calendar

          10« 2011/11 »12          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 冬山の朝ザンポ 

そりゃあ、そりゃあ、夏山の朝は気持ち良いけど、
冬山の朝ザンポだってとっても気持ち良い。
空気がキィ~ンと冷えていて、澄んでいて、小鳥も鳴いてて
最初は鼻の頭や耳たぶの周りが冷たくて仕方なくても
しばらく歩くとぽかぽかして来る。

ぶんたとの冬山の朝ザンポ、いよいよ手袋が必要になって来た。
手袋をしながら思ったのは
秋と冬の境目ってあいまいになって来たけれど
もしかしたら手袋をした時から「冬の始まり」なんじゃ
ないかしらって思ったりした。

そう言うわけでいよいよ冬が始まったのだ~
1111262_convert_20111128093545.jpg
今シーズンお初の霜柱
太陽の日から逃れて影に隠れて
まだその姿を無事に保っている霜柱くん達がいっぱいいた。
1111261_convert_20111128093232.jpg
秋よさらば…

モミジの葉がすっかり落ちてカラカラになっていた。
モミジの葉は赤ちゃんの手みたいだな、って言うけれど
枝にくっついてる時はそうかもしれないけれど
いったん、地面に落ちてしまうと、
いっきにトシをとってしまったようで晩秋を越えて初冬を感じ…

そんな山の季節の変わり目を堪能してたところ
ぶんたはと言えば…
1111263_convert_20111128093606.jpg
ここになんかいるじょ~ぉぉっ!!

側溝の広くなってる所に入っていっちゃいそうだった。
赤い鉄板も持ち上げちゃいそうだった。
1111265_convert_20111128093625.jpg
両側からチェックしたり…

大丈夫か、ぶんた…
去勢手術してもなんも変わらないじゃないか…
もぐらか、何かいたのだろう…
人間にはわからない犬の嗅覚。おそるべし。
1111266_convert_20111128093644.jpg
お?

と、向こうからごうちゃんとあぐちゃんが県境の山から
降りて来た。
1111267_convert_20111128093701.jpg
いや、いやご無沙汰…

気のせいか、ぶんたはごうちゃんと会うと結構
ぶぅぅぅ~と言ったりするのだかけれど
そうじゃなかったような…
もしかしてこれは、手術したからかなぁ…と思ったりしたけど
ごうちゃんパパは
「ゴウスケも大きくなってから手術したけどさ、
 そんなに変わんないんだよね~」って言った。
それでもゴウちゃん、昔よりおとなしくなった
ような気がしたのだけれどなぁ…

ゴウちゃんたちもかなりの時間、冬山の朝ザンポを楽しんで
来たんだってさ、ぶんた。
1111268_convert_20111128093723.jpg
冬山の夜ザンポはしないのか?
そ…遭難しちゃうよ…

    ★バフッとひと押し?★
 帰り際、リスが木々を飛び移っていた♪
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 山の空は青かった 

三週間ぶりのお山へ向かっていた。
運転して1時間と少しが経った頃、前方右手に
八ヶ岳連峰がくっきりとあらわれていた。

空気がとても澄んでいるのがよくわかる。
空は真っ青。
そこに真っ白な雲がぽっかりと、数等の牛の様に浮いていた。
その雲の影が、八ヶ岳の色づいたと思われる山々の
所々にこれまた牛の模様の様に、落ちていた。
そんな景色を見たりしてたら
ちょうど三週間前に、高速パンク事故を起こした事を
その事故地点を通るまで、いつのまにか忘れていた。

関東も冷え込みの厳しかった朝だけに
もちろん、お山の空気もひんやりとしていた。
もちろん、家の中も…
水道線の水はぬいておいたけれど
今回は、不凍液もパイプなどに流し込んでおかないと
まずいぞ、と言う事で……

お散歩に出たら、山の空も青かった。
見上げるとこんなに綺麗な空ってあるんだろうか…
大げさだけれど、
ちょっと怖くなるくらい青い空だった。
大きく深呼吸をして目をつぶったら…
ぶんたがいきなりひっぱったので転びそうになった。
1111251_convert_20111128093115.jpg
やっほ~いっ!!

ぶんたにとっても久しぶりだし、
そしてここ最近はつながれの身でのお散歩が多かったので
試しに、ちょっと離してみる事にした。
はるか遠方に人影もないのを確認して。
1111252_convert_20111128093132.jpg
うひょぃおおぃ~

意味もなく、ぐるぐると駆け回って体ぜんだいで
喜びを表現し、その様はまさに
水を得た魚、米を得たくいしんぼう?のごとく
自由で喜びに満ちていた。

そんな、様子を見てるだけでこっちも幸せな気持ちに
なって来るのだけれど、思惑とは裏腹に…
しげみの奥の方へと姿を消した。

「ぶんた~」と呼んでみると…
1111253_convert_20111128093150.jpg
キタッ====!!

すぐにやって来た。
少しだけおやつをあげた。
ぶんたが走りまわった距離にしたら、仁丹くらいの効力しかない
ジャーキーの切れ端を……
1111254_convert_20111128093209.jpg
山の空気は最高だぜ♪
空気を食べたら、お腹いっぱいになればいいのにね。

    ★バフッとひと押し?★
 翌明け方近くの夜の星が最高だった。
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんた日記★パピーのアルマちゃん 

ここ数日、おいらは、何がなんだかわからなかった
動物病院での宿泊も終えてほっとしてた。
が、再び、今日、まんまとおやつにだまされて連れて行かれた。
また、ひとりぼっちになるのかと不安がよぎった。
しかし、いつもの大きな台にひょいと乗ったら
「いい子だね~」と褒められ、褒められてるうちに、
先生が、おいらの大切な尿道のあたりを、はさみを使って
ぱちぱちしてたと思ったら
「これで抜糸も終了です」って言った。

思わずため息ついたら、笑われた…
ま、たいした事なかった出来事だったけどさ。

それからお散歩に連れて行ってもらった♪
そしたら行く先にちっこい犬がおいらを待ってた。
1111241_convert_20111124193404.jpg
アルマって言う名の子供だった…

「カワイイ~」って飼い主のぶんともが言う。
ちゃめを思い出す~」とも言う。
おいらだけが、全てじゃないのか、と
焼きもちゴコロがふつふつとわいた。
しかも、そいつは…
1111242_convert_20111124193424.jpg
いー子だった…

飼い主の言う事は聞いていー子なくせに、
おいらにはむやみやたらにおいらにじゃれつき…
1111243_convert_20111124193454.jpg
子供はめんどくせーな…
と、思った。

ここで、一つ、おいらの凄い所を見せようと…
1111244_convert_20111124193613.jpg
ザザザッ!!!!!!

後ろ足で、地面や落ち葉をけっぽって、
オレ様の存在をアピールしたけど…
1111245_convert_20111124193649.jpg
行っちゃった…

1111246_convert_20111124193715.jpg
秋の夕日の様に寂しかった…
陽が沈んでもまた明日が来るさ…

    ★バフッとひと押し?★
     パピーはカワイイ♥
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 デッキの掃除 

ぶんたが、おんおんっ!!!!と吠えてうるさかった。
最初は二階のリビングにつないでおいたのに
デッキに作業の人が二人、行ったり来たりしてるので
そのたびに、吠えまくる…

ある意味、頼もしい番犬だ。
けれど、作業の人に声かけられると聞こえなかったりして…
結局…
IMG_4863_convert_20111124192442.jpg
一階で待機かよ…

今日は、デッキのお掃除を
ベンリーさんと言う業者さんにお願いしてその作業が
朝9時から始まったわけで…

我が家のデッキはデッキの板の下に
半透明のスチールパネルがあるのだけれど、
毎年、この頃になると公園からの落ち葉、特に
カエデの小さなプロペラが待って来る。

その落ち葉が、デッキの隙間から
スチールのパネルに降り積もり、日光を遮ったり
下から見上げると、落ち葉のショーウィンドーみたいになって。
IMG_4869_convert_20111124192519.jpg
デッキをどかしてはく作業中…

この数枚に別れたデッキの板がめちゃめちゃ重たくて
重たくて。
一年前は、自分でやっていたのだけれど
腰が痛くなった。
しかも板がぴったりになってるので
もとに戻す時に指、はさんだりして…
その時、痛さと怒りとで
「もう限界、だめっ」と思った。

そう言うわけで、
下見のちの見積もり、そして金額交渉の結果お願いする事にした。
ふうん、自分でやったら、これだけ分の仕事なんだ…と
思ったりもして…
IMG_4866_convert_20111124192459.jpg
まだ、終わらないの?

