で
完全に頭がすっきりして。
さらにミヤマの同点ゴールで興奮し、ぶんたも飛び起き。

そして延長のワンバックのゴールで落胆し、
やがて澤のミラクルシュートでいつのまにか私も
部屋中を飛び回っていた。
さらに、岩清水のレッドカードで朝っぱらから
もう、緊張度が頂点に達し、そしてPK……

優勝決定シュートが決まり、
集まる選手たち……
そして、朝からねまきで号泣した……
IMG_4542_convert_20110722210407.jpg
寝不足だじょ……

ぶんたは熟睡してるものの
私が「わー」とか「ぎゃー」とか言うので
そのたびに
「何があったんだ?」って飛び起きてやって来てた。

高校野球の北海道苫小牧と早稲田実業の試合も感動した。
確かWBCの優勝も感動してブログに書いた。
けれど、スポーツの試合を見てこんなに号泣してのは
人生初めてで……

IMG_4544_convert_20110722210448.jpg
思わずスポーツ新聞など買ってみた
……でもまだ読んでない……

どんな映画や、ドラマよりもドラマちっくで
号泣する試合だったのだけれど
とにかく、早朝と言うかほぼ夜中に起きて
集中して試合を見て興奮して、最後に泣いたら
どぉ~っと疲れが出てしまった。
一日何もできなかった。
まさに、なでしこショック……

IMG_4547_convert_20110722210521.jpg
それって……

言わないでもいいよ、ぶんた。

IMG_4548_convert_20110722210552.jpg
トシじゃないっすか?
まさに……

    ★バフッとひと押し?★
なでしこJAPAN感動をありがとう!!!!
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 大渋滞 

7月16日

私は東京の、今住んでいる所のすぐ近くで生まれた。
母が働いていたので祖母が主にみてくれた。
それから二年後、弟が生まれてまもなく
父と母と祖母と弟と私は神奈川へ引っ越した。

家族五人……小田急線沿いの地、
落語の「大山参り」の舞台の大山と言う山がよく
見える街で笑いながら、時にはまじでけんかしながら、
みんなで生活した。

やがて、祖母が逝き、私が一人暮らしをし……
(あ、祖母が逝く前に弟が結婚して家を出てた)
そして私が結婚して二、三年後に父が他界し……

そして、母は東京の私の家の近くに越してきて……
楽しかったかけがいのない五人家族は
四人になり、三人になり、そして二人、一人になって……
棲みかであった、大山がよく見える、
建て増しして二階建の昭和な感じの家はもう誰かのもになっている。

……なんて感傷的だけれど、そんなものだ。
歳月をかさねるにつれて家族は成長し、
時にはばらばらになったり、誰かが天国へ逝ったり…
そしてそれぞれの生活を抱えるように
なるのだな……

それでもお墓はずうっとその場所にあるわけで……
そんなわけで今日は
祖母と父の法事で、○回忌のめぐりがちょうど重なったので
そうする事になった。

母は数日前から来てくれる人の手土産なんかを
買いに伊勢丹まで行ったり
祖母と父の写真を選んで一冊にまとめたり…と
かなりテンションがあがっていた。

朝、8時。
神奈川の厚木市のお寺で11時からのお経には
余裕で間に合うと思いきやっ!!!!!!
東名高速に乗ったら大渋滞でぜんぜん動かない……
後にはもどれないので、料金所を通過してすぐの
川崎出口で降りる事に……

その時点でもう10時過ぎていた。
それから、田園都市線の宮前平と言う
初めて行った駅で母をおろし、私は荷物を積んだ車を
ひたすら246号線を、厚木市めざして
アクセル踏んだ……わけだけれど
アクセル踏むと言うか、246号線も大渋滞。
のろのろ、のろのろ行くだけ……
110716_convert_20110722210332.jpg
沿線の写真も撮れたりできた
建築中の屋根に昇って働いてる人……
背後に竹の林があるから少しは涼しい風が吹いてるのだろうか?
などと、車中とは違う外の暑さを気にしたり…

それにしても、動かない……
やがて、既にお寺にいる弟とのやりとりで
お経は終わり……
お墓参りも終わり(なんとか母は間に合った)……
そして、みんな会食のお店に向かい……
やがて、会が始まり……

その頃になると「今、どこ?」って
電話が頻繁にかかってきた。
どうにもこうにもあと8キロほどなのに
246は相変わらず大渋滞で……

おまけに、トイレに行きたくて
やっと見つけたコンビニに寄ったら、レジもトイレも大渋滞…
それでも、お返しの、お菓子や
祖母と父のアルバムを届けなきゃいけないから
気が遠くなりながらも会食のお店を目指したわけで……
その前にせめてお墓参りをしたかったけれど
解散になったら大変なのでとにかくお店へ直行して…と。

