calendar

          01« 2014/02 »03          
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

ぶんとも

Author:ぶんとも
長野と山梨のをつなぐ道で車を追いかけてる黒い犬が!思わずブレーキかけドアを開けたら乗って来た。アクセル踏んじゃったのはいいけど、人相悪そうだし大きいしこの先、どんな毎日が待っているやら…。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 春遠からじ 

ここのところ、暖かい日が続いている。
デッキ側の窓から注ぐ太陽の光も
春を思わせる様だった。
20140216_135451_convert_20140227095551.jpg
ぶんたも良く昼寝する、する

20140226_090216_convert_20140227095629.jpg
桃の花も咲いた

20140226_090847_convert_20140227095647.jpg
梅の花も咲いた

20140226_090901_convert_20140227095706.jpg
沈丁花のつぼみも膨らむ

春遠からじのある日、
友人三人と渋谷、NHKのスタジパークに行く約束をした。
テレビつけてる時は、殆どNHKで、
スタジオパークに行ったら、ごちそうさんの杏ちゃんとか
西門君(いや東出君だ)とかに会えるかなぁ…と密かな期待を胸に。
20140226_095226_convert_20140227095748.jpg
でも、やけに人がいない……
友人は、以前行った事のある娘さん情報で
10時からとのこと。
もうすぐ10時、その割には……と思ったら
休館日だった……

生まれも育ちも東京のもう一人の友人Mちゃんは
原宿から迷ってしまい、スタジオパークにたどりつけず(笑)
結局、原宿駅で待ち合わせた。

スタジオパーク、
楽しみにしてただけにショック……
心はまさに、吹雪く冬……
だったけれど、
その日、毎朝のニュースでも見た
鈴木なおこアナと、町かど情報室担当の小山アナと
6時50分からの気象情報担当の檜山予報士の
三人組と入り口ですれ違った。

すっかりテンションがあがって、休館日のショックも忘れ、
久しぶりに会った友人と三人でかしましく
おしゃべりし……
20140226_125153_convert_20140227095808.jpg
シンガポールチキンライスを食べ
すっかり、心に春が戻った。
そう、いつまでも冬が続くわけじゃない。
じっとしてないで、何か動けば
必ず春はやって来るのだ。

20140226_095157_convert_20140227095728.jpg
どーもくんがそう言ってた

20140225_145014_convert_20140227095611.jpg
でかぶんたはやせぶんたに……
どーもくんは溶けなくていいなぁ……

    ★バフッとひと押し?★
 沈丁花ほころぶつぼみに春遠からじ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
スポンサーサイト

 いざ中野 

中野……江戸時代、かつてそこには
犬の犬舍があったと聞いた。
あの「生類憐れみの令」の五代将軍徳川綱吉が
今の中野駅をはさむような敷地、16万坪に
日よけもあるお犬小屋290棟、多い時で10万匹
ほどの犬が収容され、餌代は当時で年間100億近くかかった
そうな……

今や中野駅北口は複数の横町、商店街からなる
飲食店の激戦地域と化した。
数年前に、中野サンプラザの近くに
大学が二校、大手ビール会社の支社が建ち、
ランチ難民が続出するのでは?とも言われたそうな。
そんな食いしん坊にとってはたまらない街、中野。
先日、いとこのMちゃんと中野で待ち合わせをした。

どこでランチをするか?北口に数件候補があったものの
あまのじゃくだかなんだか、ひっそりしてる方の
南口にある「MIYOSHIYA」と言う
昔懐かしい定食屋さんに行く事にした。
20140214_133629_convert_20140217113520.jpg
からあげ定食850円也
このビジュアル、鯛超がよだれをたらしそうだ。
赤いスパゲティに赤いケチャップのオムレツ。
大根といかの煮付けもおいしくお味噌汁も出しが効いてた。
ちなみに、焼き肉定食とか、トンカツ定食とか
Mちゃんはカニクリームコロッケやエビフライなどの
ミックスフライ盛り合わせ定食。

少し見える厨房の先には、年輪を重ねた表情をする
ご主人がいて、もくもくと職人の様だった。

満腹になったので、北口の方へ言ってみる。
「中野ブロードウェイ」って聞いた事あるのだけれど
行った事がないので、Mちゃんに案内され、
殆ど観光気分で建物に入って行く。

中野ブロードウェイは商店街かと思ってたら
一つの大きな建物の中に複数のお店が混在する
複合商店モール?と言えば良いのだろうか?
20140214_150350_convert_20140217113626.jpg
案内版がレトロ……
二階建ての建物にたくさんお店が並んでいる。

