calendar

          10« 2013/11 »12          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 かまきりの不思議 

ここのところ、お天気は安定してるものの
日によってはかなりな突風が吹き荒れる。
公園の木々の葉が色づくこの時期、強風の後は大変な騒ぎになっている。
我が家の前のシイノキのどんぐりが大量に落ち、
車のタイヤにつぶされてクラッシュされ、
大小の落ち葉で地下のドライエリアも、床面が見えない程になる。

そんな訳で、先日、外回りの掃除をせっせとしていた。
ふと見ると、茶色い落ち葉のなかに
鮮やかなグリーンの何かが……
「お!かまきり!」
多分、息が途絶えてさほどたってない
かまきりの死体だった。

「そう言えば……今年はかまきり、こないな…」
そのかまきりの死体をそっと公園の生け垣の下に
弔いながら、かまきりの事を思った。

何故か毎年、我が家にはかまきりが訪れる。去年の夏は、洗濯ものを干してた時に来訪。
ブログを調べてみたら2008年の10月
産卵を目撃して以来、毎年なのだ。
「かまきり」と言うカテゴリを作ろうかとも思ったほどで……

そんな事があった翌日……
洗濯物を取り込んでたたもうとしてた矢先……
20131126_194718_convert_20131127130137.jpg
なんかいるじょ!
ハエなどもさる事ながら
蚊にまで敏感に察知する虫探知機のぶんたが
洗濯物の山をじっと見つめてる。

おそるおそる調べたら、なんと!かまきりがくっついていたのだ。

ああ、よかった、一緒にたたまなくて……
ぶんたありがとう。
とお礼を言って、そっとかまきりを外の物干のあたりに
移した。
そこは、以前、かまきりが産んだ卵がくっついてる壁の
そばで、ここなら安心するかな……と(笑)
20131126_194659_convert_20131127130119.jpg
かえってきました…

それから、かまきり君はそこが気に入ったのか
一向にどいてくれない。
もし、洗濯物干に卵でも産まれたらどうしよう…と
夜中に思って、見てみたら、まだ寒空の中
くっついてるではないか……

結局、わりばしで、抵抗するかまきりをこわごわとつまんで
もっこうバラの鉢に移した。
夜中に…何やってるんだろう、わたし…。

しかしながら、何故、毎年、かまきりがやって来るのだろうか?
もしかしたら太古の昔、
我が家ができるずっと前、ここが草原だった頃から
このかまきりの子孫はずっどここに
産卵したりして生息してたのではないだろうか?

かまきり博士がいたら聞いてみたいものだ。
その夜、大きなかまきりが
後光をひっさげ、私に向かってにっこり微笑む
夢を見た。
かまきり大明神さまぁぁ〜〜
20131126_194815_convert_20131127130159.jpg
かまきりに夢中か?
とにもかくにも不思議なのだ。

    ★バフッとひと押し?★
 かまきりと目と目があって助け舟
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 まる6年のおつきあい 

11月22日は、ここ最近では「いいふーふの日」と言われて
どこかの結婚情報サービス会社では
結婚幸福度なるものをネットで出せるテストなどもあるそうな……

しかしながら、私たち夫婦にとって、それよりも
もっと重要な意味のある日なのだ。

「そうだ、そうだ、今日はぶんたと出会った日だ」
20131122_080409_convert_20131122101910.jpg
まる6年だじょ♥
なんと愛くるしい、愛おしい顔をして見上げるんだろう。
思えば運命の出会いをしてからまる6年、
お山から連れて来た当初は、いかつい表情をして
公園で会う犬にけんかを売り、
鳩やカラスを追いかけ……
この先、どうなるのやらと不安も感じたものの…

いつの間にかぶんたはすっかり我が家の一員になっている。
一員どころか、一番偉そうに、
私たちの生活の中心になっている。

毎日二回、ブリのアラとたっぷりの野菜くずと
おからと、ふりかけ程度のドッグフードをいただき、
毎朝一時間たっぷりお散歩に行き、
一人になっちゃう留守番だって長くて6時間、いつもは3、4時間。
それだってその間は日当りの良い、ソファでどっぷり昼寝。

汚れた足は綺麗にふいてもらい、
三週に一度はシャンプー。
寒がりだから、冷え込む夜は、鯛超のシャツより
高い、お洋服を着せてもらい……
20131115_160610_convert_20131122101957.jpg
箱入り息子なのだ♥

ってか、私、こんな甘やかしぃで良いのだろうか?
こんなべったりで良いのだろうか?
と、不安になる時もある。
20131115_160849_convert_20131122102018.jpg
もう野性にはもどれねぇ……
そう、ぶんただってわかっていて、
きっと一人ぼっちになったら生きていけないと思う。

大きくて黒くて、宅急便の人にはわんわん吠えるし、
鯛超にだって吠えるし、
お腹がすいてる朝は切ない鼻声を鳴らし、
近所の子供が外でかけっこしてると、存在をアピール。
どうみても、番犬の用しかなさないと他人は
その見てくれから思うだろうし、
どれだけ陰でバカ犬と言われよと……
本当にかわいくて仕方がないのだ。
ぶんた、これからも末永く仲良く暮らそうね!
20131122_080545_convert_20131122101930.jpg
だはっ!♥
犬ばかで…すいません。