そんな時、やな事ばかり考える。
誰かのせいにしたくなる。
顔がひきつってるのがよくわかる……

と……前方に……
1107162_convert_20110722204407.jpg
大山が見えた……
四歳の頃からずうっとその山を見ながら育った。
ああ、私はあんなステキな山が見える所に住んでたのだ…
久しぶりに大山を見たら涙があふれてきた。
(きっと大渋滞のためだろう)

それで、大山を見たら、緊張してイライラした気持ちが
ほぐれていった。

……そんなわけで、普通なら高速使って1時間のところを
6時間かけてようやっと到着した。
東名高速の大和トンネル付近で大きな事故があったらしい……

もう、体力的にはぼろぼろだったけれど
おばあちゃんの妹さんが91歳、93歳とまだ健在で会えた。
手を見たら、おばあちゃんの手とそっくりで
たくさん握らせてもらった。
涙が出た……(きっと大渋滞のためだろう)

それから父の職場の人も来てくれて
父と話しをしてる気持ちになってまたウルウルと……
(きっと大渋滞のためだろう)
6時間かけて到着した甲斐があった。

解散後、お墓参りをして家路に……
帰ったらもう、ヘトヘトだった……
IMG_4552_convert_20110722204448.jpg
おいらはおてけぼりか?
ぶんたが一緒だったら……ぞっとする……

    ★バフッとひと押し?★
  エコノミー症候群寸前だった…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 蝉よ、どうした 

7月15日……

台風が近づいているせいか、蒸し暑くなってきた。
まるで空に雲のふたがあって
その下にいる私たちは、蒸されてるみたいな……
さしづめ、シュウマイ?
ここ数日暑いものの、わりとからっとしてたのに
ちょっと動くと汗が噴き出るし……

そう言えば……
蝉が鳴かない……と思って、鯛超に言ったら
ネットでも話題になってるらしいよ…と。
去年の今頃はぶんたと散歩に行く公園は
蝉の大合唱のような気がしたのだけれど……

蝉よ、どうした?
3月の地震のせい?
地面の中身も揺れたせいでもしかして
幼虫がどうにかなってしまったのかしら?
毎年この時期夜のお散歩をすると
幼虫が穴からはいだして一生懸命地面を歩いたり
木の幹を這いあがったりしてた。

その幼虫の様は
触れればこわれてしまうくらい青白くてはかなくて
やわらかそうで、
どうか、早く、孵化して蝉になれ、ガンバレ、って
エールをおくってたのだけど。
そんなはかない蝉の幼虫だから、
地面がぐねぐねしたりしたら、つぶれて死んじゃったり
したのかな?と、思ったりした。
それから、まさか放射能の影響なんじゃないか?とも
思ったりして、蝉がいつもほど鳴かない事が
自然に何か変化があったと言う気になったりした。

そんな事を思いながらぶんたといつもの公園を
お散歩してたら……
1107141_convert_20110715120646.jpg
カタツムリがいた……
でぇ~んでぇんむしむし♪かぁたつむりっぃ~♪って
よく唄ってたけれど
うぉお~~久々に出会った!!!!!!!
子供の頃はよく見かけたけど、何年ぶりだろう?
こんな、大きなカタツムリ……
直径三センチほど?

それからしばらく行くと、
一匹の虫が目の前をよぎってあわやぶつかりそうに
なったので驚いたのだけれど、
その虫が着陸したのは……

1107142_convert_20110715120714.jpg
ケヤキの幹だった……
……って……
カナブンだった。
しかもそこはカナブンであふれかえっていた。
私の目の前を飛んだカナブンは後から参加したにも
かかわらず、「お前、どけよ~」みたいな
感じで必死に木の幹のとある場所にくらいついてた。
樹液が出てたのだろうか?