20140214_150436_convert_20140217142804.jpg
こんな感じで……
昭和の香り漂う小物などがたくさん売ってる店が
複数件あった。
例えば、フランス人形とか、木の実などくっつけて作った
弥次喜多道中の飾りものだとか、
トリスコンクってジュースのコップとか
子供の頃、いつも目にしてた様な昭和のグッズが
所狭しと並んでいた。

20140214_150251_convert_20140217113541.jpg
昭和な喫茶店も…
「このお店、Mって言うんだね」と、Mちゃんが言うので
「ああ、あのプリプリの名曲〈M(エム)〉からとったのね!
なんかいーなー」って言って看板を見たら

20140214_150322_convert_20140217113604.jpg
絵夢(エム)だった……
さらに萌えた。

20140214_153248_convert_20140217113651.jpg
地下には立ち食いうどんとか
ソフトクリームのお店とか。
とにかく、その昔から変わらず営業している
お店がたくさんあった。
見慣れたチェーン店ではなく、個性あふれるお店の
数々は、何か買うのでもなく、何か食べるのでもなくても
見てるだけで、楽しかった。
観光、だね……

そして小腹もすいたしのども乾いたので、
中野から阿佐ヶ谷に移動して「星乃珈琲店」へ。
昨年末できて、「?」と思って数度寄ったのだけれど
20140214_164918_convert_20140217113711.jpg
ホットケーキが美味しい!
注文すると20分くらいかかって出て来る。
蜜は、はち密と黒蜜が選べるのではち密に。
外はややかりかり、中がしっとり、バターとはち密の
コラボレーションがパンケーキの生地にしみ渡り、
より高いステージに持ち上げる……なんて感じだ。

20140216_094829_convert_20140217113732.jpg
タイルとびんとティッシュケース
中野ブロードウェイで、見つけた品々……
どれも以前から、
「これがあったら良いな…」と思ってた物と出会う事ができた。

中野ブロードウェイ……
そこは、あの、ラジオ体操に皆で行き、スーパーを
ショッピングセンターと呼び、台所洗剤をライポンと言ってた
昭和に育った人間の聖地の様な場所だったのだ。
20140215_184338_convert_20140217113459.jpg
お犬の聖地でもあるのだ
ははぁぁぁ〜〜

    ★バフッとひと押し?★
 幼少を懐かしみ歩くブロードウェイ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ソチ日本女子初メダル 

2月19日父の誕生日。
もしいたら80歳になっていたのだなぁ……
父は冬のオリンピックが好きだった。
特に「大回転」と「ホッケー」
腕を組んで口を結んで熱中して見ていた。
そんな仕草を、おもろっと思う様になった私は
テレビの前をいたずら心でわざと横切って……
でも気づかない父。
それでも4回め、「おいっ!」ってさすがに言ったけ。

そう言えば今回の東京の大雪。
ところどころで、公園でスノボしてる人とかが
ツイッターでものったらしいけれど……
かれこれ何十年まえだか丁度、私がスキーに夢中になっていた頃、
やはり大雪が降って……
既にスキーが大好きだった父と、
高台だった当時の家から、二人でスキー板をはいて
立ち並ぶ家々をくぐりぬけ、
下の用水路まで滑る…なんてスキーを楽しんだ事もあった。

かっけこもビリ、跳び箱は落第生、
鉄棒の逆上がりだって容易にできなかった。
運動に対してコンプレックスが芽生え始めた頃、
家族で初めてスキーをした時
「え?こんなに速く走れるのぉ〜!!」って思って
ちょっと自信がついたような。
その頃は、自分の力じゃなくて雪の力を借りて
そうできた事までなんて思わなかったけど。
雪のこぶをかわして雪面を滑り降りる時の
爽快感と緊張感は今でも蘇ってくるわけで……

そして、そんな事も今じゃ無理だろうなぁと
思い出した私はいつしか
冬のオリンピックに夢中になっていた。
単純に言えばあの、0.0何秒を争うスピード感?

