calendar

          11« 2011/12 »01          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大晦日 

2011年大晦日……
昨日の朝もそうだけれど鯛超とぶんたとそれくらい久しぶりだろうか
お山のお散歩に……
鯛超がお山に来る時はたいていゴルフがらみだったので
お散歩も誘っても…「う~ん、あとで」とか言ってごまかし
たりして一緒に行く事がほぼなかったのだけれど…

冬休み、のんびり、仕事も忘れてだれだれの
年越し…だし?
お散歩もそっせんして?
で、ないと食っちゃね~飲んじゃね~の日々になりそうだから
少しは運動も必要だと感じてるのかもしれない。
1112311_convert_20111231195204.jpg
るんるん♪

ぶんたは、のびのび~
空気も冷えて寒かったけれど、歩くうちに
ほかほかになって来た。
1112312_convert_20111231195224.jpg
お、しもばしらっ
1112313_convert_20111231195245.jpg
天然氷のオブジェ

地面が10センチくらい盛り上がってた。
明け方の気温がマイナス6度ほどだった
無理もないな……
1112314_convert_20111231195307.jpg
ちべたい……

近くにある池の溜まり水も凍っていた。
万が一、割れても水中に落ちないその
池の氷の上で、「ロッケンロール♪」って私が
つるつる、足をすべらしたら…
鯛超が「ムーンウォーク♪」って
マイケルジャクソンの真似したけど、
後ろに岩があって、ぶつかって岩の上にこけた……
1112315_convert_20111231195332.jpg
良かった無事で~
大晦日に氷の上でこけて頭でもうって
救急車騒動になって「どうしたんですか?」って
お医者さんに聞かれたら
「いや、氷の上でムーンウォークして…」って答えなきゃ
いけなかったかも?

そんな朝のお散歩のあと、朝ご飯を食べて
近くのアウトレットへ行った。
鯛超が新年にはく靴を買って、
私はセールで30%オフのザルを800円で買って
それから……
1112316_convert_20111231195349.jpg
おいらは待ちぼうけか…

そう言うわけで、たまたま入ったお店で
ぶんたの服を買ってあげた。
寒がりのぶんたに、寝る時に、鯛超の着古した長袖の
Tシャツを着せてたけど
ぼろぼろ、ずたずたになっちゃって、
たまたま着せてみたら、結構似合ってたのだ。
お年玉、って言う事で……
1112317_convert_20111231195407.jpg
どうだい?
なんか…かしこく見えるかも?

一年お疲れさまでした。

    ★バフッとひと押し?★
 主人より高くついたぶんたの洋服
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 お山の年越しへ 

12月に入っていっきに寒くなって
なんだかだんだんと年とるごとに寒いのが苦手になって来たような…
4年前に転んで左膝のじん帯をきったところが
きしきし痛んだりする。

ああ、東京で寒いのだからお山の寒さは想像を絶するのかなぁ
と思いながら中央道を走ってた午前5時。
渋滞のピークが29日、30日とのニュース
頑張って早起きして真っ暗な道を行く。
すいてた…ラッキー♪

お山の、外気よりも…
家の中の方がきんきんに冷えていた。
温度計がマイナスろくどっ!
1112295_convert_20111229123455.jpg
ぶんたのお水も凍ってた~

水道の電熱線のコンセントをさして
まずは薪ストーブを点火して、荷物を整理して
そして、水抜きしてた水道を開通させて…

この年末年始は久しぶりに
お山に長く滞在する事となった。
ぶんた~ぶんた~お山の年越し満喫しようね♪
1112291_convert_20111229123329.jpg
うんっ♪

1112292_convert_20111229123350.jpg
空は真っ青♪

太陽よりも青い空がメインなお山の森を
ぶんたとお散歩した。
お天気は良さそうだから、雪は期待できそうもないけれど
でもでも、まあ、ゆっくりのんびりしようね
ぶんた~
1112294_convert_20111229123435.jpg
あ…行っちゃった…
去勢の手術をしてから
なんにも変わらないぶんただけれど
お山で少しリードから解放させても
どっか遠くに行かなくなったような……
こちらの近辺をうろうろしての繰り返し。
よかったよかった、安心、安心…
1112293_convert_20111229123414.jpg
山の年越し、はじけるじょ~
油断しちゃだめかもっ

    ★バフッとひと押し?★
 生まれ変わり、赤子に戻る山の空気
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 年末あれこれ仕事納め 

山からころげ落ちる様に……
はたまた上流からいっきに大海原に繰り出すように
日々が過ぎて残す所あと4日となった。

仕事納めの28日、年賀状も会社のビルの1階にある
郵便局から出す事ができた。
ふぅぅぅ~~

そんなばたばたした年末のさなか……
1112282_convert_20111229122830.jpg
描き納めをして…

ポインセチアを描いたけど
少しは納得のいく絵が描けたような……

1112281_convert_20111229122806.jpg
イブの日に忘年会もして…
鯛超お母さんが焼いた鳥もも肉、
タレからつけ込んでオーブンで焼いたものだけれど絶品。
お腹いっぱいになってもう入らない…状態だったものの
その日の夕方はいとこのMちゃん夫妻と忘年会パート2。
忘年会のはしごをした。
もうお腹はぱんぱんだった。
サンタに変装できそうだった。