写真は6匹だけれど実はこのまわりにも
倍の数のカナブンがうろついてて
ちょっと…あまり……見るに耐えない?みたいな……
虫も1匹だけならいけど
大量だとちょっとかんべんだな…と改めて思った。

なんだか、蝉には遭遇しないけれど
あまり見かけない虫たちに出会う今日だな……と
思ってたら、今度は……

1107143_convert_20110715120739.jpg
黒アゲハが休んでた

しなだれた植木に、髪飾りのようにとまってた。

黒アゲハ…も久しぶりかもね。
休んでいるのだろうか?
どうか、ぶんた、そっとしといてあげてね……

と、願った矢先、ぶんたが
「なんじゃ?こりゃ?」って思ったのか
鼻先を黒アゲハにつけようとしたので……
飛んで行ってしまった……

1107144_convert_20110715120803.jpg
おいらの髪飾り?
いや、黒だから、つけてもわかんないし……

    ★バフッとひと押し?★
  カタツムリもカナブンも黒アゲハも
     がんばってるのに………
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 アンジェラちゃん元気♪ 

ぶんたとのお散歩……最近は
夕方6時前後に行くことにしている。
その頃になると風だけでなく空気も少し温度が下がって
確かに歩けば汗だくだけれど
それでも日中のむわっとした暑さとはかけはなれてて……
1107133_convert_20110715114932.jpg
おや?これは……
バギーカーがおいてあった。
そう、
お散歩途中に通るヒマラヤ杉の木立にアンジェラちゃんがいた。

1107131_convert_20110715114838.jpg
ここは気持ちいいわねぇ~
アンジェラちゃんにそう声かけられた気がした。

その、ヒマラヤ杉のこだちの一帯は
何故だか温度が他よりも2、3度低くて
それはそれは気持ちの良い風がふきぬけていく絶好の場所なのだ。

そこで、アンジェラちゃんがお散歩と言うか
外の空気を楽しんでいた。
そこまではバギーカーに乗って……
アンジェラちゃんちのおかあさんや、娘さんと一緒に……

アンジェラちゃん、おん年16歳、確か今年の12月で17歳に。
大型犬でそんな長生きのわんちゃんって初めて会った気がする。

四月に会った時は、立っているのも大変だったようだけれど
今日は、一生懸命足をふんばりながら
杉の葉の落ちたやわらかい地面を歩いてた。
ずうっと元気だ。
1107135_convert_20110715115024.jpg
おいらなんてひよっこ……
そう、ひよっこ。
大先輩なんだよ、アンジェラちゃんは……

アンジェラちゃんのケーキの話しを前にお嬢さんが
話してくれて、とってもほのぼのした気持ちになった。

それは……
何歳かの頃から、アンジェラちゃんのお誕生日には
いつも決まったケーキ屋さんで本当のケーキを注文して
家族みんなでお祝いするそうな……
注文の際、必ず
「アンジェラちゃん○歳お誕生日おめでとう」と
プレートに書いてもらっていたらしい。

で、昨年の誕生日の時、おかあさんがいつものように
いつものケーキ屋さんで
「アンジェラちゃん16歳お誕生日おめでとう」って
お店の人にお願いした。

そうしたらお店の人が
「もう16歳なんですか?」と嬉しそうに……。
それでおかあさんが
「そうなんですよ~」とやや言葉をかみしめながら……。
店員さんが「いや、もうステキな娘さんでしょうね。若さいっぱい」と。
で、おかあさんが
「もう……おばあちゃんだし足腰が弱っちゃってね…」
そこで、店員さんが「へ?」…はてな?な状況に陥ったそうな…

で、おかあさん、はっとして「犬なんですよ~」って。
二人で笑い合ったとさ……
どうやらその店員さんはずっとアンジェラちゃんは
ハーフの女の子だと思っていたらしく……

なんだか愛情あふれるステキな話しだ。
そんな愛にあふれる中でアンジェラちゃん頑張ってるんだなぁ。

1107132_convert_20110715114908.jpg
あなたも長生きしなさいよ
アンジェラちゃんがそうぶんたに声かけてくれたような…

こうして会って、その体をなぜて、それだけで
長寿にあやかれるような……そして、なんだろう
年を重ねたからこそのオーラのようなものが
アンジェラちゃんがら出てるような気がする。
会えただけでシアワセな気持ちになれるのだ。
ね、ぶんた……

1107134_convert_20110715114958.jpg
長生きすればケーキたくさん食えるじょ
そこかいっ!!!!!!


    ★バフッとひと押し?★
人間年齢にしたら、アンちゃん109歳!!!
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ほおづき 

IMG_4522_convert_20110714160653.jpg
なに、いそいそしてるんだい?