理屈で言うと、リンクの温度や雪の状態、風向き、
天候など自然が競技に影響するところかもしれない。
そして自然の力を借りて、超人になるような?
つるつるの氷の上で四回転、湾曲した氷の壁を使って
ビルの三階くらいまでスノボで飛び上がり、
大回転では時速100キロ近くで滑り降り、
ジャンプでは130Mくらい鳥になって羽ばたき……
20140219_195806_convert_20140219201822.jpg
評論家か?
とにかく、総合して、
そんな「今」を感じられる醍醐味が好きなのかもしれない…

そんな冬の競技、日本の女子が冬のオリンピックで
「金メダル」をとったのは
モーグルの里谷選手とフィギアスケートの荒川選手だけ
なのだと…
そんな中、本日行われた「スノーボード女子パラレル大回転」
なんと、竹内智香選手が銀メダルとった!
20140219_195834_convert_20140219202026.jpg
パチパチ!
スノーボードって私たち世代からすると
若者の遊び、みたいな感じがあるのだけれど、
男子ハーフパイプでも十代の少年二人が銀と銅。
リアルタイムで見ていたけれど面白かった。
さらに、前回のバンクーバーの時から、スノーボードクロスの
競技を見たのだけれど、これがまた面白くて。
蛇行や上下のあるコースを6人でゴール目指すそんな競技。

数年前からいろいろ観戦しながら……
女子の場合、よっぽど負けず嫌いだったり、
自己中じゃないと勝てないんじゃないか?と思い始めたわけで…

一瞬の時間を争う冬の競技。
メダルとった諸外国の女子選手って、競技が始まる前も
終わった後も、自己主張が激しいし、
もはや日本女性の「おくゆかしさ」とか
「ひかえめ」をそぎ落として行かないと勝てないのじゃ
ないかな?と思った矢先の銀メダル。
おしかったし、ご本人は悔しかっただろうなぁ。

でも日本の女子ソチ初めてのメダル。
30歳?と聞いたけれど、どうかこれからも
頑張って欲しいわけで。
感動しました、竹内選手。
20140219_195749_convert_20140219201754.jpg
デカぶんたはヤセぶんたに……

20140219_200421_convert_20140219202047.jpg
ウーマンパワーか……
ぶんたもがんばれ!


   ★バフッとひと押し?★
 白銀を滑り降りゆく女子ごころ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 東京記録的大雪 

6日前の土曜日大雪が降って大騒ぎだった。
20140213_164445_convert_20140216141357.jpg
6日経った、でかぶんた。

金曜日朝から既に降り出した雪は
再び大雪で、しかも「記録的」と
言う言葉もついた程の降り方。

20140214_070446_convert_20140216141415.jpg
金曜の朝の、でかぶんた。

記録的、と言えば、ソチで羽生くんが
フィギアスケートのショートプログラムで
最高得点をたたきだし、フリーにのぞんだその晩。
雪と一緒に、日本に金メダルもプレゼントされた
そんな日だった。

金曜日の夕方、家に帰る途中。
20140214_183000_convert_20140216141456.jpg
阿佐ヶ谷のすずらん商店街

いつもは「味」のある商店街が
「幻想的」な商店街になっていた。

20140214_183848_convert_20140216141519.jpg
交差点の赤い警告灯が目立つ
道路に埋め込まれた赤い警告灯。
気がつかなかったけど、
雪の白さで際立って、
「俺の出番だ」とばかり、光っていた。

20140214_184407_convert_20140216141544.jpg
木々の枝も雪に覆われ…
耐えかねて折れてしまう木も続出だろうか?

20140214_191049_convert_20140216141606.jpg
金曜夜の、でかぶんた。

すっかり雪をかぶっていた。
「先にねるじょ〜」と言って寝てしまった鯛超と
ぶんたに「どうぞ〜」と言って
フィギアのフリーを見ていた。
ふと、家の前の行き止まりの道から
車がスタックしている音が聞こえてくる。
ちょっと窓を開けて見たら、タクシーだった。
誰かを送って来て、出れなくなっちゃったのかな?
でも、まあ、大丈夫でしょ……
20140215_020605_convert_20140216141641.jpg
ベランダも雪まみれ
明日は雪かきだな……

さ、スケート、スケート……と、見始めたものの
やがて自然と深い眠りに陥り、
歓声が聞こえて来たので目が覚めたら、
羽生君が金メダルをとってフラワーセレモニーで
手をふっているシーンだった。
まったくもって、肝心の演技は残り11人から先、
寝てて見れなかったわけで……

翌朝、タクシーがまだ停まっていた。
我が家の先の、結構急な坂でご近所さんが雪かきをはじめていた。
私も雪かきスコップを持って参戦。
どうやら、タクシーの運転手さんは、ひと晩車にいたらしい。

やがて、散歩から帰った鯛超も参戦して
皆で雪かき。
皆でやると早くて、みるみる家の前の道も、
その奥まで、雪が綺麗にかかれていった。
タクシーも出発できた。
しかしながら、水分含んで重くて重くて。
鯛超に任せて退散したけれど、皆さん、腰、大丈夫だろうか?