その次の日……
1112283_convert_20111229122849.jpg
散歩中、かわせみに会った。
かわせみ納め……
いつも出会えるわけではないけれど出会った日は
幸運の一日と思えて、いつの間にか私にとっての
幸せの鳥なのだけれど。

年納めの頃に久しぶりに出会ったかわせみは
なんだかお腹がぽんぽんで、
私の胃袋と一緒のようだった。

そして、仕事納めの最終日…会社では
1112286_convert_20111229122948.jpg
おかざりをつけて…
掃除をしたり、税金を納めたりなんだりして
午後1時から
1112285_convert_20111229122929.jpg
忘年会スタート♪

1112284_convert_20111229122910.jpg
まだやるのかよっ
年明けまで毎日が忘年会なのだ…


    ★バフッとひと押し?★
 もう飲まぬ、もう食わぬの日々の年の瀬
      ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 リース(賞味期限きれ) 

ブログと言うものは、なんですか、日記みたいなもので
かれこれ小学校五年生の時から毎日欠かさずに書いてた私としては
こりゃ、いい手段だ…
しかもいつの頃からか
忙しさにかまけて、青春時代のように毎日がキラキラしなく
なったからか、ペンでの日記も書いてなかったから…
よし、パソコンでならどこでも書けるし
挿絵つきじゃなくて写真つきの日記ができあがっちゃうのだ
こんな良いものはないぞ!!

と…思って始めたものの。

せっかく日記を書こうと思って用意した材料も
日にちが経ってしまうと
「なんの事やねん?今更…」みたいな状態に陥る事が多々あり。
そう、鮮度が肝心かなめなのか…と痛感したわけで……

それでも、せっかくだから……
ほんとに……タイムリーじゃないけど……
言い出しにくいけど……
ク、ク、クリスマスの前々日に撮影した
会社近くのイタめしやらフランスめしやらのお店の
ステキなリースを、もったいないから
載せよう♪
1112191_convert_20111221111039.jpg
ポインセチア…

リースじゃないけど
「もうすぐクリスマス…」などの出だしで
「久しぶりの絵画教室でポインセチアを描いた…」なんて
書こうと思ってた。


1112192_convert_20111221111107.jpg
リースその一
お飾りならタイムリーなのに
今更、何の意味もない。


1112193_convert_20111221111123.jpg
リースその二

それがどうした……
バックのクリーニング屋さんの看板のクの字が
こうして見るとうざい…


1112194_convert_20111221111144.jpg
リースその三

かわいい♪なんて言ってみてもとんと実感がわかない。


1112195_convert_20111221111202.jpg
リースその四

そもそも「リースパート1」とか「パート2」と
書くのでなくリースに「その一」って番号ふる事じたい
気持ちは正月モードだ……
しかしながら…気ぜわしいなぁ
1112196_convert_20111221111223.jpg
お飾りはどうした?
賞味期限切れの内容でした……

    ★バフッとひと押し?★
 本年も残す所、あと五日……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 かんばん娘 

1112183_convert_20111221110734.jpg
また買い忘れたのかぁ?
そう言うわけじゃないけど、ぶんた……
少し遠くのサミットに、ぶんたを留守ぶんさせて出かけるより
近所のお肉屋さん、志村商店にお散歩がてら
一緒に行く方がぶんただって良いでしょ♪
1112181_convert_20111221110657.jpg
ついでにモミジ狩り♪

散歩の方向がいつもと若干違うのでぶんたも不思議そうだった。
今日は肉じゃがとカツ丼を作ろうと思ったものの
しらたきがない。
それから、肝心なカツがない。カツがなければ
ただの「丼」になってしまう。
揚げればいいのだけれど、二切れだけ揚げるのは面倒だ…

そこで、はた、とひらめいた。
前に初めて行ったその、志村商店は、言えばその場で
揚げてくれるのだ!!