一階で待機中のぶんたはあきらめて寝てた。
30分ほどして
リーダーの橋本さんが「ちょっと休んでいいですか」と
言ってひと休み。
「かなり良い運動です」って笑顔で言ってたけれど
板をはずす作業は若い男手にとっても大変だったろう。

そしてかれこれ約二時間…
IMG_4870_convert_20111124192539.jpg
終了……
ついでに、ゴーヤのつるもとって綺麗にした。
自分で…
気軽にお願いしたら追加料金とられるのかな?なんて
思ったし…

とりあえず、年末の掃除の一つが終了したわけで…
ちなみに、ベンリーさんと言う会社はなんでも屋さんだけれど
これから年明けにかけてがイチバン忙しいらしい。
来週からは、クリスマスの電飾の飾り付けなどが立て込んでいるらしく
作業しながらも、ひっきりなしに携帯がなってたっけ…。
私もバイトできるかしら…と思ったりして。
IMG_4872_convert_20111124192558.jpg
おいらも一緒にするじょ
番犬のバイトはないと思うけど…

    ★バフッとひと押し?★
     おやつに弱い番犬だし…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 視覚より嗅覚 

IMG_4855_convert_20111124192053.jpg
オテッしてるじゃんっ!!

IMG_4856_convert_20111124192111.jpg
ガシッ!!!!!

もの凄い手ヂカラ…

ぶんたの欲しがるその先にはおやつがあったのだ…
最近、おやつの入れ物をかえたのにもかかわらず、
気づかないかと思ったらバレバレだった。

鯛超なんて、「おっ、おこし」って言って
ふたを開けてぶんたのクッキーおやつを食べちゃいそうだったのに…

そもそも
先日、人が我が家に集まった際に
いろいろ手みやげをいただいたのだけれど
いろいろすぎて、そしていっぺんに皆と挨拶して
ばたばたしてて
その中にIくんからいただいたものを冷蔵庫に入れた。

「みんなで食べきれなかったら鯛超と一緒にどうぞ…」と
言われて渡されて、
それが、カマンベールチーズかと思って(紙の袋に入ってたので)
要冷蔵と思ったのだけど…

数日して落ち着いて
「ああ、カマンベールチーズも切って出せばよかった…」と
思って袋を開けてみたら、
それはチーズじゃなくておこし…だった。
IMG_4857_convert_20111124192128.jpg
丸いおしゃれな缶に入った…
紙に一つずつ包まれたおこしが入っていた。
美味しくて、食べながら
「ああ、おこし、皆に出せば良かった」と言う後悔と
「なんでおこしを冷蔵するねんっ」と言う自分へのつっこみと…
そんな思いで食べてたらあっと言う間になくなって…

そして、からっぽになった缶をプラスチックの、かつて
白玉あんみつが入っていた入れ物から、
ぶんたのおやつ入れにする事にしたのだ。
IMG_4858_convert_20111124192145.jpg
ふたの隙間から匂うじょ♪

凄いな、犬の嗅覚は…
入れ物変えたら気づかないと思いきや
あさはかなこんたんだったのだな……


ま。ぶんたにはばれちゃったし
栄太郎アメの缶より少し大きめのそのおこしの缶は
これからずっとぶんたのおやつ入れになるわけで…
でも、なんかステキな缶からで幸せだ♪
IMG_4861_convert_20111124192202.jpg
外見より中身だじょっ
う~ん、なんか重みがあるような、ないような…

    ★バフッとひと押し?★
  雷おこししか知らなかったけど…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 甲斐犬のクッキーちゃん 

11月19日、土曜日の朝、ぶんたと一緒に
朝のお散歩へ行った。

朝の空気が気持ちいい。
少しひんやりして、いよいよ秋が終わり冬の準備を
はじめているかのような木々の景色もステキだった。

ぶんたは手術後、傷口を気にするかと思いきや
まったく、全然、何事もなかったかのように過ごしていた。
ちょっとしっぽを踏まれただけで、キャイ~ンッと叫び、
肉球の間にあせもができると気になって気になって
足の指を広げてかじったりなめたりする程、神経質なのに
綺麗に縫われた5センチほどの手術のあとはみるみる
なおっていった。
先生の腕が良いのかも?

手術をすると性格がかわったり、あまりくんくんしなくなると
聞いたけれど、ひと月ほど経たないと変化はみられないらしい。
だから今の所、お散歩も前と変わりなく
くんくんと匂いをかぎまくって…そんな姿を見てると
やがて訪れるかもしれない変化を前に
「いーよ、いーよ十分いろんな匂いをおかぎ」って
気分になってくるのだった。
1111182_convert_20111120154531.jpg
なんか、優しいじゃんか

……って目でぶんたがこっちを見る。

女の子に対する態度もいつもと変わらなかった。
1111183_convert_20111120154548.jpg
あたし、クッキーよ♪

すれ違うのがやっとの細い裏道の先で
ふせをしてぶんたを待ち構えてた甲斐犬、1歳のクッキーちゃん。
初めて会ったのに、初めてじゃないみたいな
歓迎の挨拶に、ぶんたはテンションあがりまくり♪

「なんの種類の犬?」って飼い主のおばさんに聞かれ
「いや雑種なんですよ」と。
「もしかしたら甲斐犬も入ってるかも?」って言ったら
「そーかもねー」
「クッキーのボーイフレンド♥」なんて嬉しい言葉も
かけてもらったり……
1111184_convert_20111120154605.jpg
カラスがよって来たり…

クッキーちゃんは知り合いの人が飼ってたわんちゃんから
産まれて、そしてすぐもらわれて来たそうで。
なんとなく、ぶんたと同じ雰囲気だったし
何より、なぜてみたら、ぶんたと同じように
柔らかい毛並みだった。
甲斐犬って、やわらかいんだ~としばしなぜなぜ。
1111185_convert_20111120154622.jpg
クッキーよっ!!
そんな時も、元気いっぱいのクッキーちゃんだった。
クッキーちゃんの方が積極的で、いつの間にやら
ぶんたはたじたじしてたけれど……
ああ、ぶんたもまだ
ガールフレンドができるんだね~良かったね。
1111186_convert_20111120154640.jpg
おいら、草食系だじょ
犬界でも草食系男子が増えつつあるのか…

    ★バフッとひと押し?★
  また会いたいね、クッキーちゃん
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんたがいなかった時 

ぶんたが去勢手術で入院して
一泊二日の日々、ぶんたがいつもいる
場所にいないと、部屋ががらんとしたような気がした。

改めてぶんたって大きいだけじゃなくて
鯛超と私にとっても精神的に大きな存在なのだな、と思った。
鯛超が帰って来ると、ぶんたはいつも
「うぉんおんおんおんっ」って吠えて迎えるのだけれど
ぶんたがいないから私が真似してみたり。

鯛超が出かける時も吠えるものだから
同じように「うぅん、ぐぅうん、ぎゃひぃ~」って
鯛超が真似してみたりして笑ってた。
IMG_4830_convert_20111120153955.jpg
おやつ♪おやつ♪おやつ♪

そんな感じで
なんとなく、家の中に寂しい風が吹いていたものの…
無事手術が終わったと聞いたときくらいからか
なんだか、私は開放感に浸ってしまったのだ。
ぶんたにはナイショだけれど…
IMG_4837_convert_20111120154013.jpg
な、なぬっ?