    ★バフッとひと押し?★
 でき悪い、そんな子ほど可愛いと…
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 色づく山々 

11月最初の連休、鯛超とぶんたと山に行った。
前日金曜日の夜10時頃家を出て
真っ暗なお山に到着。

覚悟していたものの、さほど寒くはなかった。
暗闇で何も見えなかった山の景色。
翌日目覚めると、朝日が色づいた葉に降り注ぎ、
それはそれは綺麗だった。
20131102_084135_convert_20131114101854.jpg
快晴の空に向かうカラマツの木々
まだまだ落葉するには早い色だけれど
レモン色に輝いている。
太陽の日がよくあたる場所に陣取っている
どうだんの木は既に真っ赤になって存在を誇示してた。
20131102_074627_convert_20131114101811.jpg
早くお散歩に行こうぜい♪
ぶんたはお山に来るとサンポに行きたがる。
日頃はしぶしぶって感じなのに……

お山の空気や臭いは
耳や鼻や目や、動物の第六感が鋭いぶんたにとって
心躍る場所なのだろうな…
わくわく、うきうき、そんな感じなのかしら…

それにしても、
色づく山の中を歩いていると人間だってわくわくしてくる。
久しぶりに絵を描いてみたいと思うほど、
秋のお山は美しかった。
20131103_082950_convert_20131114101947.jpg
景色が奥深いのだろうか……

20131103_090118_convert_20131114101921.jpg
赤く色づくからだろうか…

うーん、やっぱりお山は秋が一番かしら?
紅葉をふと見上げるぶんたに声かけてみた。

20131102_084142_convert_20131114101832.jpg
オールシーズンだべさ
ぶんたがわかったような事を言った気がした。

    ★バフッとひと押し?★
 錦の山、こころ踊る、ぶんた散歩
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 DIY日和 

その昔、初めての海外、ヨーロッパ地方の旅行で
ベルギーの街を朝いちで訪れた際、
(しょんべん小僧を見るって言う行程が組み込まれてた)
まだ朝もや立ちのぼる市庁舎周辺の幅の広い道が
車が通るたびに、「ゴト、コト、ゴド、コド♪」と
まるで重低音のメロディーを奏でるかの様に
音をたてていた。

そこら辺の道はみんな、
キューブに切った頑丈な石を上手い具合に組み合わせて
作った道だった。
車の重さで石と石がぶつかりあって、音が出る。
都市の道と言えばアスファルト。
確かに快適かもしれないけれど
雨が降ったら、水をこばみ、
何の音も奏でない。
せいぜい、OLのヒールの音とか?

なんとも言えないその情緒ある音を奏でるあの
場所にできることならもう一度行ってみたいな♪

そんな前置きはさておき、
お天気もよかったし、もう、外には蚊も飛んでないし…
と言う事で、
先月くらいからぼちぼちやっていた、
駐車場スペースのレンガ敷きを完成させるべく頑張ってみた。
20131101_111606_convert_20131101172918.jpg
砂利かきだしてレンガはめる
時々行くホームセンターで丁度良いレンガが売っていて、
これなら、あの溝にばっちりはまるぞ!と確信した。

10個買って来てはめてみたらもくろみ通りだったのだ。
1列17個、12列ぶん必要だったけれど、そこまで細かく数えて
なかったので2列ぶん未完成。
1個50円だったので
50×17×10で8500円?

溝には砂利が入っていて、その細かい石の間には
カエデのちっちゃな種子とか、
ぶんたの毛がからまったのとか、
それを砂利と一緒に取るのが大変だった。

それでも、レンガが体よくはまると「よっしっ」
溝が歪んでいたりして
はまらないと「何だ、職人さん手抜き?」などと
ぶつぶつ言いながら細めのレンガを探してみたり。
別にコンクリで隙間を固めるでもなく、
かなり素人のアバウトな作業だったためか、
ただ砂利と土をかきだして、レンガを溝にはめて行くその
コツコツさにしばし夢中になった。

改めて、結構、わたし、こういうの好きかも…
ブリュッセルの石畳の道、作るのに参加したいかも…
などと思いながら黙々と作業したわけで……
20131101_111336_convert_20131101172856.jpg
ねむっ
……時々休憩しに家に入ると
ぶんたは秋の日だまりをあびながら悠長にお昼ねしてた。

20131101_115832_convert_20131101172943.jpg
一応終了!
ほうきで掃いたあと、水を流して……
あと二列ぶん残っているけど、まあ後々でいいか……

ただ……
排水溝のまわり。
作った職人さんが固めたセメントのこぶが邪魔して……
20131101_115846_convert_20131101173011.jpg
レンガが入らない

アバウトとは言え、結構気になってしまう。
どうしよ、ぶんた。
20131101_121001_convert_20131101173039.jpg
職人はまがった事が嫌いなのだ
でしょ?でしょ?
どうしたら良いのやら……

    ★バフッとひと押し?★
 こつこつと、レンガとたわむる、秋のこぶた
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。