calendar

          02« 2013/03 »04          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大好きなお散歩コースへ 

久しぶりにお山に到着した。
スノータイヤを交換する用事もあったのでいそいそと向かった。
麓のタイヤ屋さんでいつも交換して、
替えたタイヤはお山の家の地下に置く……という事に……。
さすがにもう、スノータイヤは必要ないだろう。

雪はすっかり解け、柔らかい春の陽射しに包まれたお山だった。
少しひんやりする風が時々吹いてくるけれど
あまりにも気持ちがよいので
ぶんたと、これまた久しぶりに大好きなお散歩コースを
めぐった。

20130330_081214_convert_20130401114049.jpg
やっほー!!

その道は冬の間は雪が積もって歩けたもんじゃないし
朝晩の気温が零度を割る頃は
地面に10センチ以上の霜柱が出て、盛り上がっていて
やはり歩けたもんじゃなくなるのだ。

もっと、昔、というかぶんたと出会った6年前くらいは
そんな状況の道でもスノーシューズをはいて
かかんに挑んだ……ような気がする。
やはり年のせいだろうか、年々なんだかんだと
へりくつをこねては、めんどくさがり屋になって行く
自分を省みながら、先へと進む。
20130330_080956_convert_20130401114110.jpg
お。小鳥の巣だ…
たぶん、新築ではなくて中古だろう。
こんな家が丸見えの状態で
小鳥がひなを育てるとは思えない……。
これからいっきに木々が芽吹き始め、新緑で覆われる頃、
きっと小鳥の子育てがそこそこの葉の陰の
あんな小さな巣で始まるのかもしれない……
20130330_082029_convert_20130401114029.jpg
早く行こうよ♪
写真撮影でもたもたする私を
いつもの様にせっつくぶんた。

風が吹いて来たけれど、アップダウンの道は
結構息が切れて来て、あっと言う間に
体がぽかぽかして来た。
ぶんたももう6歳くらいになる。
人間で言えばいい大人、中年の部類だろう。
結構しんどいのかしら……
20130329_152055_convert_20130401113949.jpg
みくびるなよ
失礼しました……
きっと、リードを離したら弾丸のように遠くへ
飛んで行っちゃうのだろうね……。
いなくなったり、どこかで怪我したりした時の
心労を想像するだけで疲れるので
一匹オオカミにはさせないで
一緒によいこら、お散歩道を楽しんだ。

細いから松の落ち葉が、柔らかな春の土にさらに
やさしく敷き詰められ、一歩一歩踏みしめるたびに
控えめな小さな音をたてている。
なんとなく、木々もうっすら萌葱色になって来たような。
ああ、蕗の薹ももう出ているころだろう。
帰りにちょっこし、いただいて行こうかね、ぶんた。
20130330_082039_convert_20130401114009.jpg
苦いのはどうもな……
子供だ……

    ★バフッとひと押し?★
 柔らかな地面にかげろう春山の道
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 気づいちゃったよ〜♪ 

少し前に、なんとなくお笑いのテレビを見てたら
一発芸の人たちが出て来た。

お笑いは好きだけれど、一発芸はどうも面白いと思った事がない。
すぎちゃんには悪いけれど、あき、とか何が?
どうして?と言うものがいつもつきまとっていて、
それこそもうそろそろ「ワイルドだぜ〜」じゃなくて
「マイルドでしょ〜」って、ワイルドの正反対の
マイルドさをアピールしてはいかがなものだろうか……

コント55号(ふるっ)や、サンドイッチマンとか
笑いに一生懸命だったり、どこかとぼけてたり、
最低にばからしかったり…
それとは質が違うけど笑点も好きで
なんとなく見てて笑っちゃうには最高だ。

なんて、お笑い論になってしまったけれど…
その時の話しに戻って、
一発芸の人々が入れ替わり立ち代わり登場する中
「でっかちゃん」と言う芸人さんが出て来た。
真っ赤なマシュルームカットにしましまのズボン、お腹に太鼓を
かかえて、まるで遊園地でうろうろしてるお人形のようだった。
その人が
「でっかちゃんだよ」って言ったあと
鐘をカン、ってならした瞬間、わけもなく大笑い…
理由はわからないけど、ばかばかしすぎて大笑い…
つぼに入ってしまったのだった。