そう言うわけでお店のほぼ、前にぶんたとさしかかったら…
お店の隣の、駐車場のあたりから
女の子、と言うよりもお姉さんがひょこっと声をかける。
「そこに卵が割れてるから、わんちゃん、なめないように
  気をつけてくださいね~」って。
見るとお店の前の歩道に卵が割れていた。
「ありがとうございます」って言って
そして、ぶんたをまたお店の前の柵にしっかりつないで……

そして、志村商店内…あった、あった、しらたき。
それから…「カツありますか?」って聞いたら
おばさんが「300円のでいいですか?」と。
その場で揚げてくれるのだ。

先に精算したいなぁ~ぶんたも外にいるしなぁ~と
思ってたのを察知したかのように
忙しく働く店主とおばさんにかわって、
商品ケースからひょっこり顔を出したのは
先ほどの「卵割れてますよ~」って声かけられたお姉さんだった。

「ああ、うちに(に寄るん)だったんですね」と。
「外のわんちゃんいい子ですね~自転車の人が通りかかって
頭なぜたら、しっぽ、ぱたぱたふってましたよ~」って
くったくのない笑顔で話す。

今の若い子ってもっと人見知りで、なんとなくぼやぼやしてる
イメージがあったけれど、その子はホントに
お店の娘さんだからかもしれないけれどとっても
好印象の彼女だったのだ。

だいたい、ただの通行人だと思われる私とぶんたにも
「卵割れちゃってますからね」って声をかける事自体
できた子だなぁ~と思ったし……。

ひとしきりのおしゃべりの後精算が済んで
ぶんたと、カツが揚がるまで外で待ってたら、その子が
ちりとりと新聞紙を持って割れた卵を掃除しに来た。

よく見ると30代?かな?いや20代?
でも顔は童顔で
コロボックルのお話の村上勉さんの絵に似てる。
編み込んだ、両側にあごの下でしばる紐のついた毛糸の帽子。
上着の下にはトレーナー。とっくりのセーターも着てた。
トレーナーの下には一見エプロンに見えるスカートはいてて
そして何より、ざっくり編んだまっ黄色のタイツをはいてた。
かなり個性的♪

思わず、「そのタイツ?暖かそうですね」って言ったら
掃除の手をとめて
「そうなんです~めっちゃ暖かいの。
これ、姉がくれたマフラーだったんだけど
筒状になってたからタイツにしちゃったの♪」

「え?じゃあお尻はすかすかなの?」って聞いたら
「いや、毛糸のパンツに縫い付けたの」って言って
スカートの下の、
毛糸のパンツとその黄色いマフラーだった
タイツを縫い付けた箇所をちらっと見せてくれた。
リボンみたいな太い糸で丁寧に縫ってあった……

初対面なのに、状況を説明するのが面倒だったのか
赤い毛糸のパンツまで見せちゃうなんて
なんか、可愛いって言うか、くすって言うか
ほっこりって言うか……

そしてまたひとしきり防寒などのおしゃべりの後、
「若いのに、お店の手伝い、偉いね~」って言ったら
「いやいや、若くない、若くない」
「そんな事ないよ、まさに“たてかん娘”!!」って私が言うと
「それを言うなら、かんばん娘でしょ」って
二人で大爆笑したわけで……(笑)
いやはや
つっこみもピカイチのかんばん娘だったのだ。
1112182_convert_20111221110715.jpg
カツが揚がったじょ~~
ええ?もう?

    ★バフッとひと押し?★
  おしゃべりは時間経過が麻痺をする
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 繋がり 

今年も残す所、あと少し…となって来た。
毎年だけど、気ぜわしくて、やる事やらなきゃと思って
普段してない所の掃除をしたりするのだけれど
掃除しながら、ああ、あっちもだ…とか
そう言えばまだ年賀状の写真を選んでない…とか
頭の中があちこちとちらばってしまってますます
バタバタ感が増す今日このごろ……

そう言えば…今年の世相を表す漢字は「絆」だったそうな。
「震」とか「災」とかもあったけれどダントツで「絆」が選ばれたと。
いろいろ大変だったこの年、「シン、シン、シン…」とか
「サイ、サイ、サイ…」って言うよりも
なんだか「キズナ、キズナ、キズナ…」って念じると
前向きになるようなそんな気がする。
お金も家も物質的なものがなくなってしまったら
最後に大切なのは人との繋がり、そして絆、なのだろうな…
と、思ったりした。

そんな事を思いながら掃除をしてたら
「ピンポーン」と玄関のチャイムが。
ぶんたがここぞとばかり「おおおおお~うぃぉぉお~ん」と
けたたましく吠える。

宅急便のおじさんが「重いですよ~」って笑顔で
箱を渡してくれた。
箱の中身は………
天童の家のブログのこんのさんが、「おみづけ」を送ってくれたのだ。

箱を開けたら、山形県にある天童と言う街の空気が
飛び出して来たような気がした。
こんのさんが、青菜(おうな)を漬けてる作業をブログで拝見して
美味しそうだなぁ~とコメントしたら
なんと、送ってくださるとの事。
お言葉に甘えて、送ってもらったわけで……

青菜で漬けたおみづけ、と青菜漬けと白菜漬けと
それからリンゴまで入っていた。
クリスマスのサンタさんからのプレゼント?
いろいろ入ってると楽しい♪楽しい♪
がさこそとビニールの袋を開けてたら……
IMG_4893_convert_20111219103252.jpg
なんかいいものがあるんだろ~
ぶんたがすかさずやって来た。
鼻先をできるだけ、キッチンの台の近くにくっつけて
前足ついて立ち上がれば、何があるか見えるのに
律儀におすわりしたままで、クンクンしてる。
そう言う所はおりこうなんだけれどな…
IMG_4895_convert_20111219103307.jpg
だろぉ~~