外のベランダと部屋の中を
行き来してる私に、ぶんたがそう、聞いてきたような……
行き来するたびに、
網戸を閉める「ピシャ」って音がする。

なんだかこの夏は蚊が少ないような気がするもの、
網戸をあけはなったら、たぶん、蚊のお家に
我が家の部屋はなってしまうかもしれない。

なのに……ぶんたは鼻先でひょいと網戸を開けて
ベランダに出てしまう。
お願いだか開けたらしめてくれ(訓練中)。
それは、ぶんたがベランダに出て
私が部屋に入って「おいで」って言うと来るのだけれど
その際に必ずおやつをあげてたからで。

だから、ぶんたがそんな時、ベランダに出ようとするのは
必ず頭の中心に、出て……呼ばれて……部屋に入ったら…
おやつ、もらえるじょ~って思考があるわけで。
このお約束どうにかならんかね……
IMG_4519_convert_20110714160625.jpg
お、なんかあるじょっ!!!!
そんなお約束でベランダに出てきたぶんたが
新しい臭いに反応した。

それは……
IMG_4514_convert_20110714160524.jpg
浅草のほおづき……
お水をあげようと部屋とベランダをいそいそと
行き来してた。

会社に送られたほおづき。
かれこれ20年来の仕事のおつきあいのあるライターの
Sさんからの突然の贈り物だった。
お水をあげてた庶務のHちゃんと話してて
「土日はどうしよう……」って言うので相談のあげく
私が家に持って帰って世話する事に……

だって、いっぱい緑色のほおづきがなっているのだもの。
枯らしてしまったらがっかりだし……

IMG_4517_convert_20110714160554.jpg
必ず、橙色にするぞ~

緑のふさにそう、誓った。

ほおづき……
子供の頃、庭にあって、
母に教えられて、よく、まあるく橙色になったその実を
ゆっくりもんで、そして中のタネなどを丁寧に出して
そして口に含んで
「ブー、ブー」?「ビュッビュッ」みたいな音を出した。

父に小言を言われた時、
ほおづきを口に入れて
「ビュッビュッ」って音出して無言じゃないけど
無言の反応をしたりしたっけ……
父は「何言ってるんだ?」ってかえしたけど……

でも、きっと私の反論がほおづきの音から
伝わったのかもしれないね……
その時ほおづきの音は「ちっ」みたいな?
それもある意味楽しい想い出なわけで。

そんな子供の頃の、夏の想い出が蘇って来たのだ。
このほおづきで……
ありがとう、Sさん。
IMG_4523_convert_20110714160726.jpg
おやつ、まだ?
思いめぐらせてたら、ぶんたはおやつの前ですっとオスワリしてた……


    ★バフッとひと押し?★
 鉢が小さいから植えかえた方がいいのかな……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 七輪 

1107102_convert_20110714131958.jpg
おいらのゴハン?
……ぶんた、さっき食べたばかりじゃない。
ゆうゴハンを……

外のデッキで七輪をしようと思って
野菜や肉の準備をしてたら、期待度まんまんの顔でやって来た。
お散歩から帰って、ゴハンをもらって満腹になると
たいてい、横になってぐうぐう寝始めるのだけれど、
私が台所に立ってると、な~ぁんか期待して
すたすたとやって来るんだよね。

それは適度に?無視して(生のとうもろこしのはしっこを少しあげた)
炭がそろそろいい具合になって来たので
鯛超は温泉とゴルフの打ちっぱなしの練習に行ったきり
まだ帰って来てないが、先にちびちび焼き始めよう。

まずはとうもろこし、それからエリンギも焼いちゃおう、
ああ、そら豆がスーパーになぜかなかったのが残念……
それでもって、ちびちび焼いてたつもりなのに
鯛超が帰って来ないものだから
いつのまにか、みな、どっぷり焼き色がつき
もう、食べちゃっても良いくらいになって来てしまった。

それで……つまらないから……
そういえばアルミの鍋があったから
それを使おうと思って…
1107101_convert_20110714131926.jpg
トマト鍋?
たまネギとにんにくとトマトとオリーブオイル…
鍋って言うのかな?
いや、トマトソースか?
なんだかわからないけど結構いけるぞ。
焼き肉のたれにいいかも……
1107103_convert_20110714132034.jpg
おいらのゴハンみたいだ…
確かに……
これにドッグフードがぱらぱらかかってたら
見た目、ぶんたのゴハンかも……

お?鯛超が帰ってきたよ、ぶんた。
さあ、メインの焼き肉を始めるとするか……
お腹がぐぅ~と鳴ってしまった。

1107104_convert_20110714132115.jpg
おいらも腹減った♪
だから、ぶんたはさっき食べたでしょうが…

    ★バフッとひと押し?★
 ぶんたの辞書に満腹と言う文字はない…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 嬉しいできごと♪ 

