calendar

          09« 2011/10 »11          
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 道案内 

1110316_convert_20111101120100.jpg
早く行こうよ♪
ちょっと真剣に歩くと汗ばむような10月の終わり、
ぶんたが、お散歩に催促する。
鯛超は朝早くゴルフに出かけてしまって
いつもの朝のお散歩は、私と一緒に行く事になったわけで…

朝のお散歩は気持ちいい。
鯛超が朝ご飯を作っていてくれたら、私が
ぶんたと毎朝お散歩に行きたいくらいだ。
少しひんやりした空気、
ウォーキングやジョギングの人々が行き交う。
朝日もキラキラ気持ち良い。
1110312_convert_20111101115946.jpg
木漏れ日の川沿いの遊歩道

1110311_convert_20111101115928.jpg
亀も朝の甲羅干しか…

河の岩によじのぼって甲羅干ししてる亀を見て
朝からまったりとした気持ちになり
今日も一日、あせらず急がずゆる~い一日になるのだろうか?
なんてぼんやり考えていた。

1110313_convert_20111101120006.jpg
ぶんたがあくびをした
亀を眺める私を待っているのに疲れたのか、
はたまた眠いのか?

と。
「すいませ~ん」と声をかけられた。
朝から人に声かけられるとテンションがあがるのだな、と思った。

ぶんたを連れてるせいかひと月に一度、多いときは二度の割合で
人に道案内を訪ねられる。
今月は二度目だった。
確か三週間ほど前の土曜日の朝、一人で歩いてる女の人に
「ヒコーキ公園はどこですか?」って聞かれた。

そして今日。
声のヌシの自転車に乗ったお母さんは後ろに小5くらいの
やはり自転車に乗った男の子を引き連れ
「大宮八幡宮はどちらですか?」と。

自転車の前輪は大宮八幡宮とは逆方向に向かっていた。
ふりむいて
「次の橋を左に曲がると少しカーブの
坂道になっていてそれを昇りきった右側に鳥居が
あるのでわかると思いますよ」と伝えた。

坊やは無愛想だったけれど、と、言うか迷ってしまって
きっとテンパっていたのだろう、お母さんは元気よく
お礼を言って逆方向へ去って行った。

で、ぶんたと私もUターンして帰る所だったので
同じ方向に歩き出したら
なんと、次の橋を渡ってる親子の姿が見えたのだけれど
それは、私の言った橋じゃなかったのだった。

「すいませ~んっ。おかあぁぁさぁ~んっ!!」と叫んだら
自転車のお母さんが停まって気づいてくれた。
駆け寄って
「ごめんなさい。次の橋じゃなくて
次の次の、橋でした。
だからこの次の橋がホントの曲がる橋です」と…
お母さん、「そ、そうなんですか…ご丁寧に」と
急いでたのかそれだけ言って息子と去る。

そして、また後に続くようにぶんたと歩いてると
今度は坂の途中の歩道で自転車止めて携帯電話
かけてるお母さんと息子の姿が……
ああ、もうその坂を上りきれば大宮八幡につくのに…

と、思って、ぶんたと一緒に親子の方へ行き
「もうすぐそこですよ」と声かけた。
たぶんお母さんは不安になって誰かに電話して
確かめてたのかもしれない。
1110314_convert_20111101120025.jpg
すいませんね……
と、また言い残して先に行ったけれど坂道が
急で自転車をひいて歩き出したので
結局、私とぶんたと一緒に
大宮八幡宮の鳥居に到着したのだった。

おせっかいかもしれなかったけれど
最初に間違って教えちゃったしね…罪滅ぼし。
そしてせっかくだから大宮八幡宮によって、
「神様、私のおっちょこちょいをどうかなおしてください」
とお願いして、家路へと急いだ日曜日の朝だった。
1110315_convert_20111101120042.jpg
まだ迷ってるじょ
まさか……

    ★バフッとひと押し?★
   親子自転車、着いてよかった……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 女優 

お天気の良い土曜日のお昼すぎ…ピンポーン!と
玄関のベルが鳴った。
ぶんたがとたんにワンワンと吠える。
なんだろう?と思って出ると、
前にいきなりとびこみで
「さるすべりの剪定した方がいいですよ」と、
やはりピンポーンとした、造園の人だった。

とはいえ、さるすべりの花は終わったものの
まだ葉っぱが茂っていて
「もう?」と思って聞いたららば、
「今のうちに刈っておいた方が枯れ葉の掃除もしなくていいですよね」
と言う、ひかえめな、その言葉に
「じゃあ、お願いします…」と。

なにせ、我が家のさるすべりは縦に長く伸びるタイプのもので
さらに、地下のドライエリアのそばにはえてるものだから
とうてい素人にはたちうちできないわけで…
それで、もうすぐ年末も押し迫ってくるわけだし
今のうちでも、さるすべりにとってもいいなら
そうしてもらおうと言う事になった。
IMG_4707_convert_20111030170805.jpg
キリンさん号みたいなトラックが…
前回は社長のお父さんとその息子さんが
長い脚立を組んでそれをさるすべりに立てかけて
その脚立のてっぺんで、はさみを操る…と言う
私からすると神業みたいな事をしてたのだけれど
今回は最強の装備だった。
IMG_4710_convert_20111030170822.jpg
安全でごきげんだよ♪
社長さんが高い所からそう言う。
それなら、そこに行ってみたいな…と思ったけれど
お仕事中に邪魔しちゃいけないしね。
社長さんは
「さるすべりってのは、花よりも立ち姿っつうのか
 幹のなめらかさが大切なんだよ」
「そうなんですか」私が下から声をあげる。
「だからうまい具合に剪定して、こぶとか作ったりして
幹の美しさを眺めるんだ」って少し訛りまじりの
べらんめえ調で教えてくれた。

確かに、さるすべりの幹は猿もすべるって言うくらい
他の木に比べてつるつるしてるしなめらかだよなぁ…
私もそんなお肌になれたらなぁ…と、擬人化したりして。
と……
伐採した枝を片付けてる息子さんが
「今、そこに深田キョーコさんがいましたよ」と。

振り返ったら公園入ってすぐの橋のあたりに
人だかりが。
どうやらドラマの撮影をやっていたようで。
ぶんたも、剪定してる社長さんに
ワンワン吠えて、近所迷惑どころか
撮影迷惑かもしれない…と思って一緒に見に行った。
IMG_4705_convert_20111030170726.jpg
なんだ、なんだぁ?
ぶんた、深キョーがいるんだよ。
会えるといいね…
女優さんだよ。
主役はってる。
女優さんはたくさんいるけれど主役する人って
少ないのだから、見て損はないじょ。

IMG_4704_convert_20111030170709.jpg
撮影も大詰めのようで…
人が多くてどこにその女優さんがいるのか
なかなか見つからなかった。

すると…
犬とたわむれてる人がいた。
トイプードルと…
IMG_4703_convert_20111030170651.jpg
女優さんだった。
待ち時間だったらしく
通りがかりのお散歩のトイプードルと
話しこんでいた。
そう言えば、深キョーはトイプードル飼ってた
ような…

しかしながら、女優さん。
テレビより三分の一くらい…
テレビって膨張して写るんだ…ってその昔、
「今日のワンコ」にちゃめと出た時
ちゃめはともかく、自分が膨張してる事に驚いたっけ。
大変だ、女優さんて…
肌もさるすべりの様に綺麗にしてなきゃいけないし
よりやせてなきゃいけないんだな。

そんな努力してるのに
待ち時間に気軽にワンコに声かけるのって
いい人なんだし、女優慣れしてるんだろうなぁ。
と、しみじみ思った。
IMG_4706_convert_20111030170747.jpg
深キョーラブユー♥
ぶんた、ファンになったのか?