ぶんたにはお漬け物はだめだけれど
リンゴをほんのちょっこしあげようかね。
蜜が入った美味しいリンゴだよ。
リンゴは私も大好きな果物だから、
一人で全部食べちゃいそう……(笑)
IMG_4898_convert_20111219103324.jpg
白菜も美味しそう♪
ぶんたの視線を気にしながら
白菜に包丁をざっくざっくと入れて切って
そしてつまんで、またつまんで…を繰り返し……
しみじみと味わった。

それにしても、ブログを通してお知り合いになって
こうして美味しい物をいただいたりしてしまって。
以前、オセロさんから、ぶんたのお人形をいただいた時
それはそれは感動で、
パソコンが入り口となってこんなふうに
遠くの人とも繋がりが持てるなんて幸せだなぁ~と思うわけで。

そして
ほとんど個人的な長ぁぁ~いつぶやきみたいな
日記みたいなぶんたのブログだけれど
こんな時、やってて、そして続けられてて良かった…とも
思ったりもするるわけで……
こんのさん、本当にありがとうございます♪
IMG_4901_convert_20111219103338.jpg
まだ…くれないの?
だからぶんたにはりんごが…あれ?食べちゃった、私…

    ★バフッとひと押し?★
  天童の美味しい青菜を食べ過ぎて…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ストーブ大活躍 

12月11日のハナシ。
でも
ほんとは12月19日…あっと言う間に1週間近く経ってしまった。
ばたばたしてて、日記を書く余裕が心にない…
いかないなぁ…と思う。
それでも、心の隅には、あって、写真は撮りためてあるのだけれど…
それがせめてものすくい、かなぁ…

とにもかくにも、その日のお山はとても寒く
そして先日、少し降った雪が積もっていて
ところどころ、溶け出したのが再び凍っている
箇所があった。
年末にお山に行く時で、いいか…と思ってたけれど
備えあればなんとやら、朝一番で
スノータイヤの交換へ行った。

案の定、結構混雑してた。
やっぱり雪なんか降っちゃうと、みなさん
慌てて交換しなきゃ、って思うのだろうな。
そう言う私もまさに、絵に描いた餅?の様に待つ事に。

じっとしてても仕方ないので、近くのセブンイレブンへ行ったり
開店した今井書店で「コシノ洋装店物語」、
朝ドラのカーネーションのハナシのもとになった小説を買って
そしてタイヤ屋さんで読んで待つ事、1時間あまり、
ようやっと終了した。

お店のお兄さんがホイルも一緒につけた方がいいですよ、
と言ったけど…
1112101_convert_20111212104115.jpg
ホイルねぇ……
ホイルつきのタイヤはとても重くて車に積むのが大変で
だからタイヤだけにしたのだけれど
なんでも、時間がかかるし、タイヤをホイルから取る時に
タイヤに負担がかかって痛みやすくなる、と。
しかも値段が、ホイル付きのタイヤなら半額だと…

と、ホイル付きのタイヤの方が断然いいぞって
「どや顔」で言われて、ホイル付きのタイヤを買うしかない
くらいの条件を並べられたけれど、
なにせ、この車10万キロを先ほど達成して
買い替える事も検討してるので……と言ったら
どや顔のお兄さんはあっさり「そうっすか」とひきさがった。

なにはともあれ、これで雪の対策は済んだ。
帰り道……
1112102_convert_20111212104131.jpg
富士山が綺麗だった。
空気が澄んでいたからか、
遠くに見える富士山が、絵の様で……
しかし、何キロも離れたこのお山でも拝めるなんて
ホント、富士山は大きいのだなぁ…と思って
「頭を雲の上に出し♪四方の山を見下ろして~♪」と
歌ってみたりして。

そして、家に帰ったら、すっかり薪ストーブの薪が
燃えきってしまっていた。
結構長い間のお留守番だったのでぶんたもとっても
不満そうだった。
1112103_convert_20111212104156.jpg
さっそく、火を入れて…
久しぶりに運転再開した時よりも
ストーブの調子がよくて、とてもよく暖まる。

やがて、ストーブにひっついてる磁石の温度計が200度くらいに
なると、燃え方も安定してきて……
そして、ストーブの上が賑やかになって来る。
1112104_convert_20111212104211.jpg
くんせいをしてみた

1112105_convert_20111212104225.jpg
ぶんたのゴハンも煮て
オリーブオイルでにんにくをじわじわ暖めて…
などなど、せっかく燃えてる炎を有効活用すべく
お鍋ややかんやフライパンだらけのストーブに。