7月9日……

絵を描いていた。
庭と言っていいのだろうか、その家のデッキからの眺めを…
炉を中心に手前のドウダンツツジや奥のシラカバ、
そして小鳥のえさのお皿などを画面に配置して
せっせと、時間を忘れて描いていた。

と……

1107094_convert_20110713104734.jpg
鳥小屋が?
かれこれ三年ほど前だろうか……
小鳥がよく来るので鳥小屋を奥のシラカバの木に取り付けた。
でも、入居者はなかった。
ある年は
お隣の家のガスのメーターにかわいい巣が作って
あったのを見て感動したけれど
なんで、あの家には入居してくれないんだろう?
と、がっかりもした……

その鳥小屋が……
なんだか傾いてるように見えた。
それで、鳥小屋の前に行ってみた。
1107091_convert_20110713103932.jpg
ん?やっぱり?

1107092_convert_20110713104023.jpg
傾いてるじゃないか…
先週は、傾いてなかったのに、何故?
風でも吹いて傾いてしまったのだろうか?
そう思っていたら……

シラカバの小枝にシジュウカラが
小さな虫をくわえてとまっているのが見えた。
最近、シジュウカラはひまわりの種をえさ場に食べにこないな…
と思ってた矢先だったので、じぃっと見てた。

そしたらそのシジュウカラもなんだかこっちをじっと
見返しているみたいだったのだけれど……
なんと、その後、鳥小屋に入っていったのだ。
すると、中からヒナが鳴くチチチチチッって声が
いっせいに聞こえてきたのだ。

ああ!!!!!
やっとこの鳥小屋に住んでくれたのだね。
殆どあきらめてたのに、ようやっと……
苦節三年……
小屋が傾いてたのは、ヒナがいるからだったんだ……

でも、……ヒナが大きくなって小屋ごと落ちたりしないかしら?
そんな事を想像したらぞっとした。
なんだか急に心配になって、
ちゃんと頑丈になおしてあげた方がいのかと思ったけれど
大事な子育ての時、そんな事して
ダイジョウブなのだろうか?

結局、何もしないで、運を小屋にまかしたけど。
どうか、小鳥が飛び立つまで、
築三年の鳥小屋よ、もっておくれ……

1107096_convert_20110713104203.jpg
運を小屋にまかそう……
……でも心配……見に行こうか……

    ★バフッとひと押し?★
  やっぱり補強しておけばよかった…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ビブラムとアザミ 

7月8日……

お山へ向かって高低差のある高速を走り、インターを出てから
さらに上り坂を行く……
標高1200mくらい?だったっけ……
車の窓を開けると、外の空気がいっきに流れ込んで来た。
先週のようにしめっぽい風ではなく、からりとした風。
もう、梅雨開けたと思うんだけどな……

そう、確信しながら、ふと前方を見ると
山に大きな入道雲がかかっていた
1107081_convert_20110712145050.jpg
やっぱり梅雨、開けだ。

お山に到着して、家に風を通してそして
ぶんたとお散歩に出かける。
今日は何を楽しみにしてたかと言えば……
1107082_convert_20110712145128.jpg
腕カバー……
ちゃう、ちゃう。
これは、日よけ&虫よけ&藪やとげよけ……のためで。

そう、何が楽しみかって……

1107083_convert_20110712145157.jpg
もったいぶるな……

はい……

1107084_convert_20110712145227.jpg
五本指シューズでの山歩き♪

イタリアのビブラムと言う、初めて登山靴を開発した
会社の三代目のなんとかヤンニだか
なんちゃらニーニって名前の人が作ったらしい。

もともと靴底の開発に力を入れてたようで、
このビブラムの靴の裏は見た事もない模様で……
足あとつけたらどんなになるのかも興味深い。

そんなわけで、ビブラム。
正直、アスファルトは適してない。
地面が硬いから衝撃がじかにかかととかに来るので……
そしてお山へ……
もう、これが、本当に大地を踏みしめて歩いているようで
土のやわらかさや硬さを感じ
しっかり足をふみしめて歩くことができるのだ。
そして驚く事に、普通のスニーカーの何倍も
力強く坂道を登れる。

今までは、まやかしに歩いてたのかもしれない…
なんて思ったりして。
ま、ある意味、野性人に戻ったみたいな?
縄文人の気分になったみたいな?
狩りだってできそうだぞ…なんて気持ちが強気になったみたいな…