いやいや……ぶんた、正直に話すけれど
ぶんたがいなかった一泊二日の数時間、
うんと、寂しかったよ。
でもね、でも、なんか流れ行く時間がマイペースって言うか
そんな気持ちにもなったのだよ。
IMG_4839_convert_20111120154030.jpg
わびるなら、おやつくれ♪

そんな気持ちもあって
ラッパ犬状態のぶんたがねだると思わずおやつを
あげてしまうわけで…いかんいかん、
去勢手術をしたら太りやすくなるとの事、気をつけねば…

とにもかくにも、
いかにぶんたとの生活が大変なのかと言う事がわかって。
大変って言うのは、ぶんた中心の生活だから
何かと制約かあったりして、
ペースもマイペースじゃなくてぶんたペースだし。
IMG_4845_convert_20111120154106.jpg
いけないか?
いけなくない、ない。

ただ…
少し離れてみたら、ああ、たまにはぶんたも
一泊二日とかしたら、私は私でのんびりできるなぁ、みたいな
そんな気分になったのだ。
お世話になった病院は信頼できるし、
ぶんたも泊まって慣れた事だし
もしかしたら、一人になってリフレッシュしたい時は
お願いするのもありなのかなぁ…と思ったり。

ま、そんな事を思うのは
ぶんたの存在が、大きいからと改めて思ったからで…
IMG_4842_convert_20111120154049.jpg
なに、たくらんでるんだ?
いっいやっ。互いに成長しようね♪

    ★バフッとひと押し?★
   術後の経過は順調、順調。
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 手術後ラッパ犬に… 

11月16日
ぶんたの手術も無事終わって迎えに行く日。
会社へ行って慌ただしくきりあげて
車を走らせ、動物病院へ向かった。
道すがら手術の前日までは、後悔と懺悔の念…そして
手術の当日は、もう終わっちゃったからあきらめの気持ち…
そんな3日間だったなぁ…と振返っていた。

11時過ぎに到着して、受付のお姉さんと
院長のかにえ先生の奥さん(同じく受け付けなどしてる)に挨拶して
「今朝はどうでしたか?」って聞いたら
「ゴハンは全部食べて元気ですよ…でも寂しそうで(笑)」
「鼻、ならしてましたか?」と聞くと
「そうそう」

そんな話をしていたらぶんたがラッパ(鯛超とそう呼んでる)を
つけてやってきた。
待合室に来るなりラッパがぶつかってとれちゃって…
1111161_convert_20111116202642.jpg
ぶんた君、いい子だったね~
基本、ぶんたは女の人好きだから
(かつて女子にほえた事ないのだ)
ラッパをつけなおして貰う時も一時、おとなしくなったけれど

もう、再会が嬉しいのとまさかまた別れるのか?みたいな
気持ちが錯綜してるのか
今まで聞いた事のないような甘え声を鼻から出していた。

ぶぅん、びゆぅんと言いながら私にとびつき
鼻先で「なんでおいてったんだよ~」みたいに
もんくの気持ちもこめて、つつこうとするのだけれど
ラッパがあたって痛いよ、ぶんた。

とにもかくにも手術も無事だったし、
お散歩だってゴハンだってもう同じようにしていいとの事。
先生に丁寧にお礼を伝えたかったのに
「ぶんた興奮劇」に皆、爆笑でそれどころじゃなかったような
気がする。
1111162_convert_20111116202717.jpg
記念にカシャッ♪

本当に優しくて丁寧でいつも笑顔の、病院の方々に
感謝、感謝。
何より、ぶんたを可愛がってくれてた様が
ぶんたへの話しかける言葉ひとつ一つからにじみでていて
嬉しかった。
どうもありがとうございました。
1111163_convert_20111116202738.jpg
なにが何だかどーもこーも…
ぶんたからすると、どうも訳がわからないらしい。
麻酔してた時の記憶なんてないし
「なんでおいらは、ここにいたんだ?」みたいなとこだろう。

気づいたのは
ぶんたから発せられる、その今まで聞いた事のない
甘え声がやや、色っぽくて…って
先生達に言ったら笑っていたけれど
そんなにすぐ変身しちゃうのだろうか?
今後、いろいろ注意して見てよう…
IMG_4810_convert_20111116202525.jpg
やっぱウチはいいなぁ~
と、帰って来たらすっかりくつろいでいた。

それにしても、「ラッパ」!!
借りて来たそのラッパにはかつて同じような経験をした
ワンダチの歯形やでこぼこがついていた。
たぶん嫌がって噛んでとろうとしたそんな歴史が刻まれていた。

でも、ぶんたは全く嫌がらず
既に一体化していて……
IMG_4806_convert_20111116202609.jpg
ゴハン、まだ?
みたいにフセしてこっちを見る時も
何の抵抗もなくラッパを受け入れていた。

笑っちゃいけないのだけれど
そのラッパ犬のぶんたが普通に歩いたり、寝転んだりしてる
様がおかしくて。
さらに、どこかしこにばこばこラッパがあたって
歩きにくそうでもそれを受け入れて同じようにしてて。

もっとげっそりしてるのかと思ったら
以前と全く変わらないぶんただった。
IMG_4812_convert_20111116202508.jpg
ご褒美に牛肉を…
大安売りのオージービーフだけれど…
いつもより野菜くずもいっぱい入れて煮込んだ
ゴハンは、またまたずっしり重かった。
「多すぎたかな…残すかな…」と思った私の予想に反して
すっかりぺろっとたいらげたわけで。

ああ、またいつものぶんたとの生活が
戻って来たのだと実感した瞬間だった。
一つだけ違うのは
数日間、ラッパ犬のぶんたと一緒にいなくちゃいけなくて
笑いすぎてお腹がよじれそうだ…
IMG_4814_convert_20111116202546.jpg
いつもの場所にぶんたが寝てた
ラッパだけのぞけばいつも、だった…

    ★バフッとひと押し?★
 ぶんたはかぶりものが好きなのか?
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 手術当日 

11月15日
いつもの私たちは鯛超が起きて私が起きて
ベットの布団を整えて、それからぶんたが最後に起きて。
そして鯛超のこぶんみたいになってぶんたが一緒に
お散歩へ行って。

その間、私は身支度して鯛超の毎朝食べるうどんやサラダや
ひきわり納豆などを準備しながら合間に朝ご飯を食べ…
だいたいその頃、シャキーンを見て…
そしてBSでカーネーションが始まる前に
鯛超とぶんたが帰って来る。

ぶんたは、うどんをすする鯛超をうらめしそうに待ち、
鼻を真似できないような高音でぴーぴーならすのだ。
そして鯛超がごちそうさまをしていよいよゴハンの前、
必ず鯛超が「ぶんた、ゴハンだなぁ」とか言ってしばし
会話をする。
ぶんたはもごもごふにゃふにゃ、まったくもって
驚くくらいにしゃべるのが楽しくて恒例になっているわけで…

そんないつもの決まった行動は今日、我が家ではなかった。

鯛超と相談して、
鯛超は起きたらすぐに支度して家を出て外でゴハンを
食べてもらう事にした。
今日はぶんたの手術当日なので、昨晩夜9時から絶食。
とにかく、いつももらえるものがもらえないのも酷だけど
鯛超がゴハン食べてるのをいつものように待っていて
されにもらえないのも酷だろう…と言う訳で…

鯛超は「がんばれよ」ってぶんたに声かけて
なんだか名残惜しそうに出かけて行った。
見送ったあと、洗濯機をかけてぶんたと私はお散歩に出た。
1111151_convert_20111115182855.jpg
うんちは三回もした
昨日、結構多めのゴハンだったからだろうか…

平日の朝のお散歩は久しぶりで
夕方よく会う、ワンダチのももちゃんに会った。
1111152_convert_20111115182911.jpg
ぶんたくん大変ねぇ。でも大丈夫♥
ももちゃんのママさんにも今日ぶんたが手術するって事を
話したら、「ももは四ヶ月のときだったからねぇ~」なんて言って
「大丈夫よ」と応援してくれた。

そんなこんなで朝のお散歩から帰って来て…
IMG_4798_convert_20111115182948.jpg
なんでゴハンない?
みたいな感じでこっちを見る。
あまりにも見るので、9時前は水分ならいいとの事で
牛乳をあげた。
ぺろぺろ飲んであっと言う間になくなったのに
しばらくしてからも…

IMG_4801_convert_20111115183009.jpg
ぺろぺろ…

ゴハンもらえないのをあきらめてか
アピールしてるのか、なんどもゴハンボールをなめてる。
ああ、切ないなぁ…
それでも心を鬼にして、無視してそしていよいよ時間になったので
病院へ車で向かった。

1111153_convert_20111115183044.jpg
ぶひぃひぃぃぃん…
運転してる私のほうへ
後部席から顔をこじ出して鼻を鳴らす。
朝から来るまででかけるなんて
お山にでも行くのか?と思ってるのだろうか?
「エルムさん(動物病院)へ行くんだよ」と話しかけると
さらにびひぃぃぃん…と鼻を鳴らす。