    ★バフッとひと押し?★
  声はかけられなかったけれど、
  ぶんたの事、まっすぐ見てたよ♪
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 パジャマDOG 

朝の7時にNHKのEテレの「シャキーン」を見てる大人は
私だけだろうか?
もっじゃもじゃのカツラをかぶった、
レモンガスのCMに出ていた女の子、あやめちゃんが
大木のおじさん、ジュモクとネコのネコッパチと一緒に
15分の番組を進行して行く。
最近、妹ぶんのアユちゃんと、樹木の妖精のウロベーも
加わって賑やかになった。

先日、朝いつものようにシャキーンにして朝ご飯の
準備などしてたら
「ニドネ♪ニドネ♪二~ドネ~♪」と言うシャンソン風の曲が
かかっていて、「なんだろ?」と思った頃にはその唄は
終わってしまっていた。

メロディーのワンフレーズだけが耳の中をぐるぐる回る時って
あると思うけれど、その日一日、その
「ニドネ♪ニドネ♪二~ドネ~♪」が耳だけでなく頭の中まで
繰り返し、繰り返しかかっていて
「ニドネってなんなんだっ!」って気になっていたのだけれど…
後でわかったのは
ニドネは「二度寝」の事だった。
一度起きて、「あと5分…」ってまた寝る「二度寝」が
どんなにか気持ちのいいものかって言う唄だったのだ。

なんてごきげんな唄なんだろう…
好きになってしまった…ニドネ♪
IMG_4684_convert_20111028105438.jpg
ニドネは気持ちいいじょ♪
ぶんたも、お山じゃしないけれど
普段、我が家ではよく「ニドネ」をしてる。
鯛超と私が起きて、身支度などしてると一人で
ベットでニドネしてたりするのだ。

と……ぶんた……その格好は?
IMG_4691_convert_20111028105505.jpg
パジャマ、試着してます

そうなのだ。
膀胱炎になってあまり体は冷やさない方がいい。
ぶんたは寒がりで冬の寒い時などは布団にもぐったりする。
でも、最近、一緒の布団で寝させないくせをつけた。
だから、パジャマを着させる事にしたのだ。

楽しくなって、調子にのって帽子もかぶせてしまった。
IMG_4695_convert_20111028105600.jpg
似合ってる?

うん、似合ってる、似合ってる。
昔、昔、ポンキッキだか、ピンポンパンだったか
忘れてしまったけれど「パジャママン」って唄がかかってたっけ。
「パジャパジャ♪パジャパジャ♪パジャママァン♪」の
繰り返しから始まる唄。
夜になるとパジャママンに変身して戦う?みたいな唄だったろうか?

ぶんたのパジャマ姿を見て、鼻歌が
「ニドネ♪ニドネ♪二~ドネ~♪」の唄から、いつの間にか
「パジャパジャ♪パジャパジャ♪パジャママァン♪」になっていた。
IMG_4696_convert_20111028105619.jpg
頭が幼児化してるじょ
ぶんたのそのツッコミ、反論できないかも……

IMG_4698_convert_20111028105636.jpg
どうするんだ…?
いまさら…どうにもならんだろう…
 
   ★バフッとひと押し?★
パジャマ着たぶんたが大人に見えた……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんたまた膀胱炎に… 

ぶんたに、また、膀胱炎かと思われる症状が出た。
血尿が、テラコッタの床に落ちてた。
ああ、確か前にもあったな…と思って一時的かなと
様子を見てたら、かなり頻繁になってきて
これは病院に行かないといけないな、と思って。

ひどくなると結石や腎炎とか膀胱に腫瘍ができたりする…
などと、「犬の病気の基礎知識」の本を久しぶりに
引っ張りだして読んでみたら、気がせいた。

麻酔とか、手術とか、ぶんたがそんな事になったらと
想像しただけで、身につまされる思いがする。
日頃は「こらっ!」とか「ばかっ!」とか怒る時もあるけれど
やはり口がきけないぶんたが、もし痛い思いや不安な思いを
する事になったとしたら切なくて仕方なくなるだろうな……
1110262_convert_20111026193529.jpg
いやだなぁ…もう…
待合室で呼ばれるのを待ってるとき、
ぶんたが大きくため息をついた。

ほぼ一年前の11月に膀胱炎になった時の朝と同じように
鯛超とぶんたがお散歩に行くのに同行して
ぶんたのおしっこを採取した。
ペットボトルを半分に切って、ビニール袋を手袋がわりにして。
まったく、その様子が、一年前と同じで
先生に言われた事も一年前と同じで、もしかしたら
ぶんたの膀胱炎はこの時期の風物詩になるのではないか?
来年ももしかしたら…。

そして、二度目と言う事もあって、私が
「腎炎とかではないですよね」と少しつっこんだ質問を
したので、いつも見てくれるかにえ先生も
「抗生物質を飲んでそれでも症状が出るようなら
 エコーなどで調べてみましょう」と。
人間なみだ……

そして、かにえ先生は触診でぶんたの下っ腹の様子を
さぐってくれた。丁寧に…
「いまの所痛みもないみたいだし、しこりのようなものもないです」と。
さらに、お尻の穴から指でさぐる診察…も念のためしてくれた。

ぶんた、最初の頃は嫌だったりすると先生に「うう…」と
うなったりして先生がちょっとひいてしまっていたけれど
まあ、おりこう、
お尻の穴に指を入れられ、ようく見てもらってる時もじぃっと
していた。
「うん、大丈夫でしょう」と、診察が終わると
「我慢したんだじょ~」と言いたいのか妙に興奮して
先生の顔なめたり、私の方へすりよって来たり
それなりに診察と言う空気が読めたのだろうか。
1110261_convert_20111026193510.jpg
はぁ~おわった、おわった♪
診察後のぶんたは風呂上がりの時のように
すっきり、さっぱりした顔をしてた気がする。

木枯らし一号が吹いた秋の日、
「筋状の雲が…」と天気予報で言われてた。
空を見上げたら、綺麗なうろこぐもが見えた。
これもこの季節の風物詩。
1110263_convert_20111026193408.jpg
どうか……

1110264_convert_20111026193432.jpg
ぶんたの膀胱炎が…

1110265_convert_20111026193451.jpg
風物詩になりませんように…
筋状の雲に祈ってどうする…

    ★バフッとひと押し?★
 同じように雲の写メしてる人がいた
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 骨董市での再会 

お山から帰って来た日曜日……
IMG_4676_convert_20111024093129.jpg
あ″~ぐだびれだぁ~
お山から帰って来るとぶんたはいつになく
眠りこけている。
お山で遊びすぎたからか?
はたまた、二時間ほどのドライブが疲れるのか。
ケージに入れてじっとさせておくしつけを
最初からすれば良かったと後悔……

お山のスーパーでまだ売っていた安くて美味しい
ブロッコリーなどの野菜とか、
荷物を整理してる間、ぶんたは休みながらも
こちらの様子を薄目を開けて伺っていたりする。

ま、ゆっくり休んでよぶんた。
そこで静かにねんねしてないさい♪
こっちはこっちでマイペースでお仕事できるしね。

そこで、土曜日の台が原宿の骨董市
嬉しかった再会があって、思い悩んだ結果、購入して来た
お茶セットを新聞紙からごそごそ出す事に……
IMG_4658_convert_20111024093308.jpg
とりあえずならべてみた

3年前に同じ骨董市で購入したどんぶりと一緒に…
その時、思わず目にとまって、しばらくそれを焼いた
若い女の子とおしゃべりして、結局気に入ってどんぶりを買った。
今年の焼き具合は、三年前のどんぶりより
土の濁りがなくて綺麗に仕上がっていた。

どちらかと言うと、素朴な感じの焼き物が好きなのだな。
あと、藍色って言うのが心引かれる。
そんなどんぶりを買ったお店がまた出店していたのだった。
お店のテントのすみで、その女性がすわっていた。
でも、今年はその隣にお似合いの男性もすわっていた。

私がじっくり見ても「いらっしゃいませ」って来る事もなく
それは三年前と同じだった。
おしつけるのでなく、それはたぶん
「目に留まっていいと思う人だけ、もし、買ってくれたら
うれしい……」みたいな、ある意味自信なのかもしれない。

一度、立ち止まって他へ行って、それから再度また見て、
そして三度目にやっぱり、急須が欲しいなぁと思った。
その間、二時間くらい……
トシとったせいなのだろうか、最近緑茶ばかり飲んでいる。
麦茶や玄米茶や黒豆茶系の茶色いお茶も良いけれど
なぜか、緑茶のあのにがさがやみつきになって。
ああ、これで飲んだらさらに美味しいだろうな…と
想像してみたわけで……