ところがどっこい……
足の甲を包む生地が非常に素足に近い感じで
薄めに作られているので
アザミをふんずけると痛い……のだ。

さらに、普通の靴だとまったくわからなかったけど
このお山のアザミ度はかなり高く
いたるところに、そのトゲトゲの葉があるわけで。
まるで地雷をさけてあるくかのように
しばしアザミよけ歩行になってしまった。
時折「いたっ!!!!」なんて言いながら……
縄文人になるなんて程遠い……

1107085_convert_20110712145300.jpg
ぶんたはアザミ、痛くないのかな…

1107086_convert_20110712145335.jpg
けっ!!!!おいらの肉球の方が凄いじょ

ビブラム社にぶんたの肉球シューズの開発をお願いしてみようか……

★バフッとひと押し?★
   そうか!!!!
薄い生地をぶん毛で覆えば
アザミも痛くないかも……
    ↓↓↓
今日も笑顔なら…

 七夕、見つけた♪ 

7月7日……
七夕…おりひめとひこぼしが天の川で出会う日。
公園の管理事務所の前に毎年笹が立てられて
短冊がおいてあって誰でも願い事を書いて
飾れるようにしてある。

今年はやはり、震災の事や原発の事を書いてる人が
多かった。
私はと言えば、そんなたくさんの願い事があるのだから
今年は控えて、みんなの願いが叶いますように…って
心の中で願うだけで短冊には書かなかった…

……なんて言うと美談なハナシみたいだけれど
実のところ言うとぶんたが一緒だったので
うろうろするぶんたと一緒じゃ
短冊に字も書けないし、笹を倒してしまいそうだったので……
そんな余裕がなかったってところがほんとかもしれないね。
IMG_4506_convert_20110708221345.jpg
ゴーヤがずいぶん伸びてきた
六月のはじめ頃に植えたゴーヤのつるは
みるみる伸びて来て、イチバン元気なつるは
もうすぐのきに届きそうな勢い……

日中は、「枯れちゃったの?」と心配になるくらい
葉っぱがくたくたになってしまう。
どうやらゴーヤは葉っぱの表側に日光があたると
裏側から水分を発散して、それが「緑のカーテン」って
言われる所以になっているらしいのだけれど…

我が家のは、少ないせいかまだ、緑のカーテンまでに
なってないような……
果たしてゴーヤはなるんだろうか?
IMG_4509_convert_20110708221450.jpg
ゴーヤ、うまいんか?
にがいんだよ~ぶんた。
でももし大量になったら、ぶんたに1本くらい
まるごとあげてみようか?
「にがっ!!!!!」って顔するのだろうか?
それとも、そんな味覚はなくてばりばり食べるんだろうか?

にがっ!!!!ってするぶんたの顔を想像して
ほくそえみながら、
夕方、ゴーヤにお水をあげてたら……

IMG_4507_convert_20110708221422.jpg
ゴーヤの花が……

IMG_4512_convert_20110708221548.jpg
お星様みたいだったよ…
今晩は曇りで、天の川は見れない…って
天気予報で言ってたけれど、
こんなところに天の川?

黄色い星がきらきら光るかしら……
おりひめとひこぼしも、ゴーヤの花の天の川で
落ちあったりしてね♪

IMG_4510_convert_20110708221518.jpg
おいらのおりひめはいずこ?
ぶんたもいい年だしね~

    ★バフッとひと押し?★
  ぶんたのおりひめ募集中……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 クールビズ 

7月5日……
なんだかもう、梅雨が明けたんじゃないかと思う。
夕方や夜中になってから降る雨は
真夏のさ中の夕立ちみたいなもので……
雲を見ると半分入道雲になりかけのものなぞも
あったりして、梅雨が明けたんじゃないか?と
テレビの天気予報士の言葉を疑いの目で見てるわけで…

家じゅうの窓を開けて網戸にすると
公園側の方から涼しい風が入って来る。
それでも、午後2時頃になるとやっぱり「暑っ!!!!」と……

ここ数日は、家にいる時、
保冷剤をてぬぐいでキャンディーみたいに包んで
首に巻いている。
これが、結構涼しいのだ……

で、ぶんたにもぶんた用のてぬぐいを提供してあげて
保冷剤の首まきをしてあげた。
1107043_convert_20110707163118.jpg
なんかデカくね?

え?涼しいでしょ?

1107042_convert_20110707163047.jpg
なんか……デカくね?