ストーブ大活躍。
暖かくするだけじゃなくて料理の手伝いもしてくれて
いい匂いが漂ったり……

見た目は真っ黒くてぶんたとそっくりだけど…
ぶんたより、断然働き者だぁ
1112106_convert_20111212104239.jpg
おいらの心も燃えたぎってるじょっ!!
ゴハン食べる事への情熱でしょ♪

    ★バフッとひと押し?★
   ストーブも厨房となる山の冬
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

  

お山に向かう高速道路、いよいよ
あがったりくだったり、盆地の土地をまっすぐ走ったりしながら
いよいよ、標高が高くなって来たころ、
雪がちらつきはじめた。

東京と神奈川の県境のあたりでも
両側の山景色がすっかり白くなっていたのに
驚いたけれど、たぶん、すぐ溶けちゃうんだろうな…と思った。

けれど、いつも来るお山の、その少しだけの雪は
気温が低いため、茶色い地面にへばりつくようにして積もってた。

ぶんたは、久しぶりの雪なので
一歩一歩雪を、足の裏の肉球で踏みしめるたびに
足取りがどんどん軽やかになって来て
油断すると先へ、先へと突っ走って行ってしまいそうだった。
1112091_convert_20111212103509.jpg
トコトコ、ゴソゴソ…

1112092_convert_20111212103527.jpg
雪のにおいがする……
ほんの少しだけ、雪がちらついていたお山の散歩道。
手袋して、マフラーして、帽子もかぶって…
少しだけ空気にふれている耳たぶのふちが、冷たい冷たい。

それでも、空気が気持ちいいので
ここ最近は行っていなかった、ロングコースのお散歩道へと
ぶんたと一緒に入って行った。
1112093_convert_20111212103541.jpg
一番近くの山も真っ白だった
ああ、いよいよ真冬のお山のシーズンがやって来たのだな。
雪が降っても溶けない。
溶けたらと思ったら少しだけで、それが
夜中にガチガチに凍ってアイスバーンになっちゃうみたいな。
水道だって水抜きしないと、水道管が破裂しちゃうみたいな。

かれこれ、子供の頃からこのお山に来てるけれど
とにかく、お山の冬はとても寒く、
そして雪はあまり降らない、そんな場所。
だから冬の備えもちゃんとしておかないと……
1112094_convert_20111212103556.jpg
なんにもいないなぁ~

冬眠しちゃってるのかね。
ちっさい、ぶんたの獲物にされちゃうような動物は…

1112095_convert_20111212103613.jpg
シカもいないじょ、シカも…

そう言えば、今シーズンの秋からこの冬にかけて
いつも遭遇するシカに、ぶんたはまだ会ってないぞ。
この前、来た時、近くの温泉の露天風呂に入ってたら
裏手の林で子鹿の鳴き声が聞こえたけれど……

この冬もたくさん、お山のてっぺんの方から
おりて来るのだろうか……
1112096_convert_20111212103628.jpg
準備万端だじょ♪
鹿追いはかんべんして……

    ★バフッとひと押し?★
     防寒対策せねば……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…




 霜とり2011 

ぶんたのお腹の調子は一日経ったらすっかり
通常営業の様に、何もなかったかのように復活した。
それでも、お腹をこわしたその日は
食欲があるものだから、可哀想でゴハンをあげると
しばらくして戻してしまう…
リンゴを半分すってあげたけどやはり…
お水も飲むとやはり…

そう言うわけで、まだ安心できないので
12月7日の翌日もぶんたと家にいる事にした。
そして、昨年の五月にしてから
一年以上も経ってしまったのだけれど
冷蔵庫の霜とりをする事に。
結構時間がかかる作業で、面倒だけれど
今のうちにやっておけば
新しい年を迎えられそうな気もあった。

そして何より、
冷凍庫の状況は、緊迫していて(笑)と言うと大げさだけれど
霜がはびこってしまって
三段に別れている冷凍庫の引き出しの開け閉めが
できなくなりつつある引き出しもあった。

さらに、霜がすごくて(理由はこれだけ…)
霜を冷凍庫で育ててる…みたいな状態で
冷凍したいものを入れたいのに霜が邪魔で入らない…
なんて事もしばしばおきた…
IMG_4887_convert_20111212100641.jpg
霜とり開始

鯛超に霜とりする…って話したら
「だいたい、今時の冷蔵庫で霜が着く冷蔵庫って?」と聞かれた。
かれこれ10年前、フロンガスが少ないタイプだったし
見た目がかっこ良かったから決めてしまった
日本製じゃない冷蔵庫。