ねたは、何かに気づいちゃったよ、ってのがテーマで
「気づいちゃった、気づいちゃった、気づいちゃったよ」って
太鼓叩きながら言って
既に忘れてしまう程、あまり完成度の高くない
気づいちゃった事を言って笑いをとるのだけれど……
でっかちゃん、ごめんね、はっきり言って。

でも、とにかく、つぼに入ってしまったのだ。
幼稚園児などの子供が、ほんとに単純な事で
笑うかのように……

と、言うわけで、ここ数日の口癖が
「でっかちゃんだよ」と
「気づいちゃった気づいちゃった気づいちゃったよ」で
鯛超もえらく迷惑顔。
先日は寝言でも言ってたぞ、と…うそだい!

前フリがとても長くなってしまったけれど
そう言うわけで、会社の帰り道、
気づいちゃったよ。
20130315_122405_convert_20130328102607.jpg
人気イタリアンの路地だよ

20130315_122359_convert_20130328102546.jpg
何かが干してあったよ
何だろね〜カラスミかね〜

20130315_122426_convert_20130328102654.jpg
逆立ちしてたよ
リアカーがね〜

20130315_122441_convert_20130328102719.jpg
ボケの花も咲いてたよ
かがんで撮って立ち上がったら
でっぱってた植木鉢に頭、ぶつけちゃったよ。

20130319_081334_convert_20130328102741.jpg
ボケボケしてるからだよ
おあとがよろしいようで……


    ★バフッとひと押し?★
  笑い過度では福来らず?
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ふたたびの浅草 

3月20日の春分の日のこと……

いとこのMちゃん夫婦と浅草へ行った。
なぜ浅草、なのかと言うとそれは
なぜその人の事を好きになったのか、と言う理由が
はっきりわからないのと同じで
浅草に行きたかったから行ったわけで……

なんて、へりくつをこねてしまったけれど
本当は食べ物目当てで、
前に行った時、一緒に行って別行動だった
妹のRちゃんが買って来たパックに入った二つの
あんぱんの一つをくれた。

「寿」と「浅草」と焼き印が押してあって
丸くなく四角いそのあんぱん。
帰って食べたらばこれがとっても美味しかったのだ。
生クリームも少し入ってて
何より、パンがとてもふかふかしてて
鯛超の分の半分も食べちゃいそうだった。

その、あんぱんをまた食べたかったわけで……
20130315_152526_convert_20130328094243.jpg
って、目的、あんぱんじゃないか……
はは……ばれたか。
ぶんた、お留守ぶん、よろしくたのんますっ!

都営大江戸線の蔵前駅で待ち合わせして……
20130320_144256_convert_20130328094301.jpg
河べりを歩いたり……
河の向こうにはスカイツリーが
うすぐもりの空に溶けて行くかのように建っていた。
ガラスの塔が、ゆっくりと溶けて行くような
東京の新しいシンボルがすまなそうに
フェイドアウトして行くような……
20130320_150000_convert_20130328094322.jpg
一応、雷門チェック…
お休みと言う事もあってか
大勢の人でごったがえしていた。
どうやら参拝するには長蛇の列に加わらなければ
いけないようで、あきらめて
大きな提灯に向かってお祈りした。

食、目当てだったので、朝もぬき
お腹ぺこぺこ。
目的のあんぱん屋さん「クラージュ」は
雷門通りの一見見過ごしがちな場所にあった。
母のお土産にもと3パック、6個買ったけど
よっぽど、一つ、その場で食べてしまおうかと思った。

おとなげない行動を我慢して、かっぱ橋見物して
気をまぎらわし……
20130320_171421_convert_20130328094346.jpg
花やしきも見たり
入ったんじゃなくて見ただけ……

20130320_171542_convert_20130328094406.jpg
浅草寺にまた寄ったり…

空腹状態で、かなりの距離を歩く、歩く、歩く……
無心で歩いてるとお腹がすいてる事も忘れて行く気がした。
いや、それは気がしただけで……
朝、空腹のまま鯛超と一時間近くお散歩という
しごきに毎日耐えてるぶんたの気持ちにもなったりした。