そうしていよいよ病院へ到着して、
院長先生のかにえ先生の手術前の診察を待つ事に…
待合室は結構混んでて、ドッグキャリーにポメラニアンを
入れたおばあちゃんが「良い子ねぇ」と声かけてくれた。

待ってる間、なんだか私もだんだん心細くなってきて
「ぶんた頑張ってね」とか「ぶんたいい子にしてるんだよ」とか
いつになく話しかけてしまったからか、
ぶんたの表情が神妙になって来た。

そんな時、一匹のシェパードのやや太り気味の
わんちゃんが、おばさんと入って来たので、大型犬どうしだし
何かあってはと思ってぶんたとすみっこの方へ移動した。

どうやらシャンプーしに来たらしく
トリマーのジャニーズみたいにやせたお兄さんが
「おあずかりします」って言って飼い主のおばさんから
ひっぺがそうとするものの
彼女もひぃんひぃん言って、前足をおばさんにからみつけ
トリマーのお兄さんも非力なのかなかなか別れる事ができず…
周りの人も微笑ましく眺めてた。

そんなお別れ劇を、ぶんたもじぃっと見て
1111155_convert_20111115183113.jpg
何がそんなに悲しいんだ?
みたいに、余裕だった。

ところがどっこい、先生に呼ばれて
今日の体調の具合とか、体重を量ったり診察して
いよいよ「じゃ、おあずかりします」って先生が言うので
リードをたくしたのだけれど…

ぶんたはさっきのシェパードちゃんと同じように
病院から出て行く私に前足をからめ
ひぃんひぃん鼻を鳴らしたのだった。

なんだかしらないけどじわっとこみあげて来たので
「先生、どうぞよろしくお願いしますっ」って言い残して
ふりかえずに、ぶんたと別れた訳で…

診察の時、先生にだめおしで
「やっぱり手術した方がいいですよね」って言ってしまったら
いつも控えめな先生がどや顔で
「した方がいいですよ」って。
おいおい、この期におよんでやめるなんて言わないで
下さいよ…って事かもしれないけど
覚悟も決まって別れたのだった。

その後、仕事で役所に行ったり銀行に行ったり
買い物をしたのだけれど、ついつい
「ぶんたが待ってるから早くしなきゃ」って思ったりして
「あ、そうだ、ぶんたはもうすぐ手術開始だったんだ」と…

家に帰って、PCに向かっていろいろしてて
それで、ぶんたの気配を感じたりして
私がそんな事してる時ぶんたが
寝てるソファをふと見てしまって
「あ、そうだ、ぶんたはもう手術が終わって寝てる頃だ」と…

16時以降は面会できますよ、って言われたけどやめた。
でも、電話して様子を聞いたら
「もう立ってしっぽふってますよ」とかにえ先生。
「あばれたりしてませんか?」
「今、ここにいますけど大丈夫ですよ」と。

思わず
「ぶんたぁ~頑張ったね。一晩いい子にしてるんだよ~
明日迎えに行くからね」って電話ごしに大声で
ぶんたに話しかけようとしてしまい…先生苦笑しながら
「なんか、きょとんとしてます(笑)」と。
だよね~
IMG_4803_convert_20111115183129.jpg
ぶんたのいない
     ソファが大きく見えた

これも一つの経験なんだなぁ

    ★バフッとひと押し?★
   掃除機かけるのが楽だった……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 手術前日 

11月14日……
ぶんたの去勢手術がいよいよ明日にせまった。
先週なかばに病院へ行って治らない血尿の原因をレントゲンとエコーで
診てもらったら
前立腺に膿が発見さたので
イチバン良いのは去勢手術…と言う先生の診断をうけて
決心した。
かれこれ4年前、ぶんたと出会って、
まだ若いけれどオスの犬なので、去勢手術はした方が
いいですね、と言われ、数ヶ月後にする予定だったのだけど
なにかこう…ふみきれなくて、先延ばしにしていた。
と、言うか、まあ、いいか…と思うようにしてた矢先の事だった。

IMG_4790_convert_20111115152657.jpg
ふぅぅぅ~ん…そうだったんだ

……で、決心はしたもののこの数日間
やはり、後戻りしてしまいそうで、そう、
やっぱりいいか…しなくても…とキャンセルしてしまいそうな
くらい、ほんとに、ぶんたにとって良いのかなと思ったりして。
そんな事ばかり考えてた毎日だった。

でも、いよいよ明日、
今日は午後9時から絶食しないといけない。
全身麻酔をするから、もしお腹の中のものが
逆流してのどをつまらせてはいけないから…

IMG_4785_convert_20111115152641.jpg
腹、減ったじょぉ~~

ほんの30分程度で終わるそうだけれど
ぶんたは体が大きくて30キロもあるから途中で
麻酔が切れて、大暴れになって手術が失敗しないだろうか…
はたまた、術後、虫一匹が気になるくらい神経質で
特に痛さにはからっきし弱いぶんたの事だから
傷口の痛さに耐えられなくて、腰ぬかしちゃうんじゃないか…

などなど、当然だけれど口の聞けないぶんたの
頭の中の思いや想定される行動がぐるぐるめぐっているわけで…

それから、まさに字の通り、勢いが去り、
おとなしくなるって言うけど
ぶんたの事だから、他のワンコと違って凶暴になっちゃったり
しないだろうか?
ぶんたがぶんたじゃなくなってしまったら
そんな悲しい事はないかもしれない…なんて…
IMG_4780_convert_20111115152608.jpg
だから腹減ったじょぉ~

……そんな私たちの思いなどまったく知らずか
ぶんたはいつものようにソファで昼寝をし、しかも大股開きで悠々と。
そして日が落ち始める頃になると
お腹がすいてきた、と言うより、そろそろか…
そろそろゴハンか……みたいに、ねだるのだった。
IMG_4793_convert_20111115152713.jpg
いつもより多めのゴハン
ずっしりと重かった。
何キロあるか計ろうかとも思ったけれどそれは
何の意味もないような事にふと思え、やめた。

ぶんた、明日は一日ゴハンなしなんだよ。
痛いのより何より、ぶんたにとっちゃそれがイチバン
つらいかもね~
IMG_4794_convert_20111115152732.jpg
だから早くちょうだいっ
ゆっくり食べな、ゆっくりね…無理か…

    ★バフッとひと押し?★
      まったくもって
  いつもと変わらないぶんただった
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 オオダイ 

1111134_convert_20111114095622.jpg
なにをそんなにはりきってんのか?
って、目をしてぶんたが遠巻きにこちらの様子を伺っている。
昨日から、一日中キッチンに立ちっぱなしのような…

昨日のうちに、春巻きの具やチキンパイの具や
タイカレーを仕込んだり、
うずらの卵をゆでたりキュウリを切っておいたり
それはそれはいろんな下準備をして、冷蔵庫の中は
タッパーであふれていた。
1111135_convert_20111114095644.jpg
だしまき卵も作った

いつもより、お砂糖を多めにして。
おこちゃまが4人来るし……
おっと…そうそう、今日は会社でイチバン長く、と言うか
会社のスタート時から一緒に苦楽をともにした
Y君がオオダイに突入したので
それを祝うべく、古株のメンバーに声をかけて
大人11人、子供4人の誕生会を開くのだ。
本当は会社のメンバー全員を呼びたかったのだけれど
なにせ、久しぶりだったし、20人以上の人がうちに
集まった事もないし、声をかけなかった人には
悪いけれどとりあえず、そうする事となったのだ。
1111133_convert_20111114095605.jpg
シャンパンで乾杯♪
1本しか買ってなかったのでほんとに少しずだったけれど
それでも、皆でおめでとう、って祝いの声をあげた。

ビールなどを飲みながら、注文したピザや料理したパーティー
メニューを皆でぱくつき、
さらに昔の写真をチョイスしたアルバムをまわしたりした。
時折「ええ~若い~」と声があがったりする。
なにせ、15年の歳月が経ったのだから…
そりゃ、みな多少は変化するよなぁ…
……人ごとみたいに言ってるけどかくいう私も…