壊れたら、今度は絶対日本製にする、って決めてから
はや数年、まったく壊れない。
霜がはびこる事をのぞけば調子も良い。
いたしかたない、大切にしよう……と
ぶつぶつと頭の中でつぶやきながらはじめたわけで。
IMG_4888_convert_20111212100628.jpg
霜は食べれないのかい?
お腹の調子悪いのだから
霜なんて食べたら、さらに悪くなっちゃうよ、ぶんた。
いつもより少なめのゴハンなので
霜を見るぶんたの目に切なさが浮かんでいたような気がした。
IMG_4891_convert_20111212100613.jpg
霜、出る、出る…
スイッチオフにしてしばらくしたら解け始め、
ドライヤーの温風をあてたりして……
ざっとだけれど、洗いおけ三ばい分くらい出た、出た。

解けるまで、長い道のりだったけれど、
ああ、やっぱりやって良かった~
すっきり、すっきり。
冷凍庫も綺麗になったし、何より引き出しの
スペースが広がったし……

ぶんた、見て、見て♪
IMG_4892_convert_20111212100556.jpg
ZZZZZ……
興味、なし、か……

    ★バフッとひと押し?★
 半年に1回の霜とりを目標にかかげた…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 明け方の騒動 

1112061_convert_20111208094931.jpg
………?
診察室の入り口で待つ間、何度もあくびする私を
不思議そうにぶんたが見る。
8時半に受付をしてかれこれ2時間。
動物病院は待合室もそして、手術をしたわんちゃん達の
入院部屋も大混雑のようで、人間の病院並みの待ち時間だった。

今朝、明け方の5時、
ベットのわきのクッションで寝ていたぶんたが
もそもそ起きたと、ふと目がさめて気づいたら玄関の方へ行った。
鯛超に「ぶんたおしっこかもしれないよ」って
声かけたらねぼけまなこで起きてくれた。

玄関の方で「ぶんた、おしっこ行くぞ」って鯛超の声。
「ぶんた、行くぞ、ぶんた…あああああ~~」と
ぶんたと呼びかける声が落胆の声にかわった。

私も慌てて飛び起きたら、ぶんたは玄関のたたきで用を足し…
そして外に出ていた鯛超の方へふらふらと歩き……
ところが、歩こうにも歩けないようで
足ががくがくっとなったと思ったらそこで少しうんちをして
そして、ゆっくりぱたんと、コンクリートの地面に
倒れ込んでしまったのだ。

まだ外は真っ暗。空気は昨日よりひんやり。
新聞配達のバイクの音が聞こえ、やがて我が家の前も
通って行った。

「ぶんた、どうした?ぶんた?」鯛超が呼びかけてもうんとも
すんとも言わない。が、目は開いている状態。
ちゃめが病気になっててんかんの発作が起きた時の事を思い出す。
同じような明け方に、急に体がけいれんして、
泡上のよだれが吹き出し、まるでもののけにつかれたような
そんな状況の中、何をする事もできず
ただ、ただちゃめの名前を呼んだあの時……

しかしながら、どうやらぶんたは発作のようではない様子。
そこで
手足をほおりだして地面に寝てるぶんたの鼻先に
大好きなパンのおやつを差し出してたけど食べようともしない。
心臓発作だったら?やっぱり神経の麻痺?脳しんとう?
しゃべれないものだから、想像もふくらむ。
そこで動物病院に連絡したら緊急の場合の電話番号が
流れていて、そこにかけて状況を説明した。

先生はとりあえず、様子を見て朝一番に
いつもの病院へ……と言う。
でも、ほっておいて手遅れな事があったら後悔するし…どうしよう…

とりあえず
鯛超と二人で、ぶんたをクッションに移して部屋の中へ運んだ。
冷えてる体を温めて、様子を見ると
どうやら意識ははっきりしてるようだ。
ただ、お腹がゆるく、何度かうんち。
おしっこシートがあったから良かったけれど朝からばたばただった。

太陽がのぼり、明るくなって来たら、ようやっと
動き出す元気が出て来たみたいで、なんとか動物病院へ
連れて行く事ができたのだ。
1112062_convert_20111208094948.jpg
一件落着だじょ…
まだ、そうじゃないけど……

病院でもいつもより元気がなく、お水をたくさん飲むと思えば
しばらくすると全部戻してしまう。
先生に状態を細かく伝えて、いろいろ調べてもらった。
便も採って持って来て、ついでに犬のかかる
ウィルスの検査もしてもらった。

結局、先生の診断によると極度の胃酸過多による
急性的な胃腸炎ではないかと…
体温が37度で低いのでなるべく体を温めてくださいと言われた。

1112063_convert_20111208095011.jpg
点滴中……
脱水状態もあったので、栄養剤も一緒に点滴した。
皮と肉の間に点滴液が注入されて
首の後ろがみるみるふくれてこぶができた。
らくだみたいに……
1112065_convert_20111208095046.jpg
一応絆創膏など貼られ…

待合室のワンダチの飼い主さんからは
「おとなしくていい子ねぇ~~」
「なんて種類の犬なの?」
「大きいのにほんと、穏やかねぇ~」などと声かけられたけど…
「いや、今日は元気ないんで大人しいわけで…」と
苦笑で返答してばかりいた。