そう、現実は……
屋台の、できて何時間もたったような唐揚げが気になり…
やきそばの匂いが鼻の穴から入って脳みそにしみ渡り……
手をひかれて歩いてる子供の持ってたじゃがりこを
一本もらおうか、と思ったり……しまいには
浅草寺から見えたスカイツリーがぱりぱりと音をたてて
食べる事のできる、スナック菓子に見えて来たり……

そうして、結局、人形町駅から
目的のお好み焼き屋へ行ったのだけれど閉まってって…
二件目も閉まってって……
結局サルバトーレのピザのお店を発見!
そこで食べたピザや唐揚げは最高だったのだ……
20130319_081300(0)_convert_20130328094205.jpg
お腹すいたっ!
と、ねだるぶんたの気持ちもようくわかったよ。


    ★バフッとひと押し?★
 大ちょうちん、食べたらうまいか浅草寺
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 桜そうそう 

今年の桜の開花は早かった。
ええ?もう咲いたの?
そんなに早く咲いちゃっていいの?
大人っぽい子が早くふけちゃうみたいに早く散っちゃうよ…
なんて声も届かなかった。

家の前の公園はいつもより人の流れが増えていた。
なんとなくお花見の喧噪も聞こえて来たり、
街道沿いには屋台をせっせと組み立てるおじさんが
いたりしたのを思い出して
鯛超とぶんたと、ちょろっと花見見物に行く事にした。

「花見見物」。「花見」ではなく
花見をしてる人々の見物だと厳密に言えばそう思われ…。
なんとなく、花を見て賑わってる人々の様も
花見のうちに含まれる様な気がする。
20130324_134223_convert_20130326110129.jpg
すっかり満開…

20130324_134329_convert_20130326105925.jpg
どうでもいいわい…

20130323_160446_convert_20130326110059.jpg
撮影スポット大賑わい

20130324_134246_convert_20130326110005.jpg
興味なし……

の、ぶんたなのだけれど、
ほろ酔い気分の人が多いからか、いつもより多くの人に
声をかけられる。
「何の犬種ですかぁ?」「さわってもいいですか?」
「男前ですね〜」「ママ、しっぽがくるんとなってるよ!」
などなど。
黒くて大きな犬は、うす桜色の花見の場所では目立つのだろうか。

様々な人とのぶんたをめぐる会話を楽しんだ中、
イチバン心に残ったのは
「チャーリーくん」と言うポインターを飼っていた
ご夫人が「なでても良いかしら」とやってきて
しばし、ぶんたを愛でてくれた時のこと。
話しをしてたら、自転車でいつも黒い猟犬らしい犬を
お散歩してたご夫人だと気がついて、そこから
今は亡きチャーリーくんの話しにもなった。

確かにチャーリーくん、ぶんたに似てたな……
「ありがとうね。チャーリーに会えた気分♪」
ご夫人は最後にそう言って満足げに
一人で桜と人ごみの中にまぎれて行った。
桜の花びらが少しだけそうそうと散っていた。
そのご夫人のチャーリーくんを思う桜なみだ…だろうか……

ほろっ……
気を取り直してせっかくだから屋台で…
20130323_160545_convert_20130326110034.jpg
焼きそばとたこ焼きを買う

ところが予想していたように
まだ肌寒く、結局家に帰って食べたわけで……
20130324_134253_convert_20130326105943.jpg
お家でたべるるんるんるん♪
やはりぶんたは花より団子だった

    ★バフッとひと押し?★
 想い出を、空に散らして桜そうそう
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 小上がりがお好きなようで… 

2013年になって73日がたった。
一年の丁度5分の1がたった。丁度割り切れてびっくり。
5分の1たったけれど、今のところ、日々の生活に
さして変化はない。

やせたいとか、もっと運動したいとか
これ書きたい、とか絵も描きたいとか
毎日の一日、一日をもっと充実させたいのに
寒いとか花粉とか仕事とかぶんたの世話とかを
理由にして、同じ日を過ごしてしまっているような……

昨年は、そうだ、お山の家を改装した。
義父の入院などもあって、そちらの事で頭がいっぱい
だったので、日記に書かなかったけれど
そんな中一年以上前から描いていた事が実現できた。

ポイントは、
※こたつのスペースを小上がりにする。
※古いキッチンを移動して新しくする。
※一昨年前に購入した水屋箪笥の似合う雰囲気にする。
※キッチンのあった場所にも小上がりの小部屋を作る。
などなど……で。