三年前のどんぶりは、毎日使っている。
鯛超が朝、うどんを食べるのに…
でも、未だにかけたりせず結構丈夫なのだ。
五年前に石垣島で購入した茶器は……
IMG_4668_convert_20111024093041.jpg
ふちが微妙にかけてしまった
お気に入りの唐辛子の絵柄の方が……
骨董市のどんぶりほど使ってないのに……

そんなこんなで、結局、急須と湯のみのセットを
買う事に決めて、いよいよ、そこで三年前にどんぶりを買った事を
伝えて、そして、まけてもらって、晴れて手に入れたのだった。
IMG_4670_convert_20111024093057.jpg
こそくな手段を使ったな……

でも、その女の子から女性に成長した店主は
たいそう喜んでくれたんだよ。

IMG_4671_convert_20111024093112.jpg
ぞ…そうだったのがよぉ~……
眠いなら寝てなさいっ

   ★バフッとひと押し?★
「茶の味」の映画がまた見たくなった
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 軍艦ウエノハラ 

先日、土曜日の朝、傘をさしてぶんたとお散歩へ出た。
傘をさしたとたん、大きな雨粒が傘に降って
ポンポン、ドン、トン…♪と音をたてた。
傘が太鼓になった瞬間(笑)

いつもビニール傘を使ってたけれど
その時は、父が昔使っていた大きなベージュの傘をさした。
トントン太鼓のように響く傘、父とおしゃべりしてる
ような気分に一瞬なった。

そんな昨日のお天気とは一変して
朝日が差し込むお山の朝だった。
今日はお天気になるのだろう……
雨でかすんでいた景色もその朝は鮮明に見えた。
1110231_convert_20111024100039.jpg
木々の紅葉も真っ盛り…
鳥達の鳴き声が枝から枝へとからむように響き。
ふとお隣の庭の唐松に何やら動くもの発見。
リス、だった。
空中散歩をするかのように木の幹から幹へと
渡り歩いていた。

ぶんたがもしリスに気づいたら、大変、大変。
とうてい捕まえる事なんて無理なのに
木に昇らんばかりに追いかけるのだから……
むなしく響くぶんたの吠え声なんて聞きたくないもんなぁ。
1110232_convert_20111024100106.jpg
ちぇっ!!
そそくさと、家を後にしてお山の方へ行ってみた。
すすきの穂が、雨でしめっている。
ぶんたはあっと言う間に泳いで来たかのように
びしょぬれに……
そんなのおかまいなしって感じで短いお山の秋を
精一杯楽しんでいたかのようだった……
1110234_convert_20111024100123.jpg
真っ赤だなぁ♪
小学校六年生の時の合唱大会で歌った
「真っ赤な秋」の唄を急に思い出して歌ってみたりする。
そんなこんなで、お散歩を済ませ、
昨日作ったカレーを食べ、掃除をして、戸締まりして、
お山を出発した。

そう言えば……
中央道の上野原の付近で「軍艦」が見れる、との
情報を前々から入手したものの
いつも、忘れてしまって見逃してしまっていた。

鯛超にその事を話したら「ほんとかい?」と興味津々なので
いよいよ、談合坂で休憩のあと、
「もう少し、かな?」
「ここかな?」などと話しながら
三車線の道の一番左側をゆっくりと走ってもらった。

と……
1110235_convert_20111024100204.jpg
おお。軍艦!!!!!
背後の山をバックに写真中央に位置する軍艦。
右手に向かって発進してるかのような……
神社の森と鉄塔がミックスして軍艦のように見えるらしい。
鯛超が思わず
「しょぼいぞ」って言ったけれど、それもそのはず
既に紅葉がはじまっていて、軍艦の形のもとになってる木々の
葉っぱがおちかけているようだった。
見頃はやっぱり、木々生い茂る夏真っ盛りの頃なのだ。

それにしても、誰が軍艦だって気づいたのかなぁ。
その感覚が面白いな。
私も何か探してみようかな……
1110236_convert_20111024100222.jpg
だはっ!!!!!
お山の海坊主発見!!

   ★バフッとひと押し?★
    来年の夏が楽しみだ♪
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 台が原宿の骨董市 

土曜日、あいにくの雨、だった。
最初はしとしと…だったのに、やがてざんざん降りになって
ああ、これじゃ骨董市に行けないかな…と空を見上げた。

3年前に行った骨董市
それは旧甲州街道沿いにある酒屋、七賢さんのお店を中心に
通り沿いを通行止めにして
各地からいろんな人が出店して開催される。

手作りの品々や、どこかで仕入れて来た骨董品などの数々。
骨董品と言っても、古い倉からひっぱりだしてきたような
のこぎりとか、機織りの機械の一部とかそんなものが置いてある。

やがて、雨が落ち着いて来たので母を誘って行ってみる事に。
当初、出かけるのがおっくうだったのかあまり
乗り気じゃなかった母も、
「ここ行こう」「ここ入ろう」と言ってうろちょろうろちょろ。
「この箪笥、実家のお蔵にあるのよ」とか
「これは××にするもの」とか見慣れない道具を解説したり。
1110222_convert_20111024095404.jpg
七賢のお店にも入った
古い造りの建物で間口は普通なのにその奥が
迷路みたいになっていて
それはそれはたくさんのお店があった。
目についたのは古い着物、古い食器、古い道具…などのお店。

さっそく入ってすぐの所にお菓子の型押しの
木の枠がたくさんあったのでしゃがみこんで
吟味した。
幅5センチ、長さ30センチほどの厚めの板に
取っ手がついてて、そこに彫り物がしてある。
栗の型だったり、鳥の型だったり。
そこに練り菓子をつめて同じ物をたくさん作るっていう
ある意味、創意工夫のひと品。
お店の人は
「お菓子造りだけじゃなく、陶芸で使うって言う人もいて
めぜらしいのは箪笥にはめ込むって言ってた人も…」
中でも七福神の顔が小さく彫り込んである木型は
とっても気になったけれど3800円もすると言う。
やめた…
1110221_convert_20111024095338.jpg
ステキな陶器のボタンも売ってた
あまりにも可愛いので思わず写真を撮ったら
背後から
「撮るんだったらまず撮っていいですか?と聞いてから撮ってよ」
と、顔は温和なのに、言葉がやけにとげとげしいおじさんが言う。
お店の人がいないな…と思ってたら
背後にいたわけで。
にしても、なんだかもんもんとして二度と来るもんかって思った。

そして気を取り直して、すっかりそんなおじさんに
もんく言われた事も忘れた頃、
とあるお店のすみにあったのが、炭を置いておく器…
「台十能」と言うらしい。

銅製の器の底には5000円と値札があった。
「3000円ならなぁ」と言ったらおじさんが
「いいよ」と軽く言うので…さらに
「2800円じゃだめですか?」って聞いたら
「だめ、だめ、仕入れ値だもん」って言う。
仕方なくあきらめてその場を離れたけれど……

あちこちめぐってもう一度そのお店に通りかかったら
おばさんが大きな横断幕の布を抱えて
おじさんと金額交渉していた。
おじさん「9000円」
おばさん「8000円じゃだめ?」
おおじさん「う~ん」
おばさん「いいでしょっ」
私……「9000円でも安いかも」って参加したら
おばさん「そう?」おじさん「そう」
おばさん「じゃ、仕方ない9000円」と言うわけで
商談成立したのだった。
1110223_convert_20111024095427.jpg
骨董市は商談交渉が必須か?

……しばらくして、私が台十能を手に取り
台十能がいかに便利かをおじさんから聞くなどして
そして最後に「やっぱり3000円ですか?」って聞いたら
「じゃぁあ……2500円でいいよ」って言ってくれた。
1110224_convert_20111024095451.jpg
はれて手に入れた台十能
綺麗にふいて銅もピカピカにすれば生まれ変わるかもね。

しかしながら、骨董市の金額交渉って
腹のさぐりあいって言うか、なんと言うか
たぶん、お値段は値切られるの前提で表示してあるのかな。
でもそんな値切り交渉だってお店の主人との
コミュニケーションの一つで、値切られないとお店の人も
つまんなかったりしてね。
1110225_convert_20111024095527.jpg
ホントに買い、だったのか?
ぎくっ!!!!!