何はともあれ、大事でなくてほっとして、
家に帰って、もらって来た薬の袋をごそごそとしてたら
ぶんたがやって来た。
1112066_convert_20111208095103.jpg
腹減った……
点滴の威力、恐るべし。
ぶんたはすっかりいつものぶんたに戻って
食欲が出て来たのか、おやつをくれくれ……ってねだる。
かれこれ半日以上、まる一日近く何も食べてない
状態だったので、かわいそうだからいつものようにごはんをあげた。

ごはんは全部食べた。
でも、しばらくして全部戻した。
そこでりんごを半分すりおろしてあげた。
全部食べた。
でも、また、全部戻した。

結局、心も頭も、全身的にも元気なものの
ぶんたの胃腸は弱っていたのだ。
すまないけどぶんた、今日は食べない方が良いみたいなんだ。
薬を飲んで早く治そうね。
1112067_convert_20111208095118.jpg
しゅん……
食欲があるのに胃がうけつけないってつらいんだよね~

    ★バフッとひと押し?★
  ぶんた、意外に胃腸が弱いのか?
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 黄秋…おうしゅう 

日曜日の朝、昨日の本ぶりの雨とうってかわって
晴天、晴天、雲一つない空も真っ青だった。
たいてい、雨がざんざん降った翌日と言うのは
我慢してたかのようなおひさまがでんっと顔を出すものなんだ。

そう言うわけで、朝から洗濯機を三回まわした。
昨日のたまってた洗濯物。
ベットのラグや、シーツ、トレーナーなど。
それから、ソファのカバーもぶんたくさくなってたので…
と、三回めの時には既にお昼前になっていた。

そんなこんなで、お洗濯は洗濯機くん、にまかせておいた
合間をぬってぶんたと外へお散歩へ出た。
外の空気が適度にひんやりしていて思わず深呼吸。
そして少しいつもより足早になる。

ふといつも見慣れた公園の景色を改めて眺めたら…
1112041_convert_20111204143509.jpg
銀杏もすっかり黄色くなって……

1112042_convert_20111204143533.jpg
まっ黄色の葉がたくさんあって…

1112043_convert_20111204143608.jpg
おひさまもまっ黄色だじょ

公園の紅葉は「紅葉」と言うより「黄葉」だった。
もみじの葉はまだ微妙に緑だし
桜の葉は赤くなってすっかり落ちてしまった。
そんな中、
青い空に向かってさわさわと枝をふる
黄色いイチョウの木を見るとなぜだか元気が出るような…

そうだ…黄色い秋だから黄秋だなぁと、
黄秋と言う言葉が頭に浮かんだ。
調べてみたら何でも、黄秋ってリンゴの品名になっていたり
それから人生を表すのにも使われているそうな…
青春時代、朱夏もしくは橙夏時代、そして黄秋時代、
さらに白冬時代…と。
黄秋時代は50代半ばから70代半ばとまで区切ってある
文もあったりした。

ふうぅん…そんな意味にも使われていたのね、黄秋。
黄色い葉がぱっと目に飛び込んで来ると
元気がむくむくわくそんな、黄色い秋。
人に元気を与えるような黄秋。
♪黄秋時代が夢なんて~後からほのぼの思うもの~♪なんて
白冬時代に歌えたら幸せだろ~なぁ~

それにしても、黄色い絨毯の上のぶんたは…
1112044_convert_20111204143623.jpg
目立つ、目立つ

黄色と黒って反対色だから…
そう言えば工事現場のフェンスなども黒と黄色の縞模様で
あれって目立つからなのかなぁ…
ぶんたにとっては黄色い秋は
スポットライトがあてられてるみたいで
かくれんぼなんてできないよね~
1112045_convert_20111204143646.jpg
黄色い縞模様にするか?
そりゃ、トラでしょ?トラ…

    ★バフッとひと押し?★
  洗濯もの、かわくかわく黄秋の日
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 おかわり? 

渡すものがあったので、夕方のお散歩のあと、
ちょこっと母の所へ寄った。
今日は寒かったわね~などと母が言ってるそのリビングに
こたつがでん、とかまえていた。
1112021_convert_20111204133632.jpg
ぬくぬくだじょ♪
けいちゃんも、そしてぶんたも寒がりんぼだからか
こたつの周りに寄ってくる。
母は冷え性なので、気温が下がると手足が冷たくなるらしく
毎年、冬にはこたつを出す。
育った、今はもう人の家になってしまった家にも
掘りごたつがあって、冬になると始終入っていたような気がする。

そう言えば、朝会社へ行く車中のラジオで
ピーター・バラカンさんが言ってたのだけれど
どこそこの外国人が日本のこたつにほれこんで
木材などこだわって、こたつの足に「なごみ」と
掘られた、そんなこたつを売り出したら結構売れてるとか…

こたつは日本だけの暖房器具だと思ってたけれど
そのうち、世界中の人がこたつにあたっていたりしたら
もっと世界は平和になるような…そんな気がした。

そうだそうだ、こたつに入ると何故か
戦闘意欲が落ち、みかんをむきながら
「ああ、このままここで寝ちゃいたい…」
なんてだらだらの、ぐーたらの気分になるのは私だけ?