お山で知り合ったリンケンさん(グエルの家)に
お願いしたらば、あっと言う間に実現してもらえた。
リンケンさんは私の二次元のイメージ絵をもとに
意向をぱぱぱっとくみとって、
さささっと三次元にしてしまう。
三次元の魔術師と密かに思ってる。
20130309_140059_convert_20130311123019.jpg
押し入れの場所にキッチン
コンパクトでそして
押し入れの名残が残っているのも気に入っている。
上方の白い壁が残っていて
以前はそこにふすまがあって……

それから、洗面所も綺麗になった。
20130309_140120_convert_20130311123145.jpg
壁で囲って……
以前は玄関から入ると、
洗面所がまる見えだったのでいかがなものかと
思ってたけど、それも解消。

20130309_140111_convert_20130311123042.jpg
壁に枯れ草飾ったり……
壁を「作る」のではなく
「仕切る」ことは、狭い空間を上手い具合に
使えてる様な気がした。

仕切る、と言えば
昔の日本の家屋は、大きな柱と梁を中心に
壁が少ないけれど、ふすまや格子戸や簾やさらに
屏風などで新しい空間を作る事ができた。
それも凄いのは収納可能なものばかりだから
収納すれば、それで広いスペースも作れたり……

そんなわけで、すっかりそれに魅せられて
格子戸をネットで購入して
小上がりに設置してもらった。
20130309_140025_convert_20130311122924.jpg
一畳程の小上がり
布団一枚しか敷けないけれど、
寝るときなどは、格子戸を閉めて一つの
寝床が確保できる。

こう言う小さな小上がりが好きなのは
昔、バリに行った時に、窓に向かう場所に
少し小さな小上がりがあって、そこにクッションなどが
敷いてあってとっても心地が良くて……

これが広いと良くない。
小さく狭く、天井なんかも少し低かったりすると
何故か落ち着くって事を実感した。
格子戸と水屋箪笥のあるこの風景は
お山に行くたび、まるで大好きな車を前にして
鯛超がにやにやしてるかのような顔に、私もなるのだ。
20130309_140035_convert_20130311122943.jpg
なんか、用?
……そして、ぶんたもこの小上がりが大好きで。
腰にも悪いし、あがるな、と言っても聞かず、
結局こっちがおれてしまった……
あがれない様に格子戸を閉めるのだけれど
鼻先で開けて中にいたりする。
「ぶんたがいない!」と思って脱走したのかと慌てたけど
格子戸を閉め切った小上がり部屋で寝てた……

20130309_140044_convert_20130311123000.jpg
悪いですか〜〜
悪くはないけど、
ぶんたにとられちゃいそうで……
ここで本を読んだり、お昼ねしたりしようと
思い描いていたのに、
結局、ここにいる時間が一番長いのはぶんたなのかもしれない…
20130309_140141_convert_20130311123210.jpg
おいらの部屋なんだろ?
じゃないのにぃ〜〜!!

    ★バフッとひと押し?★
5分の1、変化求め、今日からスタート……
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 小鳥たち 

お山に来る楽しみが一つ増えた。
確か二月の初めくらいに来た時に、Jマートで青く四角い
鉢を買って
それを、薪小屋の屋根に設置した。
その場所は、家の裏手の小窓からよく見える場所で。
もちろん、その鉢には鳥のえさをたんまり置いた。
ついでにリスの好物のアカエゾマツの松ぼっくりも……

小窓は、母がこの家を建ててしばらくして
何を思いついたのか、いきなり壁を窓にして、と
工務店のおじさんにお願いして後からつけたものだった。
ない時は気にならなかったけど、あってみると
その小窓から見える山の小さな風景も、変わりゆく
一枚の絵の様でなかなかのものだ。
そう言うわけで……
20130309_075933_convert_20130309093528.jpg
水族館ならぬ、鳥族館を期待して

もともとデッキから見える庭の隅に小鳥の餌場が
あって、毎日朝と昼頃、入れ替わり立ち代わり
「なんか、食べ過ぎなんじゃないの?」と思われる
小鳥達がやって来てるのだけれど…
是非とも、もっと近くで見たい物だ、と言う
わけで、置いてみたのだ。
そうしたら、来る、来る。