   ★バフッとひと押し?★
ネットで調べたら新品は3400円だった…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 きのこの季節 

三週間ぶりのお山へ到着した。
ふぅ~はぁ~もう山欠(さんけつ=山、欠乏症)ぎりぎりだった。
車のドアを開けて、やわらかな松葉の地面に足をおとして
そして、
紅葉のさかりの景色をおかずに、
おいしい空気のごはんを思いっきり吸い込んだ。

結構寒いのだろうな…と思いきや、そんな事なかった。
暑くもなく、かといって涼しいって感じでもなく……
秋風が吹けば、もう、秋、真っ盛りの気候だった。
1110226_convert_20111024095547.jpg
秋山のうんちくはもういいだろ
ぶんたが、もたもたしてないで
早く外へ行こうぜって目をして見つめた。
いろいろやる事があったのでとりあえず
近場をちょろちょろとお散歩する事に……

それから、買い物に行ったら……
道すがら、イチョウの木がすごい事になっていた。
1110211_convert_20111024095035.jpg
まっきっきぃに色づいていた
ぶんたと毎日お散歩する公園では
イチョウの木はまだ黄色くなってない。
銀杏の実が風で落ちていて数人のおじさんや
おばさんがビニール袋片手に競うように拾っている光景は
目にするのだけれど……
みごとに黄金色に変身したイチョウの木の下には
数人の観光客らしき人々が写真を撮っていた。

デッキには落ち葉がたくさん落ちていた。
ほうきで掃除してるそばから
空から、白樺の葉っぱがはらはらと落ちて来る。
と、家のわきに一台の車がゆっくりと停まった。

なんだろう。
家のわきの道は、坂道で車が駐車する事はめったにない。
うちに用がある人なのだろうか?と思って
様子を伺っていると、おばさんがおりてきて
境界線のりょうぶの生け垣の根元あたりに
しゃがみこんでいる。

はてな?なんだろう?
すると今度はりょうぶの枝の間からウチの庭の
方へ手を伸ばして何かしてるではないか。

「どうされたんですか?」と思わず声をかけたら
「ああ、きのこがね…」と言ってもいでる。
一緒に来た母が周辺にはえるきのこを
楽しみにしてたのを思い出して
「ウチの母も楽しみにしてるんですよ。きのこの季節ですね」
って言ったら、もいだきのこをかくすようにして
そそくさと車に乗り込んで行ってしまった。
1110213_convert_20111024095101.jpg
これは毒きのこだろうか?
隣のおばさんの家の庭にもはえていた。
きっと昔はにょきにょきはえていたんだろうな。

きのこは、舞茸とえのきとしめじとエリンギくらいしか
わからないので私が母をひきあいに出して
そんな事言うのもなんだかなぁと思ったけれど
きのこのためなら、よその家まで入って行って
採っちゃううぞ、くらいきのこ好きなんだろうか?
あるいは
公園での銀杏争奪戦もそうだけれど
なんだか、身近な秋の味覚が少なくなって来た
せいなのだろうなぁ…
たくさんあったら、人の家まで入ってまで採ろうなんて
思わないだろうに……と、思ったわけで…
1110214_convert_20111024095129.jpg
そんなに美味しいのか?
「吠えないダケ」ってのがあったらあげるよ♪

   ★バフッとひと押し?★
 そんなお山の秋も終わりだろう…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 近所のお肉屋さん 

先週、あまり行かないスーパーへ行ったら、
野菜がとても安くて、ピーマンが10個以上入ってる
大きなひと袋が、190円で売っていた。
思わずカゴにとってしまったのだけれど、
数日たった木曜日、まだ、一度もピーマンを料理してない事に
気づいて……

会社の帰りに、そうだ、「チンジャオロース」を作ろう、と
思ってタケノコなどを買って帰った。
買って帰ってしばらくして、夜のゴハンの準備でもしようか、って
事で、はれて、冷蔵庫に眠っていたピーマンを千切りに。
新鮮が閉じ込められていた。
それからタケノコも刻んでと…

その時、はた、と気づいたのは
なんと、肉を買って来なかったのだ……
シーチキンじゃ無理だし、ハムだって違うし、やっぱり
牛肉じゃないとチンジャオロースじゃないよなぁ……

そう言うわけで、ぶんたとのお散歩がてら……
1110203_convert_20111024094702.jpg
近所のお肉屋さんへ寄った
街道沿いにあるそのお肉屋さんはもともとお肉屋さんだけれど
コンビニみたいに、調味料とかティッシュとかいろんなものが
置いてある……と説明してるけれど
実は一度も行った事がなかったのだ。

でも、犬仲間の人などが
「あそこのお肉、いいのよ~」とか
母も近いからよく利用してるみたいで
「親切なのよ~」とか小耳にはさんでいたのでいつか
行ってみようと思っていたのだ。
1110201_convert_20111024094613.jpg
ぶんた、待つ
お店の前の柵にぶんたをしっかりつないで。
スーパーなどと違って、
ウィンドウが道に面してるので私がお店の中に入って
姿を消す事もないのでぶんたも安心して待っていた。

既に子供連れのお母さんがコロッケとかハムカツを
買っていた。
忙しいお母さん、晩ご飯のおかずだろうか…
よく見たら、フライのコーナーは空っぽだった。
なんだか急に美味しそうに思えて(現物もないのに)
今度来た時は買ってみようかと……

「いらっしゃい」とおばさん。
「牛肉なんですけど」と私。
「バラ?薄切り?何がいいですか?」とおばさん。
「いやチンジャオロース作ろうと持ったらお肉なくて」って
答えたら
「じゃあ、これなんかどうかしら」と言っておばさんが
すすめたのは、少し厚めにスライスしたお肉だった。
「これ細切りにすればいいんじゃない?」って。
「うん、うん、じゃそれください」と商談成立したわけで。
それからしばし世間話などしながら、お肉を包んでもらった。

……スーパーじゃお店の人と話すなんて
物がどこにあるのか?くらいだけれど
ちょっとお話しただけで、チンジャオロース作るやる気も
倍になったような……
1110204_convert_20111024094723.jpg
ぶんた、すっかりくつろいでた
じゃまだし、しっぽふまれそうだから
慌ててさよならしてお店を後にした。

しかし、大型店ばかりの今日この頃のお店だけれど
こうして個人で頑張っているお店ってすごいなぁと
改めて思った。
ガンバレ。お肉屋さん、これからも応援するよ♪
フライも買ってみよう♪
1110202_convert_20111024094639.jpg
おいらのお肉もかってぇ~♥
ぶんたが猫なで声(?)でそう言った

   ★バフッとひと押し?★
ぶんた用のお肉にするには高くてもったいないぞ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 睡眠の秋 

まるで356歩のマーチのように
1歩進んで2歩下がる…みたいに秋がゆっくりと深まって
いるかのような気候が続いている…

なんでだか、この頃、嫌に眠たくて眠たくて
だいたい11時くらいに寝て6時に起きるという
ある意味睡眠時間はたっぷりとっているのだけれど…

夜中に暑くなって目が覚めたり、寒くて布団を肩まで
かぶりなおしてまた起きたりをしているせいだろうか?

不思議の国のアリスみたいに
ぐるぐるの森と言う森を彷徨い、道すがらクリーム色した
ライオンと、青いアルマジロに会い、最後は
さなぎの中に入っていて、暑苦しくなったと思ったら
背中にチョウチョの羽根がはえてて空へ飛んで行く…
みたいな夢を見たり、
窓の開けたら、みぞれがたくさん降っているのに
短パンをはいて会社に行こうとする無謀な挑戦を
してる自分がいる夢を見たりと……

そんな夢ばかり見てるせいか、
熟睡した感じがしなくて…
IMG_4640_convert_20111024092535.jpg
だから眠いのか?