いいじゃん、大きい方が長持ちするし。
ぶんたの場合、小さいのだとすぐとけちゃうんだもん。

1107041_convert_20110707163003.jpg
なんか重くね?
やっぱ、そうだね……

    ★バフッとひと押し?★
    夏を乗り切るじょ~~
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 はきもの 

IMG_4493_convert_20110707161712.jpg
ZZZZ………
暑いのでぶんたは、より涼しい場所を探して寝てる。
我が家で涼しいのは二階よりも一階。
私が二階で汗かきながら奮闘してる時もぶんたは
気にもせず涼しい場所にいた………。

それはそれでありがたい事で。
いろいろしてる際についてまわられると
ぶんたがじゃまで、しっぽをふんずけちゃったり……
逆にぶんたが私の足を踏んで「いたっ!!!!」なんて
言う事もあるのだ。

だから家にいてもスリッパは必需品で……
IMG_4497_convert_20110707161753.jpg
すでに半年たったスリッパ
はきつかれたそのスリッパは
ガムテープで補強しまくってたけど……。
いよいよくたびれてきたし、暑くなってきて
冬仕様のこのスリッパをおしゃかにして……

IMG_4499_convert_20110707161853.jpg
夏用のスリッパに……
素足ではいても気持ちいい。


そして、先週、用事があって久しぶりに新宿に行った時
南口を歩いてて思わず立ち寄ったアウトドアのお店で
思わず購入した指のあるスニーカー……
IMG_4502_convert_20110707161941.jpg
指のある?スニーカー?
なんて言うのかしらないけれど
外国の靴底を作ってるメーカーが作ったらしい。
ずいぶん前にこの存在を知って、ああ、はいてみたい…
と思ってって、そしてそのアウトドアのお店に
たまたまあって。
で、はいてみて……
店員さんが「品切れ状態であと在庫の一足だけで……」などとの
やりとりを経たらいつのまに買ってしまった。

いや~でも、
これはいて、お山でお散歩したら気持ちいいだろうなぁ~~
ほとんど裸足でいるような感覚で……
確かにはく時は
親指のところになか指までも一緒に入っちゃったりして
はくのに時間がかかるけど
「足の指、広げるのに慣れてくればダイジョウブですよ」って
店員さんが言ってた。

家ではくスリッパも大切だkれど
外ではく、スニーカーも大切だ。
はだしで野山を歩く事を夢見て、
ここ数日、この指われスニーカーをはく練習をしてるわけで……
IMG_4504_convert_20110707162017.jpg
おいらの肉球か?
そうだね、ぶんたの肉球みたいなもんだ……


    ★バフッとひと押し?★
 しかし、はくのに時間がかかる……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 炉の掃除 

ああ、お山に来たのは
ぶんたのお誕生日のプレゼントに、お山のお散歩を
たっぷりさせてあげよう…って事もあったのだけど…。

土曜日の今日は
お隣の田中さん夫妻とゴルフをする事になってって。
ぶんたはお留守ぶん……ってわけで。
そして、私も頑張って朝早くに起きて
お散歩に行ってそれからこのお山の家からすぐの
ゴルフ場へ向かってまずは打ちっぱなしで
練習して……

近場のそのゴルフコースでは
ゴルフプロの中島さんを中心とするトーナメントが
開かれていた。

こりゃ…ゴルフプロもまわってるコースだし
頑張らなけりゃ…って思ってたものの
最初の一打を打った瞬間……腰が……
昨年、病院に行ったら
「腰の疲労骨折だね」って言われた。
冬場は冷えのせいか重荷になってたけれど
暖かくなって調子がよかったのに……

そう言うわけで、
ハーフでリタイアしてしまった。もったいないけど……
でも、田中さんとの楽しいゴルフを
腰が痛いために、嫌な感じにしたくなかったし。
なにせ、限界……と思ったわけで。
無理しない性分もあってか……


それでもって、10時半過ぎには家に帰った。
ぶんたは喜んでたけれど
途中リタイアした私はかなりブルーだった……

でも、ブルーになっててもしょうがないので
気になってた、庭の炉の掃除をする事に……

1107021_convert_20110707145902.jpg
よく燃えた……

1107025_convert_20110707150122.jpg
けむいじょ…
お山のその「炉」はそう……
一人で穴を掘って、下に砂利を敷き詰めて
近くの水なし川から大きな石を集めて車に積んで
それから、枕木を買って来て炉のまわりにしつらえて……

思えば、それは父が亡くなってしばらくの頃だった。
もともとお山の家は父が大好きだった場所で
だから、なんとなく、炉を一人で作ってる時も
父と一緒になって作ってた気分になってたのかもしれない。