もともとシジュウカラやヤマガラは人間に対して
警戒心がないらしく
どちらかと言うと、人間と共存して生きてこうと
思ってるくらいの鳥に感じる。
20130309_080322_convert_20130309093553.jpg
ふう〜〜ん……
最初は、やってくる窓の向こうの小鳥に反応して
いちいち窓に鼻をくっつけて見る……と言う
小鳥達にとってはとても恐怖な行動をしてたぶんただったけれど
めんどくさくなったのか、慣れてきたのか
すっかり関心を示さなくなった。

と言うわけで、携帯カメラを最大の拡大モードにして
壁に隠れてぶれないように両手で構え、
待つ事数分……
20130309_081420_convert_20130309093636.jpg
まだ来ない……

20130309_081455_convert_20130309093708.jpg
来た、来た、シジュウカラ
ネクタイ締めてさながら披露宴の食事中?

20130309_081743_convert_20130309093741.jpg
おっ!ヤマガラ
ヤマガラのオレンジ色が好きだけど
ちょっとシジュウカラより欲張りな鳥の様に感じる…

20130309_081818_convert_20130309093810.jpg
これは……だれ?
シジュウカラに似てるけどちょっと違うような……

20130309_081843_convert_20130309093837.jpg
また、ヤマガラ。

カメラ撮ってるのが見つかった瞬間
あわててUターンする小鳥もいたけど、
なんともけなげな、可愛いね、ぶんた。
まったりしてたぶんたに、そう話しかけたら
むくっと起き上がって……
20130309_080344_convert_20130309093615.jpg
おいらとどっちが可愛いぃぃぃ〜?
顔、でかっ!!

    ★バフッとひと押し?★
 こりゃ仰天!小鳥目線のぶんたの顔
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 啓蟄後のお山へ 

3月5日は「啓蟄」。
虫たちが土の中からもぞもぞと外に出て来る頃の事を
言うらしい。

どうやら暦ではそれが起こる日だけど、天文学ではその瞬間なのらしい。
今年の啓蟄は3月5日の10時14分だったそうだ。
「それが起こる」と言うのは単に
虫がはい出す事、だけじゃないのだろうけれど
簡単におおまかに物事を把握してしまうたちなので
きっと3月5日の10時14分のは
我が家の近所、土の中で寝てた虫達も起き出したのだろうと
思ったりして……

でも、待てよ、お山はどうなのだろう。
標高1200Mくらいのその場所の啓蟄は
もっと遅いのだろうか?
それとも、啓蟄に合わせて、全国的に土の中の
虫や小さな生き物達がはいだすのだろうか?
池上さん、教えて……

などと思いながら久しぶりにお山へ向かう車中。
既に、甲斐駒ケ岳が見えて来た。
中央道、左手に甲斐駒ケ岳が見えれば
お山の家まであともう少し。

甲斐駒ケ岳は森林限界から頂上までがすっぽり真っ白の
帽子をかぶっていた。
森林帯は枯れ木の隙間から積もる雪の稜線が見え
全体的には毛皮のコートを着ている様だった。
白い帽子をかぶったマタギのおじさんがいそうだ。
20130308_155605_convert_20130309092914.jpg
雪はすっかり解けていた
3週間前は膝よりも深い雪だったのに
このところの暖かさも、お山も同じくか、
冬山への思いとすっかりおさらばしなければならなかった。
20130308_155556_convert_20130309092845.jpg
もうすぐ…解けます。春ですから…
地面に、名残惜しそうにへばりついてる残雪。
さよならをしながら、ぶんたとお散歩を楽しんだ。

20130308_155617_convert_20130309092945.jpg
何か、気配を感じるじょっ!
啓蟄イベントから少し遅れて
はい出して来た虫達の声がぶんたには聞こえるのだろうか?
いつも以上に、胸がざわめくような表情をしている。

ねえ、ぶんた、何が地面から出て来たの?
虫って言うけど何の虫?
かめむし?かまどうま?それは勘弁。
冬眠してたねずみやもぐら?
20130308_155742_convert_20130309093010.jpg
話しかけるな取り込み中だじょ

残雪の下の地面に鼻をつっこみ
虫達がちゃんと啓蟄してるのかを確認しているぶんただった……
20130308_161720_convert_20130309093033.jpg
パトロールも楽じゃない……
ほんとかしら……


    ★バフッとひと押し?★
 まだ寝たい、もう少しだけ、山の啓蟄
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 よーい、ドン! 