昼までもぐーぐー寝てるぶんたがふと起きて
こっちを見た。
ぶんたにつられてソファにどっこいしょ…なんてなったが最後
すぐ、眠れてしまうのだ。
気がつくと二時間くらいたってる事だったある。

あ~あ~スペイン人になりたいなぁ
シエスタとか言う昼寝制度を取り入れて
ちょっこし眠ればスッキリするし……

何でも、健康知識系のとある番組でやってたけれど
昼寝するのって体にとても良いのだそうだ。
企業で昼寝を取り入れてるところの取材なども
やっていて、うらやましかったな。
IMG_4641_convert_20111024092556.jpg
んがっ……

ヘンな体制で寝てるもんだから鼻がつまって
ぶんたがふんが、ふんが行ってる。
まったく、もう……いい気なもんだなぁ。
何の抵抗もなく、何の気兼ねもなく寝てるんだもの……

ちょっとちょっかい出したくなって
ティッシュをこよりにして、鼻をくすぐってみた…
IMG_4643_convert_20111024092614.jpg
あ……起きた……
IMG_4645_convert_20111024092635.jpg
………
動かないぞ……
もしや目を開けたまま寝てるのだろうか?

秋の夕暮れ前は、そんなこんなのぶんただけれど…
秋の宵の口は……
IMG_4651_convert_20111024092651.jpg
ZZZZZZZ……
どれだけ寝てるんっ!!!

   ★バフッとひと押し?★
  我が家では昼寝奨励条例を制定します♪
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 オレゴンのお土産など 

IMG_4635_convert_20111018105553.jpg
フェェェェ~あつっ!!
犬のあくびは、眠いときだけじゃなくて
ストレスを感じたときにもするそうな……
確かに暑い……
10月16日、日曜日、昼下がり、東京の気温は
30度にあと0コンマ4度ほどでなりそうだった。
蝉も鳴いてる…夏みたいだ……

そんな頃、メールの着信音。
確認したら鯛超妹のRちゃんが
「急だけどお土産渡したくて。いなかったらどこかにおいてく」
との事。
鯛超は仕事に行ってたけれど
「もうすぐ帰ってくるよ」と返事をした。

しばらくして、チャイムの音。
ぶんたのけたたましく吠える声。
Rちゃん夫婦が、阿佐ヶ谷から暑い中歩いて来た。
2,30分はかかったろう……
あがってもらって、飲み物を出す。

お土産というのは
どうやらRちゃんの旦那さんがオレゴンへ出張に行っていて
そのお土産、など、だったのだ。

など、と言うのはオレゴンのお土産だけじゃなく
Rちゃんから、
カルディで買って来てくれた
鯛超の好きな「ベルカレールゥ」とか
鯛超が好きそうな「韓国のインスタントカレーラーメン」なども
あったからで…
鯛超とRちゃんはトシが七つくらい離れているけれど
ほんとに仲良しな兄妹だなぁといつも思う。
顔も似ていてRちゃんにひげをつけたら鯛超になりそうな…

そんな中……
IMG_4632_convert_20111018105442.jpg
オレゴンのスーパーのエコバッグ

えんどうまめと…

IMG_4633_convert_20111018105517.jpg
裏はなす……
なんてかわいい絵柄なんだ…って思ってたら
「おねーさん、好きでしょ?」ってRちゃんが言う。
また、ツボの品物をあてられてしまった。
Rちゃんは私の事お見通しなんだろうか……

たっぷりはいる大きなそのエコバックはリサイクルの
紙とプラスチックでできていた。
もったいなくて使えないけれど、使わないのももったいない。

とりあえず、ためてある食品トレーが入ってる
ビニール袋ごと入れたら、すっぽり入った。
トレーをスーパーに持って行く時も、
なんかウキウキ気分になりそうだ。
IMG_4636_convert_20111018105609.jpg
おいらのおやつ袋にどうだい?

ちょっと大きすぎるねぇ~

それから、ナッツなど入ったコーンフレークや
ホットチリが入っててごりごりまわして、粗挽きコショーみたいに
かけるシーズニングとか…
見た事ないものばかりだった。

最後にもう一つRちゃんが「これも、コンビニで買って来たの」
と行って缶コーヒーをくれた。
IMG_4634_convert_20111018105535.jpg
ウルトラマンつきの……
なんと、
ちょろきゅーみたいな仕組みになってる車つきの
ウルトラマンが缶コーヒーのまわりをくるくる回るのだ。
どうやらウルトラマンの車輪に磁石が入ってるらしい。
誰が考えたんだろ…
ちょろちょろとへばりついて走り回るウルトラマンを
見ると、思わず笑顔になる。

とにもかくにも…
お土産って、その土地でしかお目にかかれないものって
最高に嬉しかったりして。
土産物屋の包まれたお菓子も良いけど
スーパーで売ってる現地ならではの食材魅力的♪
暑い中持って来てくれたその品々はどれも心温まり
笑顔になれるものばかりだった……
IMG_4639_convert_20111018105628.jpg
オレゴンから愛だじょ♪
昔、そんなドラマがあったっけ…

   ★バフッとひと押し?★
 ぶんたはウルトラマンにびびってた…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…




 二番手! 

「もう、このトシになると旅行なんてだめ。
体力がないし気力もないの…」と、ある日母とおしゃべりしてたら
そんな気になる事を言う。
旅というのは気も使うだろうし、なんてったっていろんな場所を
歩き回る体力が必要だ。

母もトシ、とったけどそんな気力もないって言うのは
心配だなぁ…と思ってた。
ところが先日、携帯のメールに
「今度けいちゃん預かってくれる?」と。
どうしたんだ?と、メールでやりとりした結果
15日土曜日から一泊で高校時代の同窓会があって
山梨の石和温泉に泊まるとの事。

元気あるじゃないか。
のりのりじゃないか。
しかも、もっと前に言ってよ…予定がなかったから良かったものの…。
そう言うわけで母は、あいにくの強風と雨の中、
そんなのおかまいなしって感じでいそいそと出かけて行った。

ま、元気で何よりだね、ぶんた。
IMG_4615_convert_20111018104846.jpg
それどころじゃないじょっ!

……けいちゃんとの生活においての母の常日頃の悩みは
「食べないのよ…」とのこと。
一日、一回食べれば良い方で、おやつばかりねだって
ドッグフードやおから入りのお手製のゴハンを食べてくれないと言う。

ところがどっこい、けいちゃんは我が家に居候すると
それは良く食べるのだ。
ぶんたと同時にゴハンをあげるのだけれど
ぶんたは当然、あっと言う間にたいらげ、そして
もそもそとゆっくり食事するけいちゃんを待ってる。

そう、けいちゃんが少し残したゴハンを二番手として
律儀に待つのだ。
決して「おれにもくれっ」って割って入らないところから
すると、ちびすけだけれど、けいちゃんはおいらの先輩…
という認識がぶんたの中にあるのだろう。
IMG_4618_convert_20111018104906.jpg
おいしいよ♪

そう言うわけで、少しでもけいちゃんが残して
そして、ゴハンの器から離れた瞬間、おいらの番だっと
ばかりに、器にへばりついているおからの、かすを
ぺろぺろなめるのだけれど……
IMG_4623_convert_20111018104927.jpg
今日は時間がかかってるじょ…

けいちゃんの食べ具合からすると、これはきっと
残さず全部食べてしまいそうだよ。
我が家にいる時は、おやつなどあげないからよっぽど
おなかがすいていたのかもしれない。
母の悩みは、母がけいちゃんにおやつをあげない事で
解消するんじゃないかと、ふと思ったけれど…

翌日曜日、母が旅行から帰って来て、
「もう久しぶりで、みんなしゃべってばかり!私は聞いて
ばかりいたんだけれどねぇ~」って開口一番にしゃべり出したけど
「けいちゃんがよくゴハンを食べた事」など右から左に
聞き流してしゃべり続ける母の、
その言葉にまったく信用性はなかった…ふふ。
IMG_4628_convert_20111018104945.jpg
まだ食べてるじょっ

ぶんた、けいちゃん、完食だよ。
ぶんたのぶん、ないよ、きっと。
IMG_4631_convert_20111018105004.jpg
ちきしょ~~
器の底がすり減りそうなくらいなめてた…