おこちゃま達はお腹が落ち着くと、大人の話には当然興味なく
手持ち無沙汰のようだったので
色鉛筆やクレヨンやクーピーペンシルなどを出して…
1111132_convert_20111114095544.jpg
お絵描き会がはじまった

「これはお父さん達がお仕事でできた紙なんだよ~」
「ほら、裏に何か書いてあるでしょ~」って説明して
会社から持って来たA4の裏紙を出してきた。
「いっぱいあるから好きなだけどんどん描いてね~」て。
1111131_convert_20111114095204.jpg
おいらも描いてもらったじょ
5歳のRくんが
「ぶんたとたいちょー」と言って一枚仕上げた。
青い空に鯛超の顔が宙に浮きぶんたの手が一本とひげがいっぱい
中央に配置されたその絵はなかなかのものだった。
犬なんて描くの初めてだろうなぁ…

12時過ぎにスタートしたのに
あっと言う間に日が暮れ始めたので
IMG_4748_convert_20111114095817.jpg
ケーキでもう一度お祝い
まだ人数が少なかった頃は、毎月のように
みんなでお祝い会した頃の事が思い出された。
こう言う時のみんなの笑顔は格別だと思った。
その笑顔見たさに、企画した誕生会だったけれど
とりあえず成功…だろうか。


1111138_convert_20111114095737.jpg
ケーキ、美味しかった

1111137_convert_20111114095842.jpg
おいらにもちょーだい♪
ちょこっとだけあげるか…

    ★バフッとひと押し?★
  ぶんたはおやつを目前にすると
おこちゃま達にもお手をする。おやつがあれば…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 迷いのひだまり 

土曜日の朝、ぶんたとお散歩をした。
週末はいつもより1時間ほど遅くなる。
寝坊してるってコトだけれど、それでも自然と
目が覚めてしまうのは、体内時計のなせるわざだろうか…
1111125_convert_20111114095140.jpg
朝日が気持ちよかった。
ちょっとだけ、空気がひんやりして
ウォーキングやジョギングしてる人たちも
朝の空気をいっぱいすいながら一日のはじまりを楽しんでいた。
1111123_convert_20111114095106.jpg
お、ワンダチだじょ
ぶんたが「なんどくん」を発見した。
なんどくんはぶんたよりひとまわり大きくて
黒い毛がもしゃもしゃしてて一見、フラットコーデット
レトリバーに見えるのだけれど
白い毛も混ざっているなんとかって言う犬種のワンダチだ。

ぶんたはなんどくんが大好きで、くんくんしようとするのだけれど
未だに許してもらえない。
なんどくんのおじさんに、思わずぶんたが数日後
去勢手術をする事を話したら
「そーかそーかー、仲間入りかぁ」と言ってぶんたをなぜてくれた。
なんどくんも4歳の時にしたそうで
それ以来、男の子にもてるんだそうで…
「ぶんたも男の子にもてるぞ~」って言ってくれたけど
ぶんたは
何が嬉しくて男の子にもてるんじゃいって顔をしてたような…

それから、太る、のだそうだ。
なんどくんは気づいたら9キロ太っていたそうで。
ああ、ぶんたも気をつけなきゃ、食いしん坊だし。
なんでも、おからも太るからコンニャクを混ぜてあげて
ようやっともとの体重に近づきつつあるらしい。

なるかならないかわからない病気対策のための
手術は、なんだか大きなお荷物もくっついてくるんだ…と
改めて、ぶんたを手術させる気がうせてしまった。

ひだまりの中、
そんな情報を仕入れながら、ぶんたと歩く道すがら
ほんとに、果たして手術した方がいいのかな…と
しつこいくらいに頭の中で堂々巡りを繰り返していた。

と……
1111122_convert_20111114095025.jpg
とあるお宅の出窓に……

1111121_convert_20111114095008.jpg
にゃんこが二匹ひなたぼっこ
携帯カメラを向けてもひるみもせず
じっと窓の外の私とぶんたを凝視してる。

「ねえ、にゃんこ、ぶんたはやっぱり手術した方がいいのかね?」
と聞いてみた。
「君たちも手術ずみ?」と尋ねてみた。
右の一匹がゆっくりと口をあけて「にゃあ」と言ったような…

ネコにぶんたの行く末をゆだねてみようとするのも
なんだけれど、
誰かが、背中を押してくれないとどうにもこうにも
ふみきれない、ぶんたの手術三日前のお散歩だった…
1111124_convert_20111114095121.jpg
なに?なに聞いてた?
ぶんたは自分の行く末を何も知らない

    ★バフッとひと押し?★
   朝日に照らされたぶんたの毛並みは
     いつも以上に光っていた……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 女子かい? 

穏やかな秋の一日だ。
会社へ行ってから、所用を済ませ、銀行へ行ったり
なんだかんだりして、家へ帰る。

そして早々にぶんたのご飯を仕込んでそれから
早々にお散歩に出た。
1111103_convert_20111114094319.jpg
ユリノキの葉も黄色くなってきた。

ゆっくりだけれど、ぶんたとお散歩する公園の木々が
確かに色づき、変化しているのだと実感した。
1111104_convert_20111114094337.jpg
これなんか進化中…
緑の葉と黄色の葉が混在していて
まさに、ここ数日の寒かったり、暖かかったりを
繰り返してる気候にほんろうされてるって感じ。
着てく物がどうしたらわからない、とぼやいているのは
人間だけじゃなくて、木もそうなんだなぁ…

と、流暢に木の事を心配してる場合では
なかったのだ。
なぜ早めにお散歩に出たかと言えば、今日はお山で一緒になる
ノエルちゃんのママさんとごうちゃんのママさんと
会う約束をしていたのだ。
1111105_convert_20111114094354.jpg
おいらは仲間はずれか…

だってぶんた、今日は女子会なのよ女子会。
女子だけだから、ぶんたはだめ。

あ……もうすぐぶんたは、男子じゃなくなるのだ。
そのコトを思い出した。
数日後、去勢手術をするのだ…
ぶんた、やっぱり可哀想だな…と言う思いと
いや、良い機会なんだ、ぶんたのためにも
私たち家族のためにも…と言う思いが混在…していた。

先生がしなくていいですよ、って言うなら
絶対しないけど、この際だからしておいた方がいいと
初めて言ったので、もう清水の舞台から
飛び降りる気持ちだ。大げさだけれど…

それにしても、これから絶食と手術が待っているなんて
知らずに、いつもとのんきにしてるぶんたと一緒にいると
なんだか、切なくなって、ぶんたのコトばかり考えてしまって…
1111102_convert_20111114094301.jpg
渋谷交番前で待ち合わせ…
の、時も、わざわざ、「ハチ公」によって「ハチを拝む」と言う
訳のわからない行動をとったり…

集合して久しぶりに行く渋谷の、美味しいお店の、
その個室の一室で
1111101_convert_20111114094244.jpg
乾杯した後……
サラダが来たのだけれど、
イチバン上に乗っていた丸いかたまりみたいな
食材を見てノエルママさんが「これなんだろ」と
言ったとき、思わず私は
ぶんたがもうすぐとられてしまう精巣を思い出し…
なんて感じだった。

けれども、さすが女子会。
ノエルママさんもゴウちゃんママさんも若くて
パワーがあって、楽しいおしゃべりに花が咲く咲く。
しばし、ぶんたの今後の行方を忘れる事ができたのだ。
すごいぞ、女子会って♪
1111106_convert_20111114094853.jpg
女子…なの…かい?
おばあちゃんになっても女子は女子でしょっ

    ★バフッとひと押し?★
  ぶんた手術のカウントダウン開始だ…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 まさ夢 

鯛超と会社へ向かう道すがら、いろんな話をする。
仕事の事とか、それ以外の事とか、そして私のその朝見た夢
などの話もして、話して、おちを言うと
「なんだよ、それ、夢の話かよ」って…

今日は珍しく、鯛超が
「ぶんたが、誰かに、ぶんたはホモだって言われた
夢を見た」と言う。
「へえぇ~それってぶんたが去勢手術されたってコトかもね」
なんてかえしてた。
111191_convert_20111109213218.jpg
なんでまたここに?