お休みの日以外のほとんど、といって良い毎朝。
せわしない朝の数時間、分刻みでやる事が決まっていて
ふと、俯瞰で見ると、
ベルトコンベアーの時間表の上でくるくる回っている様な気になる。

ぶんたはと言えば、冬の寒かった時なんかは
ほぼいやいや鯛超とお散歩に行き、
帰って来るとお風呂場のサッシの前で必ず吠える。
「うぉん、うぉんうおんおんおん!」と。
だいたい7時20分頃……n

それでもって、私がいつもの様に「朝からうるさい」と
言いながら、お風呂場で足をシャワーして
その間、きゅんきゅん、ひぃひぃ言いながら
ドタバタと、キッチンのある二階にあがて行く。

と……
20130228_072545_convert_20130307101435.jpg
んぐぐぐぐぐ……

20130228_072553_convert_20130307101452.jpg
ふぃぃぃん………

と、何かしゃべる。
翻訳すると………

20130228_072606_convert_20130307101508.jpg
早くしてくれっ!

そう、もう空腹状態がマックスなのだ。
鯛超との一時間に及ぶお散歩の前に
ちょこっとバナナのはしっことか、パンのおやつとか
あげるものの全て燃焼済み。
20130228_072614_convert_20130307101525.jpg
ごはん、ごはん
その三文字しかぶんたの頭にないのだ。

で、マテ!
20130228_072741_convert_20130307101542.jpg
よーい……

よく見るとわかると思いますが、
腰が半分浮いていて、お尻を床につけてない。
そう、ウサイン・ボルトじゃないけれど
レディゴー!のレディの状態で
まっすぐな目をして私を見つめるのだ。

よし、と言った瞬間
のっけから猛スピードでごはんを、吸いまくり
掃除機のごとく………
たぶん、一分もかからないかも……
ボルトの50メートル走とどっこいどっこいかもね。
20130224_085056_convert_20130307101417.jpg
とりあえず、満腹だじょ♪
とりあえずってなんだよ……

    ★バフッとひと押し?★
こけっこっこー とって代わったぶんたのおんおん!
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 春だなぁ 

ここ数日、めっきり暖かくなって来た。
暖かくなると同時に「花粉」の飛来も、ものすごく
2月下旬、早めにいつものクリニックで薬を処方
してもらったのだけれど、効かない時もあったりして……

暖かくなって初めて、
ああ今シーズンの冬は本当に寒かったんだなぁと思った。
今年の桜は早そうだし、
厳しかった冬とあっさりおさらばして、
いっきに暖かく、暑いくらいになって行くのだろうか?
数時間後でも、数日後でも、数週間後でも、
はっきりした事は、気象予報士、NHK夕方の平井さんでも
朝の弓木ちゃんでも、そしておてんとう様でもわからない。

と……
マスクをして帽子をかぶって、ぶんたと外に
半分いやいや出ると……
20130304_115136_convert_20130305101449.jpg
桃の花が咲き始めてた

まったく、花粉は憂鬱だけれど
こんな草花の芽吹きや開花を目にすると少しは
気分が晴れて来る。
20130304_115157_convert_20130305101422.jpg
春だなぁ〜

ぶんたが哲学的な顔をしてそうつぶやいたような……
そう、春だねぇ……

と……
早々と花粉の空気から退散して家に帰って……
20130304_113625_convert_20130305101515.jpg
里芋の芽ものびる、のびる
確か1月に買って、2月に調理した
里芋のほんのはしっこの部分。
気づくと、小さいながらも里芋の葉っぱがちょびちょび出て、
凄い生命力!

しかしながら、一体この先、この生命力の象徴を
どうしたらいいのだろう。
植えると大きくなるのかな、捨てるなんて可哀想な
どうしよう……

生命力といえば、昨夏にいただいた寄せ植えの……
20130304_113446_convert_20130305101555.jpg
クリスマスローズが咲いた…

20130304_113528_convert_20130305101536.jpg
クリスマスだなぁ……
季節はずれなの?それとも咲く時期あってるのかしら?


    ★バフッとひと押し?★
  咲く桃の 数をかぞえて 春の息吹
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。