   ★バフッとひと押し?★
犬の上下関係は体の大小じゃないのか…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 グリーンカレー 

1110145_convert_20111015121318.jpg
どこ、行くんだぁ?
ぶんたが、いつもと違う私の行動に反応した。

お掃除も終わり、ぶんたのお散歩も終わり
今日のご飯の準備も終わり…
その後、出かける事なんてめったにないけれど…

時刻は5時半。
既に太陽は沈み、夏のころと違ってうっすらと暗くなってきた。
そんな今日の、そんな夕刻。
急に「グリーンカレーが食べたい」と思ったわけで…

別に、つけていたTVの情報番組でグリーンカレーの
事をやっていたわけでもないのに
何故かグリーンカレーが食べたくなって…
「そうだ、明日はグリーンカレーにしよう」と思いついた。

しかしながら、グリーンカレー…
そう、タイのカレー…
ココナッツミルクがベースの辛いカレー。
鶏肉やふくろだけやタケノコやなすと一緒に
「グリーンカレーペースト」と一緒に煮込むだけ…
なのだけれど、食材がない…

そう言うわけで、バスで10分、210円。
徒歩で20分くらいの
クィンズ伊勢丹まで行く事にした。
そこにはいつも行くサミットとかよりもいろんな珍しい
食材などがあって…。

バス停に向かったらちょうど止まってって
心の中で「まってぇ~」って叫びながらダッシュしたけど
……行ってしまった。
時刻表を見たら17時26分、33分とあって。
携帯で時間をみたら17時28分だった。
2分遅れで来たって事は、次のバスも35分ころ…
あと7分くらい待たなくちゃいけない。

迷った…
歩いて行けないわけじゃない。
目的地までは四つ目の停留所なので微妙な距離なのだ。
そして、
……待つのをやめて歩きだした。
きっとグリーンカレーが食べたい一心だったかもしれない。
途中のバス停でバスが来たら乗ればいいか…とも思って…
1110141_convert_20111015121148.jpg
街道沿いのグリーンのコーン…

グリーンカレーを想像した。
目的のスーパーまでの道すがら、いつのまにか
空は暗くなって、行き交う自動車もライトをつけはじめていた。
1110142_convert_20111015121214.jpg
後続のバスはまだ来なかった

いそいそと歩いていたら
もう、こうなったら歩いて行くぞ、と決めたので
待とうとしていたバスに追いつかれるのも悔しくて
いつのまにか「いそいそ」から
「そわそわ」に変わって、半分競歩のような歩き方になって…

そうやって頑張ったのに、
もう少しで最終目的の停留所につく前に
後ろから重たいエンジンの音が聞こえて……
待ってたら乗っていたはずのバスに追い越されてしまった。

脱力感…だったのけれど、
まだまだ若いじゃないか。
頑張ったじゃないか、グリーンカレー目指して!
と、自分を褒めてあげた。

そして、晴れて、
必要な食材、グリーンカレーペーストや
ココナッツミルク、そしてパクチー。
ないと思ったら「香菜」として売っていた。
1110143_convert_20111015121234.jpg
中華食材もいっぱいあって…

しばし、袋を手に取っては
「こんなのがあるんだ」とチェックしたのだけれど
待ってる「ぶんた」と、作ろうと思ってる「グリーンカレー」の事を
思い出して「中華に浮気しちゃいけない…」と気づいて
いそいそと家路へついた。
1110146_convert_20111015121340.jpg
夜遊びか?
帰って来たらぶんたに、そう言われた気がした。

   ★バフッとひと押し?★
  夜じゃなくて夕遊びかな……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…


 ぶんた、ナンパされる 

爽やかな秋の日が続く。
ちょっとひんやりした空気と秋の木漏れ日が混ざり合って
そして、しばらく歩くとどこからともなく
金木犀の香りが漂ってくる。

金木犀の香りをかぐたびに思い出す事がある。
育った家のお隣さんの石川さん。
私が小学校に入った頃、石川さんに「ちあき=ちゃっちゃん」と言う
女の子が生まれた。
何故かその頃人見知りが激しく、友達もできなかった私は
お隣さんに女の子が生まれたと聞いて
妹ができたみたいに喜んだ。

それから、ちっちゃんが赤ちゃんの頃から遊んだ。
そして歩けるようになると毎日のように家を行き来して遊んでいた。
秋のある日、4歳頃のちっちゃんが家へ遊びに境の生け垣を
通って来たら、「トイレのにおいがする」と言う。
もしやくみとりが(当時まだその地域は水洗じゃなかった)
やって来たのか?うっへっっっぇ~と鼻をつまむ準備を
してたのだけれど一向にトラックの騒がしい音はしなかった。

次の日も、また次の日もちっちゃんは「トイレのにおいがする」と
言うのでへんだなぁと思って石川さんのおばさんに聞いたら
げらげらかっぷくよく笑い出して
「それはきっとウチの芳香剤の匂いだと思ったのよぉ。
 お宅のキンモクセイが…」

ちっちゃんちのトイレにはそのころ発売されたオシャレな
トイレの芳香剤があってそれがキンモクセイの香りだったのだ。
当時は消臭剤と言うと、緑とか黄色の丸い大きなあめ玉みたいなのが
ネットに入ってつるさげられてたけれど、そんなのが
あるんだ…と思って母に「ウチも買おうよ」と言ったら
「キンモクセイがあるからいいでしょ」と断られたっけ。

そんな事を思い出して歩いてたら向こうから
老夫婦が手を組んでお散歩していた。
そのなかむつまじいご夫婦の姿を見て
子供の頃のそんな思い出から、急に…
1110115_convert_20111012182845.jpg
老後の事とか考えたりして…
人の人生はどうなるかわからないけれど
こんなふうに、年をとって二人でなんだかんだと言いながら
よりそうように暮らして行けたらステキだなぁ…なんて
郷愁の秋か……

と、いきなり、小学三年生くらいの二人の女の子が
「犬、さわってもいいですか?」って声をかけてきた。
1110112_convert_20111012182700.jpg
ナンパされたじょ♪

金木犀の思い出のちっちゃんが引っ越してしまったのは
ちっちゃんが小学校三年生くらいの時だった。
そのちっちゃんと同じくらいの女の子。
ちっちゃんとお別れの日は抱き合って泣いたっけ。

我にかえって「いーよ、さわって。ぶんたと言うの」
と返事をしたら二人はだまってぶんたをさわる。
礼儀正しい子たちなのか
「かわいい~」とか「きもちいい~」とか声もあげず、
ギャングエイジと言われる小3くらいなのにおとなしい。

「犬好きなの」…こくんとうなづく。
「犬飼ってるの?」…二人そろって首を横にふる。
「飼うとしたらどんな犬飼いたいの?」と聞いたら
ようやっと一人の子が「ちわわ…」とこたえた。
1110111_convert_20111012182640.jpg
ち…ちわわが好きなのかぃ…

その次の会話が続かなかったので…
「飼えるといいねぇ。でも犬飼うのは大変だからね。
ご飯もお散歩も毎日だし、うんちだってするし、それから
おねえちゃんたちより早く天国にいっちゃうんだから
覚悟もしなくちゃね…」としゃべりだして、はた…と
これはしゃべりすぎだ…と思って口をつぐんだ。

しばしの沈黙。
ただただ、なでられるぶんた。
その光景を写真撮ったりほほえましく見守る私。
そして二人は声を揃えて
「ありがとうございました」と言って去っていった。
1110113_convert_20111012182721.jpg
仲良しこよしで……

気がつかなければ、あのままずうっとしゃべり続けてた気がする。
ずっと話を聞いてくれてたので……
最後は笑いなんかとろうとして、のりつっこみまでしそうだった。
ふぅ~あぶない、あぶない。
二度と声、かけられないところだったかも。
1110114_convert_20111012182816.jpg
気をつけてくれよなぁ
…私はぶんたの執事なのか?