鯛超の夢などのそんなこんなの話をしてた本日午後四時すぎ、
ぶんたと動物病院にいた。

二週間前だったろうか、
ぶんたが膀胱炎になって…、動物病院も
私もそう判断して薬とか飲んでたぶんただったけれど
その後、「血尿」が時々あって
今朝、「これはやばいぞ…」と思うくらい
ぶんたの血尿がベットのラグにたくさん発見された。
「鮮血」と言っていいような「血尿」が……

そんなコトも今朝方、歯磨きしてる鯛超にも伝えてた。
「病院行った方がいい」と言う事で……
先生は、「薬で(血尿が)落ち着かなかったら、レントゲンか
エコーで診断した方が良いでしょう」って言ってたので
会社から帰って、ぶんたを連れて来院したのだった……
111192_convert_20111109213251.jpg
獲物か?獲物?
待ってるあいだ、フェレットを連れて来た
上品そうな夫人が、そのフェレットに興味を示すぶんたを見て
「カワイイわね、犬種は何?」と話しかけられ。
しばし、ぶんたを拾った時の話とかしてたら
「良かったわね~拾ってもらえて」と、優しい笑顔でぶんたの
鼻先をなぜてくれて…

「猟犬だったかもしれないです」とは言えなかった。
だって…あきらかにぶんたは
そのフェレットと言うイタチ系の小動物を
獲物だと思って、クンクンしてたような気がしたから。
ご夫人には言えなかった……

……そんなどうでも良い事を考えてるのは
余裕があったからで、「膀胱炎」が悪化してるのかしら?
「お薬もらえれば落ち着くかしら?」なんてのんきに構えて
いたがらで、いよいよ、先生の診断が始まって
「まずはレントゲンとりまよう。膀胱、腎臓、前立腺など」と
言われて二階の処置質へ。
111194_convert_20111109213324.jpg
ぶんた、レントゲン中…
ぶんたと離ればなれになって待ってるほんの少しの間だったのに、
ぶんたは大丈夫なのかな、と思った。
不安だろうな…と思った。
親ばか、だなぁ~とも思った。

しばし待って、
「とりあえず腫瘍や膀胱の結石など見あたらないけど
エコー診断もします」とのこと。

いや~人間なみ。
しかも私は診察室の外で待ってたけれど
頭上にモニターがあって、
「ここにエコーの画像が写りますから…」って先生が。
ぶんたの、お腹のエコー画像を見ながら
ドア越しに先生と会話してたら……

なんか気になる黒いものが……
111196_convert_20111109213420.jpg
うみのかたまりだった…
「ここが前立腺です」って言ってる先生の声を聞きながら
画像を見てたら、黒い点が二つ…
先生の声がとまったら
「これは、前立腺のうほうですね」と……

結局、ぶんたのなおらなかった血尿は
前立腺と言う臓器の中が親指の先ほどが膿んできたからで………
処置としては薬も考えられるけれど一番いいのは
精巣をとること=去勢すること=おかまになること…
だ。

そして…先生ともいろいろ話して、
去勢手術をするコトにした。

去勢手術すると
前立腺などの病気にもならないし、
雄犬ならシーズンの時も含めて性格もおだやかになるし、
と、わかっていたけれど、
さけていた、と言うか、それは
ぶんたの身になったら嫌だなぁと思って先延ばしにしてたけど
そう言う事ならと言う訳で決心がついた。

ぶんた、覚悟してくれよ。
111195_convert_20111109213352.jpg
なにがどうなったん?
だいじょぶ、だいじょぶ


    ★バフッとひと押し?★
   鯛超の夢はまさ夢だったんだ…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 感づかれた… 

111182_convert_20111109095418.jpg
わかってんだじょっ

ぶんたがもの凄い目ジカラでこっちを見た。
それは、思い切って購入した名人の曲げわっぱを使い始めて
数日たったある日の事だった。

最近、白米よりも玄米を食べた方が体にも良いと言う事で
炊きあがるといつもより少しこおばしいような香りが漂う。
わざわざ玄米の新米を買って来て炊いたのだ。
しばらくむらして…そして
111181_convert_20111109095401.jpg
さてさて、わっぱに移すか…
ふたを開けると、ほんわか、杉の木の香りがする。
少し、冷ましてから移した方が良いのか
熱いうちに移しちゃっても良いのか、どっちなのか
肝心な事を名人に聞かなかった…と思ったけれど
ま、どっちでもいいや、とりあえずぱぱっと移して
しまおう…。

そんなこんなの作業を数回、ここ数日繰り返して来た。
ご飯をよそる為に、曲げわっぱのまあるい蓋を開ける時に
「コトッ」とする音が大好きになった。
111183_convert_20111109095435.jpg
だから、わかってんだじょっ

ぶんたは、ご飯のジャーを開けるたびに寄って来る。
いくら寝ていても、いくら宅急便にほえてても
「お、ジャーが開いた…」って顔して、ほんのちょっとの
ご飯のおむすびをねだるために…

ところがここ数日、その音があまりしない…
なぜならジャーはほとんど開けしめしなくなったからで。
そのかわりに、曲げわっぱの蓋の開く「コトッ」の音に気づいたのだ。

「コトッ!!」の音で、すたすたやって来ては
「ほんのちょっとでいいから玄米めしくれ」って顔で見るのだ。
「え?なに?」ってとぼけたって…もう遅い。
にしても、気づくの早いなぁ。
音じゃなくて、ご飯の匂いで気づくのだろうか?
111184_convert_20111109095449.jpg
ちょっとでいいからくれぇ~
ぶんたはほんっとにご飯が好きなんだねぇ~

    ★バフッとひと押し?★
 たぶん、3合なんてあっと言う間に
     食べちゃうだろう
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 紅葉の中でヘア&メイク 

昨日、いろいろあってやっとの思いで
お山に到着した。
気が動転してたのか、寒いのか暑いのかお山の
気候があまり良くわからなかったのだけれど
一日経って、なんか、いつもよか、寒くない…と感じた。

それでも目に飛び込んで来る景色は
赤、黄色、オレンジ、オーカー…などなど
それは色とりどりの紅葉が
目線の高さだけでなく、下を見れば、行く道を
彩っていた。
1111051_convert_20111107123813.jpg
どうだんも真っ盛り。
2週間前に来たときはまだ緑生い茂る…と言う
感じだったのにすっかり赤くなっていた。
たぶん、来週は、どの紅葉も散ってしまって
いるのだろう、と思うくらい、ピークだった。

そう言うわけで、寒くもなかったので
ぶんたをお風呂場でシャンプーした後…
1111052_convert_20111107123831.jpg
外で乾かした

夏の頃からか、ぶんたのシャンプーはお山でするのが
すっかり恒例になったのだけれど
思えばこれから寒くなるから、もう
外で気ままにドライヤーをかけられるのも
今年最後かもしれない。
1111053_convert_20111107123848.jpg
はやく自由にしてくれ
ぶんたをつないで、おやつでぶんたをつりながら…
結構念入りに乾かす事ができた。
メイクはしないけれど、まさにヘア&メイク担当です♪
みたいな…

そもそも、綺麗にしてもらってるのにさらに
おやつまでもらえ、さらに無料……
まるでデーモン小暮が無料でヘア&メイクしてもらってるのに
さらにステーキおごってもらってる…みたいな……
いやいや、読者モデルが雑誌に載れるのにただでメーク
してもらってさらに、お金がもらえる?みたいな?
う~ん、例えがいま一つかもしれないけれど
とにかく贅沢すぎる秋の一日。

1111054_convert_20111107123922.jpg
シャキーンッ!!
ようやっとドライヤーも終了し
ぶんたがそれなりにポーズをとれるようになったので
外に出かけて撮影する事にした。
1111055_convert_20111107123947.jpg
もみじとぶんた♪

1111056_convert_20111107124011.jpg
おいら、ちっちゃくね?
もみじ、まがってない?