そんなこんなで、日曜日、
ひと段落した、雪景色の中、子供達の
歓声があちこちであがっていた。
さすがに、降ったばかりは雪が深くて
遊ぶどころじゃなかったのかな?

私も後回しにしたベランダの雪かきをした。
そしたら
20140216_135529_convert_20140216141704.jpg
でかぶんたが、さらに大きくなった
今晩は残った雪でキャンドルランプを作ろう

    ★バフッとひと押し?★
   残り雪土にとけゆき芽吹きだす
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 雪だるま2014冬 

中央道は、10日(月)夜は
諏訪ー須玉間がまだ不通だったけれど、翌日、11日の朝6時、
確認したところ全て開通となっていた。
しかしながら外気温、マイナス10度。
道もきっと凍っているだろう。
帰り支度は昨晩すませたので、掃除や荷物運び、水道管の水抜き作業
などを慎重にして早々にぶんたとお山を後にした。

小淵沢インターから入ると、中央道は両脇に1メートル程の
雪の壁ができていたけれど、路面はすっかり乾いて
いつもと変わらぬ道路になっていた。
さぞかし、雪かき整備、大変だったろうなぁと思いながら
ガラガラの道を、いつもより気をつけて走った。

家に帰って来て、片付けなどして、
鯛超とぶんたと武蔵野園に行く。
東京の雪はほとんど溶けかかっていて、お山の雪より
往生際が良いんだなぁ、と思った。
20140211_110708_convert_20140212094234.jpg
雪だるま…もうすぐ溶けるのか?

雪だるま、と言えば、先日ネットで知ったすごい雪だるまの数々。
芸術的なもの、意味不明なもの、メルヘンなもの
ただ単に雪だるまと言ってはいけないような気がして来た。
札幌雪まつりも凄いけど、ある意味市民レベルの底力?

そう言えば五年前の冬、一人で温泉に行った時、
露天風呂でお友達雪だるまを作った。
私の作ったのなんて、まだまだだったのだ。
敬服。

20140211_140427_convert_20140212094155.jpg
ZZZZZ…山疲れだじょ。GoooGooo

20140211_143109_convert_20140212094138.jpg
何、やってんの?

ははは、ぶんたが寝てるあいだにね……
ベランダに積もってた雪をかいてたらね……
なんとなく、作りたくなってね……
20140212_075425_convert_20140212094046.jpg
ぶんた雪だるま、作ったのだ

20140211_160809_convert_20140212094120.jpg
おいら?

……ぶんたとお散歩してる時、
寝てた鯛超も一人で起きて、窓の外見たら「びっくりした」と。
でも「髭だんしゃくの相方のやつかと思った」と。
髭だんしゃく…古い、もう殆どテレビでみかけないのに…
しかも何故、その相方を私が雪だるまにせにゃいけないのか…
ぶんたの耳が、髪の毛に見えたんだって。
20140212_075400_convert_20140212094103.jpg
もうちょっと修行が必要だな
雪だるまの世界は奥深い……

    ★バフッとひと押し?★
   雪だるまはかなき冬の風物詩
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 そして帰れなくなったわけで… 

前回お山に来た時、薪ストーブのダンパーがこわれて、
ストーブ屋さんに連絡して、見てもらうために
お山にのこのこ、雪も降るし…的な気分でやって来た。

しかし、先日、一日中降り続いていた雪は
電車を止めたり、そして
高速道路を通行止めにした。

先日から、何回雪かき、雪はき(ほうきではけた)をしただろう。
腰を使うと危ないと思って、
スクワットみたいにしゃがんで雪をスコップにのせ、
二の腕を使って放り投げる動作を繰り返した結果、
肩から首にかけてがなんとなく筋肉痛状態…

いや、そんな事はどうでも良いのだ。
高速が不通=帰れない……
20140209_144019_convert_20140209215621.jpg
一変して快晴だったけれど……