きっと父が生きてたら私と一緒になって
あーだこーだ言いながら炉を作ってたかもしれないね。
そんな事を思いながら火をおこす。
1107022_convert_20110707145931.jpg
よく燃えてる……
秋から冬のあいだ、立ち枯れたきぎなどを
炉にほうっておいたものも含めて、燃やすと
パチパチ音をたててよく燃えた。
松の葉っぱはメリメリとよく燃える。

そんな炎を見つめながら、
父がもしいたらどんな話しを一緒にしたのかな……と
思ったりした。
1107024_convert_20110707150153.jpg
おかげで炉、きれいになりました

ぶんたはと言えば、けむいのもイヤなのと
パチパチ言う木々の音がこわいのとで
ずっと家にこもってた。
1107023_convert_20110707150016.jpg
ゴルフのリタイアはいいのか?
炉の掃除をしてたら、リタイアでブルーの件はすっかり忘れてた……


    ★バフッとひと押し?★
  ドライバーショットもいいけど、
    炎を見つめるのもいいじょ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんたの誕生日とちゃめの命日 

7月1日。
一年の半分くらいが過ぎてしまった日。
そして今日はちゃめの四回忌でもある。
さらに、ぶんたの四歳の誕生日でもある。

ぶんたを保護した時、2007年の11月。
すぐに動物病院に連れて行ったら歯の綺麗さを見て先生が
「八か月くらいかな……」って診断した。
さかのぼると三月くらいが誕生日になるのだろう。
けれど、それもまったくわからない……

ワンダチの「かんべえくん」って黒ラブは
どう見ても大人な犬なのに八カ月だと聞いて驚いたっけ。
だから、ぶんたと出会った時果たして八カ月かどうかも
わからない。
だって、ぶんたはその時、既に大きくて、初めて見つけた
時は「小熊か?」と思ったのだから……

そう言う訳で、ちゃめがなくなって四カ月後のその
ぶんたとの出会いも含めて
あえて、ちゃめが天国へ行った7月1日をぶんたの
誕生日とする事にした。

ぶんた、お誕生日、おめでとう。
そして、ちゃめ、
天国へ逝って四年、お空から、私とぶんたとの
やりとりをしっぽを振って笑って見てるのかしら……

……そんな事思ってるだけで
瞳がにじんできた……
年のせいかな……

大切な人でも、犬でも逝ってしまった時は
絶望に近い思いの日々であるものの、
月日が経つとその絶望感は癒えてくるのだろうか?
今日、ちゃめの命日でもある7月1日。
ぶんたのお誕生日でもあるこの日は
大切な日なんだ……

そこで、お山に行って……
ぶんたへの最高のプレゼントでもあるロングコースの
お散歩をした……
ちゃめとも何度か一緒にお散歩したその場所は
私にとってのパワースポットでもあって。

そこで、山や空や木々に囲まれぶんたといると
いつの間にか、おねの向こうから
「何してるのよ~」って、お姉さんの
ちゃめがぶんたに向かって走って来るように思う場所なんだな。
1107012_convert_20110707145702.jpg
でへっ!!!!!

そしてたぶん、ぶんたにとっても何よりものプレゼントだと思って。

1107011_convert_20110707145608.jpg
だはっ!!!!!!

大型犬の年齢を人に換算すると、おおよそ
最初の一年は12歳でそれから一年ごとに7歳年を
とっていくそうで……
その数式からするとぶんたは32歳くらいなのだ。

まったく、中身が変わってなく
子犬みたいなので、改めて換算してみてびっくり。
ぶんたもいい大人の、成人男子なんだ……

一年で7歳年とるなら、
六ヶ月で3歳半、
一ヶ月で半歳とちょっとくらい年をとって行くんだね。
ぶんたは……
私にとってのひと月はぶんたにとっての
半年ぶんくらいなんだ……と思った。
だから、ぶんたの1分1秒は本当に貴重な
1分1秒なんだな……

お山の空気をいっぱいに吸いながら、
青々としげったから松の林や、うす曇りの空を見上げながら
「ああ、どうかぶんたと一緒のこの瞬間がずっと続きますように…」と
お山の神に祈ったわけで……
1107013_convert_20110707145831.jpg
ちゃめねえちゃんがいたじょ…!!!

えええっ!!!!!いーなーぁ……

森からかえったぶんたが、
そんなふうに報告した気がした……
ちゃめ、ぶんたを守ってね……

………
お山でのちゃめのゴハンシーン。
以前、鯛超が音楽作ってYOU TUBEにアップしてくれた。

↓↓↓↓↓↓↓↓



    ★バフッとひと押し?★
   ぶんたもちゃめを見習おう!!!!
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。