    ★バフッとひと押し?★
  紅葉は桜のように、あっと言う間に
    散っちゃうんだな……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 大ハード 

1111046_convert_20111105092051.jpg
危機一髪だったじょぉ~

ほんとだよ、ぶんた。
今ここでこうしてタイヤ屋さんのそばの
お山の田園風景を見ていられるなんて……
もしかしたら今頃…ぶんたは重傷…私は病院行き、
そしてクラッシュしたかもしれない車の運転手さんの
怪我の賠償責任を問われ等々…
あと少しで今年も終わるそんな日に
大きな問題を背負うところだったんだよ……

11月4日…
二週間ぶりのお山。
鯛超はお隣のTさん夫婦と翌日お山の家のそばでゴルフ。
ぶんたと私はいつものように
10時前に東京の家を出発した。

中央道、いつもの道。
どこにどのカーブがあってどんな景色も見えるかも
慣れたもので、快調に運転してた。
と、覆面パトカー発見。
さほど速度は出してないものの、他にも気づいた車があってか
全体的にスピードがゆっくりなった
双葉ジャンクションをすぎた頃……

車体がごろごろと揺れだした。
ブレーキをかけ……減速し……
?????
道がでこぼこになってるのかな?
でも、今までこんな事なかったのに……と。
右のバックミラーを見たら
後方から黒い破片が飛び散り、煙があがってる。

何がなんだかわからなかったけれど
凄い事が起きたっ!!!!と瞬時に感じて
追い越し車線からすぐに左車線に入り
たまたまあった、スペースのある路肩のはしっこに停車した。

もう少し遅かったら、車線上に停まるはめになっていた…

こりゃ、こりゃ…
タイヤが、右の後ろのタイヤが、パンクしたんだ、
と、初めてわかって
すぐにJAFに電話した。

4月にもお世話になったJAFに…
だから会員カードも持っていて。
そしたら、すぐに車から降りてください、との事。
後方から追突される危険があるのでまず、降りて、ガードレールの
中に入ってくださいと言われ、
オンオン興奮するぶんたをおいて行くのも悲しかったけれど
外に出したらとんでもない事になると思われ、脱出した。

40分ほどで来てくれるとの事。
まずは発煙筒を炊いた。
1111042_convert_20111105091936.jpg
初めてつけたけどつけれた。

ダイハードのジョン・マクレーンになった気がした。

と、妙に冷静な感じだけれど
本当は腰が抜けそうだったのだ。
でも、腰なんか抜けてる場合ではないとも思って
必死に、今、この状況を日記に書く事を想像しながら考えて。
すると、自然と自分の今の状況が客観的に見えて来た。

発煙筒はやがて消えてしまって。
びゅんびゅん走り過ぎるバスやトラックなどをにらみながら
お願いだから、右によけてって思ったけれど
そう簡単に車線変更だってできるもんじゃないし。

目印の発煙筒が消えてしまって
何か、目に入るようなものはないか…と思って…

1111041_convert_20111105091916.jpg
赤いクーラーボックスを置いた

少しでも気がつきますように…
ひと月ほど前だったか、まさにこの付近で
夜中にやはり路肩に停まっていたトラックに居眠りしてた
硫酸だかを積んだトレーラーが追突して
液体が散乱して、長時間通行止めになっていた事を思い出した。

ああ、どうか、トラックがぶんたの乗る車に
追突しませんように。

と、ネクスコの黄色い車が通りかかったので
必死に手を降ったら停まってくれて。
中央道にはLAFから連絡してくれるとの事だったので
その人かと思ったら、そうじゃなかったんだけれど
また、発煙筒を、しかも太いのをたいて連絡などして
去って行った。
1111043_convert_20111105091954.jpg
JAFが到着。
長かった…気がする。時間通りだったのだけれど。

隊員さんは点検のあと
「牽引はできないのでここでタイヤ交換します」とのこと。
車を、私が少し左に移動させ、
それでもすぐ横を車がびゅんびゅん走るなか
ジャッキを使って車体をあげたりして
スペアのタイヤを交換してくれた。

車がスピードあげて走るのってこんなに恐ろしい
事なんだと、初めての体験をした。
ほんとに、なにかあったら大事故になるんだ…

先に到着したもう一人のJAFの人が
車からずいぶん離れた所にも発煙筒を何本もたいて
黄色い旗を振ってるものの、
それでも、近くをトラックが行き過ぎてゆく…

応急処置でタイヤ交換が終わり、
隊員さんが、
「とりあえずゆっくり走って韮崎インターの
駐車場で待っててください」との事。
誘導に従ってゆっくり発進して、
迷惑だろうけどゆっくりと
1111045_convert_20111105092031.jpg
3キロ先の韮崎インターへ…
1111044_convert_20111105092012.jpg
交換タイヤ

もともとつけていた他の三つのタイヤが
純正のスペアのものよりやや大きめのだったので
後から来た隊員さんが丁寧に点検したあと
「劣化が原因かもしれないし
高速走るなら全部交換した方がいいかもしれません」と。
「します、します、すぐにします…」と言うことで
すぐに、お山のふもとのいつもスノータイヤを交換
してもらってるタイヤ屋さんに連絡したら
在庫があると。

「国道で行った方がいいですね」と隊員さん。
「そうします、そうします」…と言う事で
「ホントに、命がけで…ありがとうございました」とお礼を伝えて
インターを出て、またまたゆっくりとタイヤ屋さんをめざした。
1111047_convert_20111105092109.jpg
へぇぇぇ~ちかれた
ぶんたはJAFの隊員さんが車に近づくたびに
オンオン興奮して吠えて、さすがに疲れたのだろう。
犬好きの人だったので
「ラブですか?」なんて、大ハードの最中聞かれて
恐怖心も薄らいだけれど
とにもかくにも、ぶんたが高速に飛び出なくて良かった。
車にも追突されなくて良かった。
タイヤ交換の隊員さんも無事で良かった。

ほんとに命がけだった。

結局、お山に着いたのは6時間後…
お散歩がてらノエルちゃんちが
お山に来てたので思わず、ついさっきの出来事を話した。
誰かにじかに話さないといられないそんな感じだったので…
そうしたら、
ハビグちゃんちとの夜の宴に誘ってもらった。
ぶんたも一緒に…
その日の出来事を笑いまじりに皆とおしゃべりして、
良かったね~と言ってもらえたそんなひと時が
かけがえのない大切な時だった。
大げさかもしれないけど、生きてて良かった~
心が緩んでほっとした。
人に話す事でさらに、気持ちが落ち着いた。
感謝このうえない、大ハードな一日の終わりだった…
1111048_convert_20111105092128.jpg
あったかかったじょ♪
お部屋もね。

    ★バフッとひと押し?★
 中央道、当時運転中のドライバーさん
    ご迷惑おかけしました…
         ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ペンキ塗り 

11月3日文化の日。
文化的なことをしてみたいものだ…と、毎年思ったりするけど
結局、文化的な事なんてしたことのないような
一年に一回の文化の日…。
そもそも、どういういきさつがあって文化の日を制定したんだろ。
当時、日本は文化的じゃなかったのだろうか…

なんて、小難しい事を考えてみるのも文化の一つ…なんてね。
1週間のほぼ真ん中のお休みで、
鯛超は「地下の掃除をするぞ」と前々から言っていた。
おお、鯛超、動く。
いや、毎日働いているから語弊があるけれど
家の片付けする気持ちがわくなんて、良かった良かった。

それで、私はと言えば、
日頃から気になっていた……
IMG_4713_convert_20111103203755.jpg
トイレのペンキ塗りをした。
三年前くらいだろうか、塗ったのだけれど
水回りの所などペンキがはげかけてきて…
白いペンキはまだ半分くらいあったので十分に塗れる。

クラフトテープで、ようじょうをして
床には新聞紙をひいて、準備万端で塗り始めた。
はけで何度も壁にペンキを塗り付ける作業。
右手が腱鞘炎になるんじゃないか…
職人さんて凄いな…と感心しながら無心で塗った。

ようやっと終わりに近づいて、お茶でも飲もうか…
と思って、二階にあがったら、
白い壁が……気になって…
汚れてて……
ペンキはまだ余ってるし……

という事で……
IMG_4715_convert_20111103203816.jpg
ここも塗った…

ぶんたはリードで離れた場所につながれの身…
近寄って来たら大変な騒ぎになる…
宅急便がやって来たりして…

IMG_4716_convert_20111103203837.jpg
オオ~ンッ!!!!!
と、吠えて、一応仕事をしてるつもりなのだろうか…

それからさらに…白い壁が目につき、
またまた汚れも目につき…
IMG_4724_convert_20111103203859.jpg
ここも塗って…

IMG_4726_convert_20111103203916.jpg
あと、ここも塗って…

IMG_4727_convert_20111103203934.jpg
そしてここも塗った…とこで

いい加減きりがないのでやめる事に。
むらなく、塗り残しもなく、綺麗に仕上げるのは
ある意味、アートかもしれないぞ…って思ったりして
これも一つの文化的な事なのかもしれないね。
IMG_4728_convert_20111103203953.jpg
いい加減、はなしてくれぇ~
ぶんたも白くぬるか……