    ★バフッとひと押し?★
 食欲の秋、芸術の秋、そして思い出の秋
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 もったいないなぁ… 

先月の台風15号の襲来以来、ぶんたと公園をお散歩してると
何度も心の中でつぶやく言葉がある…
1110123_convert_20111012183442.jpg
もったいないなぁ…

先月末、ケニア出身でノーベル平和賞も受賞した
ワンガリ・マータイさんと言う女の人が亡くなったニュース。
マータイさんは来日の際日本の「もったいない」と言う言葉に
感銘を受け「もったいない」の輪をひろげる活動をしたそうな…

子供の頃、よくおばあちゃんに「もったいないでしょ」と
言われ、その深い意味まではわからなかったけれど
調べてみたら
「もったいない」とは、仏教用語の「物体(もったい)」を否定する語で、
物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している。
……とあった。
確かに、嘆く気持ち…そうだったんだ。
1110122_convert_20111012183424.jpg
もったいないじょ

台風で倒れた木を丸太にしておいてある場所が
いくつかあるこの公園。
危ないから立ち入り禁止のテープやロープが
張られている。
ぶんたも、もったいないと思ったのかせめてもの
とむらいか、ちょちょっとマーキングした。

お山に持って行って薪にしたらそれはそれは
良い薪になって、よく燃えるのだろうなぁと想像する。
1110121_convert_20111012183404.jpg
ユリノキの丸太がごろごろ

確かにこの街じゃ、丸太や薪の需要なんてそうないし。
ゴミとして処分するしかないのだろうか。
管理事務所の人が通ったから
「薪にして安く売り出すとかしないんですか?」って
聞いたらば「人件費の方がかかっちゃうんです」と。
「そうですか…もったいないな…」とつぶやいたら
職員のおばさんが、共感したのかにこっと笑った。
思わず「持って行くのはいいの?」と聞いたら
「良いですけどねぇ」と言葉をにごして去って行った。
1110124_convert_20111012183511.jpg
持って帰るか?

……とはいえ、大きすぎて長すぎて
とうてい一人の力じゃ無理なわけで……
まだあるうちにこっそり夜中、車で来て
持って行こうかしら……
なんてたくらみながら、お散歩からの家路を急いだ今日だった。
1110125_convert_20111012183530.jpg
職務質問されないように…
あやしい人っておもわれるよねぇ

    ★バフッとひと押し?★
 もったいないからって言おうかしら
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 木造の難 

木が好きだ。
小さい頃、コロッボックルシリーズで有名な絵本作家
さとうさとると、イラストの村上勉による
「大きな木がほしい」と言う絵本を読んだ。
内容は、男の子が大きな木を欲しがるって話で
大きな木に家を(今で言うツリーハウス)建てたりして
木にやってくる鳥や動物や虫などと遊び四季を楽しむ…と言う
ざっと要約するとそんなお話だった。

何度も読んでそして、画用紙を何枚もたして
クレヨンで大きな木を描いて私なりの大きな木に住まう様子を
想像したっけ……

そう言うわけで木が好きだからもちろん
住む家だって木造がいいな、と思う。
幼い頃育った家も木造の家だった。
木のぬくもり。柱で背丈を測った印。
障子の戸をあける時の重い響き。
床板を歩くとぎしぎし言ったり。おしゃべりしてるみたいだった。

いよいよ、大人になって家を建てようとなった時も
家全体が木のぬくもり、と言うか木に包まれているような
そんな家にしたいな、と思ってイラストを描いたり
図面を書いたりして設計の人にお願いした。

ようやっと建ってかれこれ10年経つ。
その間、ベランダのデッキを塗り替えた。
木造の戸が乾燥してきしんで開かなくなった時もあった。
そして先月、お山から帰って来たら……
1110102_convert_20111012092550.jpg
車庫の門扉がかけてた。

鯛超にすぐ電話して聞いてみたら「俺じゃない」と言う。
う~ん、高さからすると丁度お隣さんに毎日来る
宅急便のトラックのドアミラーくらい。
前にも一度あたってしまってその時は宅急便のお兄さんが
弁償するからって謝罪に来てくれたけど…

ま、犯人探しに頭をさくのだったら早くぱぱっと
直しちゃおうと思って早速工務店のおじさんに
来てもらって、板、一枚、取り替えてもらう事にした。
はっかけみたいでみっともないしね。
1110101_convert_20111012092532.jpg
なんぎやなぁ
木じゃなかったらこんな事にならなかったのかな、
とも思う。
さらに、二階のベランダを支える太い柱があるのだけれど
その縦の柱を支える横の柱に3ミリほどの
亀裂が入っていた。
1110103_convert_20111012092606.jpg
雨水、たくさんすいこみそう…
受け皿みたいにきっと雨水はこの亀裂から
木の中心に入っていくに違いない。
土台の柱が腐っちゃったら…想像するだけで背筋が凍る。

それでもって工務店のおじさんと相談して
裂け目にコーキング剤のようなものを流しこんで
塗装する…と言う処置となった。

ブーフーウーのウーくんみたいにレンガの家だったら
こんな事ないかもしれない。
ブーくんのわらの家だったら気楽でいいかもしれない。
でも、なんだかんだあるけれど
やっぱりフーくんと一緒で木で造った家が憧れなんだなぁ。
1110104_convert_20111012092627.jpg
オオカミに食べられちゃうぞっ
いや……ぶんたがオオカミみたいなもんでして…



    ★バフッとひと押し?★
   ブーフーウーのウーの声は
    徹子さんだったとは!!
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 むかご 

いつもあまり行かないスーパーへ行った。
そこは、お山で行くAコープよりも野菜は高いけど
お山で行くホームセンターのJマートよりぶんたのドッグフードが安い。
でも、行き慣れてないスーパーと言うのは
どこにどの食材があるのか思い出すのに時間がかかったり
探すのに苦労し、しかもそのスーパーは
ものはたくさんあるのに敷地が狭く、人が多い。

いつもよりへとへと気分で野菜コーナーで
きのこやら何やらをカゴに入れてたら、
おお!東京でも売ってたのだ、「むかご」が…
111091_convert_20111009131723.jpg
さっそくゆでた…

お山のスーパーではこの頃になると
出ているときがあるのだけれど
東京ではめったにお目にかかれない。
茨城県産のむかごを、3パック買った。
東北支援にもなるかなぁ。
2パックをゆでてあとは炊き込みご飯にしてみようと……

むかごとは…
【食材として単に「むかご」と呼ぶ場合、
一般にはヤマノイモ・ナガイモなど山芋類のむかごを指す。
灰色で球形から楕円形、表面に少数の突起があり、葉腋につく。
塩ゆでする、煎る、コメと一緒に炊き込むなどの調理法がある。
また零余子飯(むかごめし)は晩秋・生活の季語である】と
ネットにあった。

むかごめし、って言うのが季語だったとは知らなかった。
数年前、お山で会うノエルちゃん宅にお邪魔した際
出されて食べたら美味しくて、はまってしまって、
その時に初めてこれは「むかご」なんだと知った。
むか~し、子供の頃にどこだったかは覚えてないけれど
その時の記憶が蘇って……

カリウムとかの栄養素もあるけれど
食物繊維が豊富で満腹感があって
ダイエットにもなるそうな…
食欲の秋にもってこいじゃない?
111092_convert_20111009131743.jpg
……(期待…大)

むかごが煮えた湯気の香りを察知してか
すかさずぶんたがやって来た。
しばらく無視してた……
111093_convert_20111009131814.jpg
!!!期待…超絶大!!!!!!…

…その、目ヂカラに負けて一つあげた…

111094_convert_20111009131840.jpg
あじぃっ!!!!!