トシをとるとさらに、
一度入ったら立ち上がるのにおっくうなので母も
「こたつに入っちゃったから、それ、とって」とか…

「こたつ入ってるから、けいちゃん、ごはん食べたかそこから見える?」
などと、日頃ぱたぱた歩き回ってる母も
すっかり、こたつの魔力にがんじがらめになっていた。
1112022_convert_20111204133650.jpg
けいちゃん全部食べたじょ

と…ぶんたがなにかくわえてうろうろしてる。
なんやねん?

1112023_convert_20111204133707.jpg
くれっ
けいちゃんのごはん茶碗じゃないか。
ぶんたのに比べて茶碗くらいのけいちゃんのごはんの入れ物。
ぶんたはけいちゃんが食べ終わるのを待っていて
食べ残した、ほんとにかす、みたいなものを
綺麗にぺろぺろなめるのだけれど…

まったく何もなくなったので
入れてくれって持って来た。
1112024_convert_20111204133727.jpg
空っぽなんだ…

そこまでして欲しいのかい?
いわゆる「おかわりっ」なのかい?
ラーメンだったら「替え玉もう一つ」なのかい?

1112025_convert_20111204133743.jpg
どっちでもいいからさ
こんな時、母はついついかわいくなって
ジャーキーを入れてあげるのだから、ああ、もう
ぶんたのおかわりは、定番になってしまいそうだ…

1112026_convert_20111204133800.jpg
みかんゲット♪
芸は腹を満たす…

    ★バフッとひと押し?★
  こたつにみかん、ぶんたにみかん…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ぶんたのいた場所 

11月26日の土曜日…気づいたら、
ぶんたと出会ってまる4年が過ぎていた。
4年前の11月22日、いーふーふの日に、ぶんたと出会ったのだ。

ぶんたの誕生日がわからないから、勝手にこっちで決めてしまっている
けれど(7月1日に…)
それは一方的な誕生日設定で、双方の合意のもとの
お誕生日ではなくて……
この世に生をうけた記念すべき日がわからないなんて
お祝いするにも、どうにもこうにもいま一つ気持ちが
入ってないような気がしてた…

そこで、そうだ、そうだ、
ぶんたと私たちにとっての記念すべき日は
11月22日なんだ!!!!!
まさに出会ったそ日が、記念すべき、定かでない誕生日よりも
ステキな日なんだ、って思ってたのに…

思い出した時には数日経ってしまっていた。
ごめんよ、ぶんた。

そう言うわけで、ぶんたと出会った場所へ行った。
ぶんたがいた場所…
そこは山梨と長野の県境のあたりで北斗市と言う
なんでも、日本の中でもCO2の排出量がとても少ない町だと言う。
その、町と町をつなぐようにできている八ヶ岳高原ライン。
山沿いをアップダウンのくにゃくにゃした道が
へばりつくようにはしってる。
1111271_convert_20111128094126.jpg
まさに、ぶんたがいた場所

この先のカーブの手前のあたりでぶんたが道を横断してて
「小熊か?」と、勘違いした瞬間の場所。

1111272_convert_20111128094143.jpg
ちょうど日が沈む頃だった

車を停めて、ぶんたを見たらにらみかえし。
車がスピードをさげて、通り過ぎるたびに
とことこと追いかけて行くその様が何とも切なかった。
おやつのジャーキーがあったので
1本、車から投げてあげたら、驚くほどにしっぽを降って
食べたっけ…

カーブを曲がると…
1111273_convert_20111128094203.jpg
前方に大きな山…
あんな方まで行ったりしてたのかなぁ。

1111274_convert_20111128094223.jpg
右手には薮、薮、薮…
そう言えば足をちょっと怪我してたっけ。

とにもかくにも、車に乗せちゃったら
前に来ようとしたので、ロールパンをちぎっては後部座席に
なげ、ちぎってはなげ…と、繰り返しながら
興奮と緊張の気持ちいっぱいでお山の家へ向かった時の
事が鮮明に蘇って来た。

それにしても、今でも思うけど、
よく、どこの馬の骨ともわからない、大きい、黒い、
風来坊の野犬を、連れて来たなぁ~~

凶暴でもなく、病気でもなく、大けがしてるでもなく
幸いにも今、こうして、家族同然で一緒に暮らしてるのを
思うと、ああ、あの
4年前の2007年11月22日は奇跡の日だったのだな、と
沈む夕日を見ながら思った。
1111275_convert_20111128094242.jpg
……………
ぶんたもその時、私とおんなじ気持ちだったと思う…

    ★バフッとひと押し?★
   来年はちゃんとお祝いしよう
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。