    ★バフッとひと押し?★
  ホワイト家の一員になれるかしら…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 展覧会でぶんたに会った 

IMG_4732_convert_20111103203712.jpg
今日は遅かったじゃないかっ
……ごめんね、ぶんた、ちょっといつもより留守番、長かったね。

なぜなら
会社の帰りに母と恵比寿のホームで待ち合わせをして
絵画教室の先生の展覧会に行ってきた。
先生が参加してる芸術家(ベタな言い方だけれど)の
人々の展覧会だった。
1111025_convert_20111103204813.jpg
田町だった……
恵比寿の会社からは、やや大きめのオブジェみたいに見える
東京タワーが、
田町からは、もう、東京タワーそのもの…だった。

展示されている建築会館と言う、なんかアーティステックな
雰囲気が漂う建物の入り口には
いきなり……
1111021_convert_20111103204629.jpg
グレーの郵便ポストがあって……
すみっこにあるから、赤い方が目立つのに
何故にグレーなのだろう……
受付の、笑顔満面のおじさんに聞いてみたかったけれど
きっと、「わからないよ」って言われそうだからやめた。

そして、展示された作品はどれも、
今回の震災の事を思って、復興や、絆や、前向きになれるような、
そんな思いを込めた作品が多かった。

先生の作品は……
1111023_convert_20111103204723.jpg
「close 090303」との表題

「折という古来の技法を楕円という二極の中心の
 動きを重ねて表現したもの」とあった。

先生の絵の教えは常に哲学的だ。
哲学が何かよく説明できないけれど、なんだかいつも
そんな気がする。
だから作品を見て、表題や説明を見て
哲学がわからないものだから、とにもかくにも
何がテーマなのかがまったくわからなかった。

「090303」ってなんだろうね……
なんかの数式をもとにしたのかしら、
計算すると何かの答えが出て来る数字なのかなぁ…

山手線で帰る道すがら、母にそう言った。
母いわく、
「まるく、まるみ、まるみって意味じゃないの?
世の中は楕円のように歪んでいるかもしれないけど
重なりあっていけば丸くなってく…みたいな?」

……母、思いつきで言ったののだろうか。
電話番号のごろ合わせが好きだからだろうか。
もし、そうだったら凄いね~と母の
思いつき?いや、理解力?を絶賛した。

先生の作品は難しかったけれど
一目瞭然で、しかも親しみのわく作品が。
1111022_convert_20111103204706.jpg
出会いと言う表題だった

ぶんたよりふた周りくらい小さいけれど
大きな、ブロンズの作品。
犬とカエルが出会う瞬間の作品だった。

結局、このブロンズぶんたばかり見てた。

ぶんただぁ~
ぶんただぁ~
あ、でもしっぽは丸まってない……とか言って。
嬉しいなら、しっぽはあがってるはず…とか言って。
ぶんたよりやせてるけど、
捨てられて食べるものなく彷徨ってる時の
ぶんたかなぁ……とか言って。
そして
ぶんた~~って言ってさわってみたり……
1111024_convert_20111103204737.jpg
ぶんたぁ~~♥

IMG_4736_convert_20111103203654.jpg
ナヌ?
家にいたんかい……

    ★バフッとひと押し?★
 出会い…だから、ブロンズのカエルは…
       私か?
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 名人の曲げわっぱ 

鯛超と会社に行く時にいつも通る渋谷
東急百貨店の前の交差点。
その先の渋谷警察署の交差点からつまっている事が
多く、だいたい車はのろのろと通過する。

そのあたりは昔、窪地で、しかも川があったらしい。
と言うかあるのだ。
ちなみに東急のデパ地下は
西館と本館にはあるのだけれど東館にないのは
ちょうど東館の地下の場所に川がもぐって
流れていて、その名は渋谷川。
恵比寿駅から会社に行く時必ず渡る川なのだ。

…ぶらタモリでやってた。
面白くてついつい見てたら、さらに毎朝くぐる
銀座線の高架は、昭和13年に造られたものでかなり
レトロなのだそうだ。
その下をくぐる時は思わず「大丈夫か?」
「地震こないで」なんて思ってしまう。

ちなみに地下鉄なのになんで高い所走るの?と
思ってた銀座線は、東急の場所がかなりの窪地で
要は渋谷から出るとすぐに地下にもぐれるからだそうで…

谷の街…なんだなぁ~
………話がずいぶんそれたけれど
会社の帰りにその東急百貨店に寄った。
帰りは電車で帰るのだけれど、渋谷での乗り継ぎの際、
ちょうど東急の中を経由するのだけれど
お目当ては……
1111012_convert_20111102102106.jpg
名人たちだ……
実は先週も立ち寄った。

8階の催事場のフロアをぐるっとみて、
イチョウでできた高いまな板や、木彫りの高価な小箱や
綺麗なべっ甲の目の飛び出るくらいの値段のかんざしなどなど
名人が実演してお店を出していた。

けれど、一日中実演してるわけでもなく
ひと休み的に、ただぼんやり座布団に座ってる名人さんは
手持ちぶさたみたいだった。なんだか、
こちらから見ると、動物園のたいくつしてるゴリラさんとか
ある種見せ物みたいだったので早く実演した方が
いいのに…なんておせっかいにも思ってしまった。

そしてクライマックスを見せられるかのように
最後、エスカレーターで帰ろうかと思ったその
近くには、福井県の船箪笥が数点飾られていた。

どれも精巧な造りで中でも千両箱や証文箱が
三つ組み込まれて思い鉄製のカギが15個くらい
ないと全ての引き出しが開かないような……
そう、からくり箱のようだった。
290まんえん…車が買えちゃうぞ…と思った。

丁寧に説明してくれた店員さんには悪いけれど
いろいろ教えてくれた事に丁寧にお礼を伝え
「中に入れる大事な物ないんで…」と言って去った。

また話がそれてしまったけれど
なぜ故に、また来たのか?と言うと
船箪笥が欲しくて来たわけではなく……
1111013_convert_20111102102138.jpg
秋田のおじさんに会いに来た
秋田杉で曲げわっぱを造っている
「清一さん」と言う名人は、たくさんのわっぱをひっさげて
渋谷にやって来ていた。

先週そこに立ち寄った時、名人と曲げわっぱに
ついていろいろおしゃべりをしたものだから
何だか親しみがわいて心のなかでは「清一名人」とつぶやき。

名人は私の事を覚えているのか覚えてないのか
微妙な感じで曲げわっぱを語りだす。
うん、うん、ゴハン入れとけば夏でもくさらない。
うん、うん、秋田杉は来年から伐採禁止になる。
うん、うん、木目が細かいほどいいわっぱだ。
そして…ゴハンの保存にはもって来いなのだ…と…

1111011_convert_20111102102122.jpg
杉の香りがほのかにした…

名人の熱弁に、私が「ほんとですか?」って言うたびに
「うそじゃないよ、ほんとだよ」………とか
「おれの名前、見てよ(清一)」……とか
「信じる物は救われるって言うでしょ?」なんてかえってくる。
…そう言う人の事信じて大丈夫なんだろか…と思ったり。

そして、結局、中くらいのを買う事に決めた。
「こっちの大きいのがこの値段だったらいいのになぁ」と
少し控えめにねぎってみたら
右手を大きくふって「ばか言っちゃあいけないよ」って言われた。
でも、やりとりを聞いてたのか東急の名人担当の社員の人が
なぜかサービスで化粧ポーチをくれた。

……鯛超に先週初めて見た時の事を話して買おうか相談したら
「ゴハンなんて全部食べちゃえばいい」と言って
全く関心を示さなかったけれど…
もう、事後報告と言う事で済ませよう。
そして残っても美味しいゴハンを食べよう。
1111014_convert_20111102102200.jpg
大丈夫か?肥えるじょ…
……ジャーのふたを開けると寄って来るぶんた…

    ★バフッとひと押し?★
  これからは曲げわっぱのふたが
   開いてもやって来るだろう…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。