ゆでたてだったので熱かったようで……
111095_convert_20111009131901.jpg
でも、もう一個!
食欲の秋だなぁ~

    ★バフッとひと押し?★
   むかご、スナック感覚でざるごと
  食べちゃいそうだった…気をつけねば…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 秋の風にふかれて… 

ああ…爽やかな季節になって来たなぁ。
空を見上げると秋のまわたの雲がゆっくりと流れてる。
日は優しくふりそそいで
時々吹く風になぞられると何とも心地よい今日この頃…
111081_convert_20111008152407.jpg
なのにおいらはインドアか…

あまりにお天気もよく洗濯日和だったので
ぶんたをつないでじゅうたんの洗濯をした。
はなしておいたら、じゅうたの上に乗ったりなんだりと
はっきり言ってじゃまなので……
本当はお山に行こうか…と思ってたのだけれど
夏になる前にしまっておいたじゅうたんを目にしたら
…これは、やらなくてはいけない使命なんだ…
と大げさに決心してじゅうたんを広げ
買っておいたじゅうたんクリーナーでお掃除した。

逆さにしてボタンをプッシュすると泡が面白いように出て
そのあとスポンジで泡をこすりこんで…と繰り返し…
111082_convert_20111008152429.jpg
おひさまに干した

今日この頃はまだ「寒い…」って感じる事がないけれど
やがて訪れる初冬の寒さに、これで準備万端。
そして屋内でふてくされてたぶんたと一緒に外へ出た。
111085_convert_20111008152621.jpg
やっぱシャバの空気は最高だじょぉ~
…なんて、大げさかもしれないけれど
ぶんたがそれくらい外の空気を吸って喜んでいた。

そうだよね、こんな日は外にいた方が
気持ちいいよね。
大好きな「ラクウショウ」の木立の群生のあたりを
通過すると、秋の風がさわさわと吹いて来た。
ふと、足下を見たら…
111084_convert_20111008152603.jpg
ラクウショウの若い実発見!
風にうながされて、枝からはなたれ落ちた緑のまあるい実。
そのまま通り過ぎる事がどうしてもできなくて
そっと拾ってポッケに入れた。
短い秋のひとときの出来事。
111083_convert_20111008152519.jpg
トイレの匂いもするじょ~♪
いや…キンモクセイの花が真っ盛りだった。

    ★バフッとひと押し?★
  それでもまだ蝉が鳴いてた……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんたくん、モテる♪ 

111043_convert_20111005100658.jpg
まちだじょ~♪街っ!!!
その日、ぶんたくんがウキウキ気分で街にくりだした。
久しぶりの「街」
どんな匂いがかげるんだろうか?
誰かステキな女の子と会えるんだろうか?
そんな期待の気持ちを胸にいだいて……

ご主人のぶんともさんが
歩いて20分くらいの浜田山商店街に用事があって
おともする事になったのだ。
「しょうがない…一緒に行こうか…」と言う
何がしょうがないんだい?と思ったけれど……

かれこれ数ヶ月、公園のお散歩と
時々のお山の森のお散歩を繰り返していたぶんたくんに
とっては「街」が楽しみで仕方なかったのだ。
111044_convert_20111005100723.jpg
炊飯器三兄弟が電気屋に並んでた
炊飯器のふたが開くだけでそこに寄って来る
ぶんたくんにとっては、
炊飯器=はくまい…だから気になったのかもしれない。
111046_convert_20111005100757.jpg
出会いがあるのか?

………
公園やお山でもステキなワン女子に出会うけれど
なんてたって「街」だから
もしかしたらオシャレな「ワン女子」に出会えるかもしれない…と
わかりやすいくらい電柱にマーキングしていたのだった。

あまりにもぶんたくんが
あっちに行ったり、こっちに行ったりするので
久しぶりに……
111045_convert_20111005100739.jpg
心なだめるおやつも買ってもらった

「ちょいあげ」と言うそのジャーキーはたいそう
美味しくて、さらに「街は最高だなぁ~」と思ったわけで…

そうして、
ご主人のぶんともさんが文房具屋さんに入る時、
近くの電柱で「待ってってね」と言って
つながれの身になった時……

通りがかった三人のマダムが……
「かわいい~」とぶんたくんに寄って来たのだった。
111041_convert_20111005100613.jpg
ワン女子じゃないのか……

ぶんたくんのそんな気持ちとはうらはらに
三人のマダムに囲まれ、なでられ、しっぽもさわられ
そして出生の秘密(拾われたって話だけれど)までも聞かれた。
盛り上がるマダムにさらに自転車で通りかかった
シニアのおばさんや、
学生のカップルの彼女が「かわいー」って言って入り……
商店街を行き過ぎる人々が何事か?って目で
通りすぎて行ったのだった。

マダム三人は犬好きで
これから繰り出すと言う渋谷の街でもしかしたら
ぶんたくんがおしゃべりのネタになってかもしれない。

とにもかくにも、
久方ぶりに繰り出した街でぶんたくんはモテモテだったのだった。
111042_convert_20111005100642.jpg
ワン女子にもてたいじょ…
がんばっ♪

    ★バフッとひと押し?★
 連れて歩く身からすると商店街のお散歩は大変だ……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 テーネンピッ 

三ヶ月前?だったろうか……
気に入っていた携帯ストラップを落としてしまった。

それは、鯛超妹のRちゃんから、ある日、
「お姉さん、好きじゃない?」って言って
もらった携帯ストラップ。
包みを開けて見たとたん
「いや~ツボ。大好き」…みたいな事を言って感動した。
誰かが何かを手にして別の誰かを想像した瞬間を
思っただけで嬉しくなったのかもしれないけど。

そして「テーネンピッ」と名付けた。
そのころ車のCMで、イラストのハイジとかペーターが
「低燃費、低燃費、低燃ピッツピッピッ」と言うそのCM。
そのイラストを描いた人のミッキー○ウスバージョンの
携帯ストラップだった。
版権などにナーバスなミッキー○ウスバーションなんて
希少価値かもしれないとも思ったし……
そこで早速携帯につけた。
111012_convert_20111004150954.jpg
テーネンピッ♪?

ぶんたの顔もテーネンピッみたいだ。
それもあったのかもしれないね。

結構大きいのでカバンがブラックホール状態になる私としては
もってこいで「テーネンピッ」を手探りすれば携帯がつかまるので
とても便利だった。
ところが……
気がついたら携帯になくて…
家の中とかブラックホール状態のカバンの中とか
会社とか探しても見つからない。

結局、あきらめたけど……

な、な、なんとっ
ぶんたとお山をお散歩してたら見つけたのだ…
三、四ヶ月経った今朝……
111011_convert_20111004150935.jpg
テーネンピッ!!!

アスファルトに積もった松葉や土に埋もれて、
しかも裏側になって(裏側は真っ黒)いたのにもかかわらず
ふと足下を見てたのかもしれないけれど
見つけた瞬間、思わず
お山の中心で「テイネンピッイ~」と叫んでしまったわけで……

松葉と泥にまぎれて耐えていた感が漂って。
早速水道でシャワーシャワーして綺麗に洗ってあげた。
111013_convert_20111004151011.jpg
さっぱり。待ってたんだよ♪

落としたと気づいてからかれこれ数ヶ月
何度もテーネンピッのいた場所を通過してたのに気がつかなかった。
行き過ぎる私やぶんたを見て
どれだけがっかりしたんだろうね。
もしかしたら踏んでたのかもしれない……
でも再会できて嬉しいよ♪

思えば思い入れのある物って落とした時
何故か見つかるような。
数々の話の中、あげるとしたら…

鯛超が結婚記念に一緒に買ったペンダントみたいのを
ある日「気がついたらなかった…思い当たる京王線の駅の中
探したんだけど……」と声を落として言うので、
私も駅の落とし物の所に行ったり、改札口を何度も往復して調べてみたけど
なかった……ところが、
数日後、たまたま会社でコピーをとってたら
コピー機のはしっこに落ちているではないかっ。

それから…
会社の社員旅行の際、
プールで朝、一人で泳いでいて、そしてまたお昼過ぎ泳ごうと
思ったところ、顔にフィットして水も入ってこない
お気に入りのゴーグルがどこを探してもなかった…
あきらめてプールに行ったら
プールサイドですでにくつろいでる、一緒に社員旅行に行った
体育会系のKさんが
「このゴーグルかっこいいでしょ♪拾ちゃった♪」と
頭につけて言うのでよく見たら
なんと、私のだった……みたいな……

思い入れのあるもの、と言うのは
どこかでつながっているのかなぁ。

111014_convert_20111004151028.jpg
そもそもなくすなっ
確かに……

    ★バフッとひと押し?★
  七転び八起きな生活…なんだ…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。