20140209_144139_convert_20140209215511.jpg
お隣さんの屋根の雪
かれこれ60センチは積もったのかな……

結局、先日電車で来た鯛超は
一緒に駐車場の雪かきをして、
そして私が車で駅まで送って先に帰った。
「雪かきに来たようなもんだ」と鯛超はぼやいてた。

私も翌日の予定はあきらめなければいけないだろう。
中央道は全く「不通」だった。
鯛超を送った帰り、インターの入り口にいた
交通整理のおじさんに聞いたら
「諏訪までは開通したけど、山梨の方はね…」
と言っていた。
たぶん、小淵沢から東京方面は山梨の管轄で
遅れているのか、慎重なのか…

確かにアップダウン、曲がり道、
道路が凍っていたり雪があったら、危険なのだ。
今日帰るのは、あきらめる事にした。
それで、ぶんたとお散歩に行った。
20140209_144038_convert_20140209215542.jpg
先に行けない…
どうにもこうにも、ぶんたの行動範囲は
除雪した道に限られた。
一度何の気なしに、先に進もうとしたぶんた。
雪にずぼずぼ埋もれて、
あわててUターンした。

雪国の人はお散歩どうしているのだろう…
そんな事より、
何度も雪かきした今日一日、雪国の人は
一日だけじゃないんだ。
車の行き交いだって大変だし、景色も嫌な意味で
変わるだろうし…
なんとなく、雪に浮かれる関東気質の自分を
情けなく思ったりもしたわけで。
20140209_145533_convert_20140209215444.jpg
それにしても、すっぽりの雪
そして…

20140209_090824_convert_20140209215655.jpg
車も凍りそうな寒さ
………
帰れないとか寒いとか、雪だとか
めげんでても仕方ない……
北欧の人の雪の日の楽しみ方を
前に聞いたような。
20140209_171837_convert_20140209215410.jpg
ボールにはった水が凍った
全部凍る前に取り出すと、中がお水になってるから
それを捨てると空洞ができる。
そこに蝋燭を入れる。

20140209_172241_convert_20140209215333.jpg
キャンドルを灯した

20140208_071614_convert_20140209214623.jpg
なんだかんだと楽しんでる
雪祭りとかって大切だと思った


    ★バフッとひと押し?★
 雪景色に氷越しのキャンドルの灯火
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 お山の雪 

お山に雪が降った。
と言うか、降り続けた。
細かな、喫茶店のお砂糖みたいな雪が
曇った空から、ひっきりなしに降りて来る。
「舞い降りる」と言うよりも
ただただ、「降りてくる」みたいな降り方だ。

風も結構強いのか、その細かなお砂糖雪が
舞い散って、あらゆる所にまとわりついたり、入って来る。
20140208_141243_convert_20140209214728.jpg
ベランダも雪だらけ……

先日までは赤茶色の松葉の地面もすっぽり隠れて
景色が全く違ってみえた。
細かな雪で空気も曇り、幻想的な世界。
後から来る鯛超を、駅まで迎えに行ったけれど
帰り道、通り慣れたその道も、景色が一変してたので
違う道に入りかけたりと、
きつねにつままれた様な、山の精にいたずらされた
感じがした。

このまま降り続いて、
関東甲信越、東京も記録的な大雪だとニュースで言っている。
ほんとに、あとからあとから舞い降り立つ雪、雪、雪。
ぶんたはすっかり、雪に魅せられ、
お散歩に行きたいとねだるわけで……
20140208_071600_convert_20140209214550.jpg
真っ白けのけ……
の、中に真っ黒の犬。
結構目立つ。
20140208_071710_convert_20140209214653.jpg
真っ白の帽子かぶる丸太
並んでいたから、これも結構目立つ…

ところがどっこい。
ぶんたと二回目のお散歩、日が落ちる時間の前に
外に出てみたところ、さらに景色が変わっていた。
20140208_164710_convert_20140209214810.jpg
先に進めないよ、ぶんた
雪が降り続いているせいか、除雪もされず。
もう、そこは、違う世界。
別の場所。
自然の魔法が世を変えた?
大げさかもしれないけれど、
ちょっとおそろしさを感じ、小鳥も鹿もみかけない
もののけの気配もなくなるその風景は
「ここにいちゃ、いけないな…」と感じたわけで。
20140208_164727_convert_20140209214839.jpg
早く帰るべ
ぶんた、真っ白…

    ★バフッとひと押し?★
 雪まみれ白いぶんたにもののけを感じ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 東京の雪 

20140204_160802_convert_20140205092507.jpg
東京に雪が降った。
忘れもしない、昨年は成人式の日にどか雪が降って
電車も道路も道行く人も右往左往だった。
そんな状態になるのだろうか?
と思いながら。冷たい空気を部屋に流し
濁った空から落ちて来る真っ白な雪を目で追った。

東京の雪は、最初、テンションがあがるものの
その後、ほっこり…みたいな感覚がない様な気がする。
決して悪い意味ではなくて、
身が引き締まる様なそんな感覚が湧いて来る。

お山の雪は、テンションあがる→雪景色ほっこり
→何故か静寂がはびこる雪景色見ながらの雪見酒……
みたいな感じなのだけれど、
次の日の通勤の事とか、アスファルトをがりがり音たててする
雪かきの事とか考えると、
雪見酒どころじゃなくなって来るんだな…

20140204_154908_convert_20140205092407.jpg
う〜さぶっ!!
ぶんたがベランダに出てしまう。
窓は閉めておかないと……

20140204_154829_convert_20140205092348.jpg
スノードロップを植えた
雪の日にわざわざ植えなくてもいいのに、
何故だか、花の名前にとりつかれたからか、
ホームセンターでひと鉢298円(高いと思ったけど)を
三つ購入。
一つだけ、花のついているのを手にとって
まさに、スノードロップ。
誰が命名したのだろう、ステキな名前だな、と思った。

20140204_155024_convert_20140205092425.jpg
早く、入れてくれ…
雪だ!と思ってぶんたもテンションあがったものの、
積もっていないし、
ただただ、肉球が冷たすぎるだけだし、
早く部屋に入りたい……風な顔をした。

では、ぶんた。お留守番よろしくお願いします。

夕方、絵画教室の先生主催の会に参加する予定。
でも、雪が降ってるし、気がのらない。
いや、中華だし、コース飲み放題、美味しいぞ!
そのために朝からじゃがりこしか食べてないぞ。
でも、結構なお値段だし、何年かものの貴重な紹興酒も
飲み放題だけれど、紹興酒苦手だし……
ああ、やっぱり行くって言わなきゃよかった…
などとぐちぐち、悩んでしまうそんな東京の雪の日。

結局、意を決して、集合場所の駅に向かった。
その頃には、もう雪は殆どちらほら…にかわっていた。
20140204_190157_convert_20140205092529.jpg
フカヒレが出た!
人生で初めてかもしれない。
ちゃんとしたフカヒレスープ食べたのって…
ぷりぷりしてて美味しくて
雪が降った時と同じ位、テンションがあがって
ビールも進んだ。
20140204_160652_convert_20140205092446.jpg
結局、雪見酒じゃん
否定できません……

    ★バフッとひと押し?★
なんだかんだと言いながら雪見酒する東京の雪
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…

 ど根性雪塊 

今年のお山は雪が少ないな……
そんな事を思ってぶんたとお山でお散歩をした。
去年はもっと積もった気がする。
真っ白な森に埋まる様に、足を踏み出していた気がする。

ただ……お散歩は雪がない方が楽かも…
よくいく山の上の方の防火帯も
雪が多いと行かないけれど、ちょっと行ってみようか。

残雪もほぼなく、道にへばりついている
溶けては凍ってを繰り返す、タイヤでぺちゃんこになった
雪たちを気の毒にながめながら
むき出しのアスファルトを歩く。
20140201_080058_convert_20140203093642.jpg
ここはまだ雪が残っている

20140201_080102_convert_20140203093544.jpg
足跡もいっぱいあるじょ

雪道を、ざくざく音をたてて歩いた。
そんな道を歩いたあと、ただの道路を歩くのは
味気なくなって来る。
ただ……
道の脇には除雪機でかきわけられた雪のかたまりが
たくさんあった。
20140201_075831_convert_20140203093709.jpg
雪のかたまり、たくさん

と……よく見ると
その雪のかたまりたち、雪塊、せっかい?

20140201_075821_convert_20140203093821.jpg
わずか数センチで立つ

20140201_081246_convert_20140203093500.jpg
中がすかすかでも立つ

20140201_081708_convert_20140203093354.jpg
枯れ松葉と一緒に立つ

20140201_081316_convert_20140203093434.jpg
そりながら立つ

根性あるなぁ。ど根性雪塊。

20140201_081536_convert_20140203093414.jpg
マーキングマーキングっと。
ぶんたは、そんな雪塊をたやすく溶かしてしまう……


    ★バフッとひと押し?★
 アスファルトにへばりつく氷雪の悲しさよ
        ↓↓↓
     今日も笑顔なら…
                                
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。